ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アニメとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2016.12.21[水] 実写版「咲-Saki-」 第3局の感想

第3局

 一週間の中で一番の楽しみになりつつある、実写版「咲-Saki-」。
 
 今週は第3局。
 めちゃくちゃ眠くて、山頂じゃなくて頭に花が咲きそうなレベルだけど、がんばって感想を書くよ!


ジョージ

 このナレーション、毎週やるのかよ!
 ジョージは無駄遣いしちゃダメって、学校で習ったでしょ!

文堂

 深堀の存在感



背景

 この背景って、どこだろ?
 ちゃんと長野でロケしたのかな。
 と、人物よりも舞台に興味が向く、探訪脳。

メイド

「マリオのスマホ1,200円? 高けぇよ!」

「和と咲と麻雀がうてて1,600円? なんだ無料か」


おばちゃん

 原作→おっちゃん
 ドラマ→おばぁちゃん

 大正解!
 
 格好が格好だけに原作ではセクハラまがいなシーンもあったから、オスからメスに代えたのは良改変。
 まこのお手玉も、いいアクセント。

 ただ、BGMのニワトリだけは謎だった。

ドーン

 咲-Saki-の常識→強キャラは足から映す

 踏み込んだ時、煙があがれば完璧だった。

カツ丼

 カツ丼シーンも良かったが、

おばぁちゃん

 風格すら漂うおばぁちゃんの方が気になった。


咲より強い

 咲に勝ってるし。

 このおばぁちゃんは強い。 
 クリアー後に会いに行くと、イベントが発生してラスボスより手ごわいパターンや。

メイド

 タコスのメイドは無かったことに。
 
 タイトルの「惨敗」が違う意味になったな。

麻雀カード

 代わりに麻雀カードシーンが追加。
 これ、BDの特典でついてきて「あ、はい…」となるパターンや。

優しくまわす

 たくさんの方々に「回し方が優しい」と指摘された、ホワイトボード。
 いやいや、待ってくれ。
 アニメのインパクトが強すぎるだけで、漫画だとゆっくり回してるからね!
 原作通りだよ!

 そして、来週は合宿回!
 というところで終了。
 
 
 じっくりと作りこんでくれてて、嬉しい限り。
 いいデキですよ、ほんとに。

 だが!

 ひとつ気になるとすれば、

レズ感

 和のレズ感が足りない
 

 実写版だと、冷たい女の子の印象が強すぎる。
 デジタルうちだけど、性格もデジタルってわけじゃないからね。
 尺の関係で、咲にひかれるシーンはもっと後に描く流れなのかも。
 そう信じるとします。
 
 あと、

文堂

 深堀の存在感がやばい

 
 そんな第3局でした。
 で、次週が最終話。
 早いよ。
 最速にギアをいれすぎだから。
 なんだか原作とは違った演出もあるようなので期待しつつ、最終話も楽しみたいと思います。
 
 それでは。
    23:59  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-とミンゴスを応援しつつ、アイマスを本業してます。
格ゲー関係ねぇ…。

ツイッター
ミンゴス18thシングル
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop