ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アニメとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2016.03.04[金] 咲-Saki-第155局とシノハユ30話の感想

ガンガン

 ビッグガンガンとヤングガンガン。
 えらい黄色いな。
 
 目的は、咲-Saki-
 
 ビッグガンガンはスピンオフの「シノハユ」。
 ヤングガンガンは本家の「咲-Saki-」。
 今日はこちらの感想ブログです。

青春

 まずは「シノハユ」から。
 今回は第30話。
 中学になったから初の大会に参加~という流れ。
 青春まっさかり、って感じだけど、読んでて気になるところが。

 シノハユは過去の物語。
 咲-Saki-より10年以上前の時代なんですけど…。

スマホ

 普通にiPhone使ってるな。
 時代設定は大丈夫か?
 と思って調べてみたら、iPhoneを世間に知らしめた3Gモデル。
 こちらの発売日は2008年7月。
 今の咲-Saki-が2018年くらいだと仮定すると3Gの発売が10年前だから、そんなに時代設定は波状してないわけか。
 それ以前に、咲-Saki-の時代設定は2050年らしいけどねw
 
ポニテ

 それはそうと、ポニテ慕が天使・オブ・大天使すぎて、この世から戦争がなくなるレベルだった。
 大会は大変なことになってたけど、慕が今月もエンジェルだったのですべて良し。

 にしても、シノハユはいい引きを残したまま次回に続かせるのが上手ですね。
 今回もそうきたか~って終わり方だったし。
 波乱の幕開けともいえる中学生編。
 次回も期待大ですね。

あんさんぶる

 お次はヤンガン。
 楽しみにしてたアイマスあんさんぶるも今回で最終回。
 ますます咲-Saki-オンリーの雑誌になっていくな。
 
155局

 そんな咲-Saki-本編はセンターカラーで登場。
 おー、これはまた吉野に行きたくなる扉絵。
 すばら。
 今年もどこかのタイミングで訪れておきたいですね。
 
好きなセリフ

 内容の方は決勝前日のインターバル回。
 5位決定戦が楽しみですけど、もうちょっと試合前のやりとりが続くかな。
 
 にしても、前号といい今月といい穏乃の最強フラグっぷりがすごい。
 阿知賀をプッシュしてくれるのは嬉しいけど、ちょっと推しすぎでは?
 僕は個人的に団体戦では阿知賀が優勝すると予想してました。
 けど、ここまで試合前に最強アピールをされると逆に不安が。
 咲も何らの対策を施すだろうしね。

 とりあえずクセは注意するとして、あとはメンタル面。
 咲って、元々ステータスが振り切っているんですよ。
 清澄全体にいえることだけど、タコスを除いてみんな連載開始時からすでに強い。
 あとは試合でいつもの実力が出せるかどうか、なんです。
 
 
姉妹問題

 そうなると、ひっかかるのがマスコミの動き。
 宮永家の秘密が世間に明かされた場合、確実に咲のメンタルに直撃します。
 アイマスで例えると、弟のことを暴露されてショックで歌を失った千早みたいに。
 今回、あまりにナイーブな内容なら守る側に立つとフォローが入ったから安心はしてますが、この記事を心無い記者が盗むことも考えられますし…。
 何らかの形で世間にもれるんじゃなかろうか、と。
 さぁ、どうなるかな。

 咲-Saki-で最大の謎ともいえる宮永姉妹の真実。
 それが垣間見えてきただけでも、ファンとしては熱い展開。
 咲本人にしてみれば苦しい流れが続きますが…。
 挫折から這い上がるのも主人公らしいじゃないですか。
 もうモブ主人公とは言わせない。
 みせてほしいです。

 「私も嶺に咲く花のように」

咲-Saki-×4冊

 はい、というわけで以上で感想はおしまいです。

 咲-Saki-は25日にコミック4冊が同時発売と、大きなイベントがひかえています。
 コミック待ちのユーザーも、お待たせしましたー。
 原作もスピンオフもいい感じの展開なので、このテンションを早く共感しましょう。
 25日は祭りだ!
 はいほー。

 と、無駄にハイになったところで、今日はこの辺で。
 カン!
    23:59  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-とミンゴスを応援しつつ、アイマスを本業してます。
格ゲー関係ねぇ…。

ツイッター
ミンゴス18thシングル
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop