ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アニメとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2016.07.07[木] ひとりカラオケ専門店「ワンカラ」に行ってきた

ワンカラ

 カラオケは好きだけど誘うような友達とかいないんだろ?
 というボッチのために、ひとりカラオケ専用店ができました。
 余計なお世話だ、ありがとう。

 お店の名前はワンカラ

 わりと有名なのかな?
 先日、始めて利用したので軽くレポでも書いてみます。

店内は宇宙船みたい

 店内はさながら宇宙ステーションみたいなデザイン。
 何人か利用客はいましたが、よくカラオケ店である音漏れが無いです。

 まずここが特徴かも。
 その理由はあとで書きます。

部屋

 入室~。

 部屋の大きさは一畳くらいかな。
 ネットカフェみたい。

ミキサー

 何をどういじればいいのかさっぱり解らないミキサーあり。

コンデンサーマイク

 マイクを持たなくても歌える、コンデンサーマイクあり。

 などなど。
 普通のカラオケには見られない設備ですね。
 あ、もちろんハンドマイクもありますよ。

使い方

 それで、このワンカラ。
 
 最大の特徴ともいえるのが、ヘッドホン必須というところ。

 何故か?

 それは、スピーカーが無いから。


ヘッドホン

 さきほど「音漏れがない」と書いた理由がこれ。
 考えてみれば理にかなっているんですよね。
 だって、ひとりで歌うわけだから、自分の歌を聞かせる必要がない。
 だから、スピーカーはなし。
 曲も自分の声もヘッドホンで聞く流れ。
 カラオケは防音きいてるけど、それでも音が漏れるのはイヤだなー。
 というボッチも安心。
 安心アンコールワット。

ドリンクバー

 安心といえば、もうひとつ。

 カラオケでよくあるのが歌ってる最中に店員が入ってきてドリンクとか置いていくやつ。
 あれ、ほんと気まずいですよね。
 というかカラオケの嫌いなシステムのひとつ。

 これがワンカラだと…。

 なし!

 
 そう、店員は室内に入ってきません。

 ドリンクバーが飲み放題で設置されてるので、飲み物はそこでどうぞ。
 というシステム。

カギ

 店員が入ってこないと書きましたが、理由もあります。
 この部屋。
 ホテルみたいにオートロックなんですよ。

 だから、誰も入れない。
 まさにボッチによるボッチのためのカラオケルーム。
 間違えて違う部屋に入る心配もない。
 間違えられて、知らない人が入ってくるハプニングもなし。
 だって、カギがかかってるから。
 ボッチの気持ちを最大限に理解したワンカラの立ち回り。

10分前

 さらに。
 終了を知らせる電話もなし。

 退室のお知らせはモニターに表示されるので、店員としゃべる必要もないです。
 どんだけボッチの気持ちを把握してるんだよ。
 作った人もボッチだろ。

さっそく歌う

 そんなワンカラでさっさくカラオケ。
 あ、機種は受付でいろいろ選べます。
 
ミリオンばっか

 2時間で24曲ほど歌ってました。
 解りやすい選曲だこと。

 さてさて。
 そろそろまとめに入りますが…。
 従来のカラオケで嫌だった部分が無くなり、完全プライベートルームで歌えるのは本当に利点だと感じました。
 僕個人の感想としては、欠点がないです。
 唯一あるとすれば…。

 値段はそれなり

 という部分。
 日曜日に2時間利用して、2300円くらいかな?
 そんくらいしました。
 けど、僕は値段相応かなーと思ってみたり。
 ウェイ系もいないし。
 また利用してみたいですね。

千早フォン

 ヘッドホンはレンタルできるけど、追加料金なので持参するのがベスト。
 買ってから一度も使ってなかった千早ホンが、日の目を見てよかったです(汗


 ひとりカラカケって通常のカラオケ店でも利用できたりするけど、混雑してると拒否られるので、専門店ができたのは大きいかも。
 店舗はまだそんなに多くないけど、これから出店も増えてくるんじゃなかろうか。
 そう思えるお店でした。
 感想はこのくらいですね。
 
 それでは、以上、ひとりカラオケ専門店ワンカラの感想レポでした。
    23:10  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-とミンゴスを応援しつつ、アイマスを本業してます。
格ゲー関係ねぇ…。

ツイッター
ミンゴス18thシングル
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop