ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アニメとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2017.02.08[水] OVA「クビキリサイクル」3巻の感想

OVA「クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い」

 OVA「クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い」公式サイト

 物語シリーズでお馴染みの西尾維新先生のデビュー作。
 それをOVAにして毎月発売!
 …のハズが、一ヶ月遅れてようやく3巻の発売となりました。

密室殺人

 陸の孤島。
 二階の外から開けられない窓。
 
 そんな部屋で、

首切り死体

 首なし死体が発見されたのが2巻までのあらすじ。
 
登場人物

 この事件に巻き込まれた、天才と凡人。

魔女裁判

 犯人探しという不毛な魔女裁判の始まり始まり、と。

 このノリがほんとダンガンロンパっぽい。
 けど、違うのは「主人公は別に犯人を特定する必要がない」ところと、この作品は「会話」を楽しむところ。
 いや、会話というより戯言か。
 戯言遣いの凡人が語る、首切り物語。

ゆうきあおい

 それをサポート(?)する、青色のサヴァン。
 フランス語で“賢人”
 悠木碧さんの飄々とした演技も相成って、殺人事件が「誰が冷蔵庫のプリンを食べたか」レベルの雰囲気にしか感じられないのも面白味。
 
 なんだけど、

 いかんせん30分しかないので、あっという間に終わるのがもどかしい。
 まったく事件も解決してないしね。
 そこはOVAの弱点なんだけど、だったらじっくり味わえばいいだけ。
 たまに発売するBDを買って、30分の戯言を聞いておしまい。
 今年の楽しみのひとつと思えば、悪くないです。

クビキリ

 そんなクビキリサイクル。
 OVAってテレビ放送版と比べてニーズってどうなのかなーと思ってたけど、1巻が2万本売れてるので重要はしっかりあるっぽい。
 それでも知らない人も多そうなので、オススメしておきます。
 第4巻は、22日発売。
 忘れないようにメモメモ。

 以上、クビキリサイクル3巻の感想でした。

    23:47  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-とミンゴスを応援しつつ、アイマスを本業してます。
格ゲー関係ねぇ…。

ツイッター
ミンゴス18thシングル
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop