ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アニメとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2016.09.21[水] デレステの「ラブレター」は、アイマスのライブ演出の革命



 こちらは、先日、デレステに配信された新曲「ラブレター」のMVです。
 
 もうね。

 昨日からずっと衝撃うけて、固まってる。
 よく仕事に行けたな…。
 そのくらいのインパクトでしたよ。

 ↑の動画を見てもらえれば解るように、今までのMVとはうって変わって、ライブ演出からプロモーションビデオ風に大きく進化しました。
 いや、革命といった方がいいかも。
 正直、歴代のアイマスのライブ演出を根底からひっくり返すくらいの出来事ですよ。
 ほんとに。

観客

 元々、デレステのMVって、アイマスのライブ演出としては珍しく、観客席が見える仕様です。
 これをやったのって、歴代ではアイマスDSくらい。
 最新作のプラチナスターズで、ようやくアリーナを再現した程度。
 
 だから、配信直後は、よくスマホでこの演出を取り入れたな~と感心しました。
 ただ、制限も多かったです。

・カメラアングルは固定
・アイドルたちは全員同じ振り付け
・アイドルたちはその場から移動できない


 などなど。
 それでも、カメラワークを工夫して、制限を感じさせない演出にこだわっていました。
 この「ごまかし方」こそが、デレステスタッフの腕の見せ所でもあったわけです。

ラブデス

 その演出に”変化”の兆しがみえたのが、「Love∞Destiny」の配信。

 まず、観客の概念を消し、ステージではなくホールで歌っているように演出してきました。
 カメラアングルが固定されている欠点を、逆に利点に変換。
 限られた制約の中で、新しいライブ感を構築。
 デレステのMVは、まだまだ進化する。
 それを感じさせた楽曲でした。

 そんな矢先に…。

ラブレター

 これですよ。

「アイドルは移動できない仕様」→「それならまるごと位置を変えればいい」

「3人ユニットだけどデレステは5人選ぶ」→「それなら3人だけ映して、他の2人は消そう」

「アイドルは全員同じ振り付け」→「ひとりずつ映せば、個々が踊っているように見える」

「背景は固定」→「ステージじゃないから曲中に背景ごと変えられる」

 デレステがもつ欠点を全部背負ったまま、まったく新しいMVを作ってきたよ。
 なんだよ、これ。
 教室の机が並ぶ中、歌って踊ってるって、MAD動画でしか見たことないよ!
 これを公式がやってきたのは、本当に嬉しい。
 これだよ。
 アイマスのライブ演出に欲しかったのは、まさにこれなんだよ。


 それで、この演出ですが…。
 いち早く取り入れていた音ゲーがあるんですよ。
 それは何かといいますと、

初音ミク

 初音ミクDIVA

 そう。
 セガから発売されている、ボカロの音ゲー「初音ミクDIVA」シリーズです。
 この作品は、PVのような演出を初期から取り入れていました。

演出

 ステージで歌うだけでなく、ストーリー仕立ての楽曲や、車に乗りながら歌ったり、演奏しながら歌ったりと、様々な演出が魅力のDIVAシリーズ。

天楽

 プレイしながら、

「あー、こんな演出がアイマスでもできればな~」
 
 なんて思うこともしばしばありましたが…。
 それがデレステによって現実味をおびてきましたよ。
 これは心躍る。
 まだまだデレステは化ける。
 そう信じさせてくれるMVでした。

ラブレター

 今回の「ラブレター」はデレステだけでなく、アイマスにとっても大きな機転になるはず。
 むしろなってほしい。
 アイドルをどう輝かせるのか。
 どう魅せてくていくのか。 
 ステージで歌うだけの演出から、次の一歩へ。
 この流れが765ASやミリオンなどへ伝わっていけば最高ですね。
 大いに期待したいです。


 てなわけで、ちょっと硬っくるしい文章になってしまいましたが…。
 今日はデレステの新曲「ラブレター」について語ってみました。
 デレステスタッフのみなさん、最高の演出をありがとう!
    23:59  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-とミンゴスを応援しつつ、アイマスを本業してます。
格ゲー関係ねぇ…。

ツイッター
ミンゴス18thシングル
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop