ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アニメとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2016.09.04[日] シンデレラ4th神戸ライブ二日目の感想

4th

 二日間にわたって開催された、シンデレラ4thライブ神戸公演。
 今日も横浜から声援を送りましたので、感想を書きますよー。

 けど、あらすじをダラダラ書いても味気ない。

 内容だけなら、ファミ通さんが素敵なレポを書いてくれてますから、そちらを読んでもらった方がGOOD。
 (一日目二日目

 
 僕の方はシンプルに、ひとつの「感謝」を伝えたいと思います。


参考画像

 今回の4thライブ。
 ステージ演出が3rdからさらに進化し、背景のお城は「プロジェクションマッピング」で色をつけ、大きなモニターにはデレステで使われたステージを映し出す技法が使われました。
 まさに最先端のライブ演出。
 これにより、本当にデレステの世界が飛び出してきたような体感を味わえました。
 そして、モニターにはデレステの3Dモデリングのキャラも映し出し、キャストさんとキャラクターが一緒にステージに立っているかのような演出も随所に盛り込まれていたんです。

 これ。

 これが、まず感謝。

 僕がアイマスのライブに行き始めてから6年くらい立ちますが、
「いつか技術が進化して、キャストとアイドルが一緒に歌うシーンがみたい」
 と、夢にみていたんです。

 それがね。

 叶ったんですよ。


 擬似的とはいえ。

 
 叶ったんですよ。


 そしてね。



雪美と紗南

 佐城雪美とね。
 三好紗南がね。

 ステージに立ってたんですよ。

 雪美は『おねだり Shall We ~?』。
 紗南は『あんずのうた』でサポートとして。


 もうね。

 
 感謝しかなかった。


 
 担当Pとして、こんなに嬉しいことはない。
 デレステの配信が、こんなところでも恩恵が出るなんて。
 ボイスが実装されてないとか、そんなの関係ない。
 こんな形でステージで輝く雪美と紗南を見られるなんて、本当に嬉しい!

 ありがとう!!

スターライトステージ

 あらためて感じましたけど、シンデレラのライブは3rdから方向性が定まって、ライブというよりショーに特化するようになりました。
 それが本当にいい結果として形になったな、と。
 だからね。
 見ててとにかく楽しい。
 三次元の声優と、二次元のアイドルが同じステージで歌って踊る。
 こんなん楽しいに決まってるよ。
 
 そしてそして、この神戸公演を受けて、来月はSSA2daysですよ。
 果たして今度はどんな魔法がかかるのか。
 楽しみで仕方がないです。
 アイマスのライブには、まだまだ無限の可能性がある。
 そう感じさせてくれる二日間でもありましたね。
 次のライブまであと一ヶ月ちょいか。
 お城の扉が開くまで、神戸の余韻にひたるとします。

 そんなわけで、感想は以上です。
 アイドルのみなさん、同僚のみなさん、神戸公演お疲れ様でした!
 アイマス最高!
    23:50  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-とミンゴスを応援しつつ、アイマスを本業してます。
格ゲー関係ねぇ…。

ツイッター
ミンゴス18thシングル
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop