ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アニメとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2016.03.01[火] 「嫌い」がゲシュタルト崩壊する終物語BD3巻

終物語

 アニメ「終物語」。
 BD3巻が発売ー。
 これで、老倉育の物語は完結。
 
 この物語シリーズのBD。
 聞き所といえば、やっぱりキャラクターコメンタリー。
 この手のキャラコメって、一時期、業界内で流行るかなー。
 と思ったけど、どこも続かなかったですね。
 やっぱ脚本作るのも大変なのか。
 ドラマCD一本作るようなものだし。

 その点、元祖である物語シリーズは強い。
 小説家である西尾維新先生がノリノリで脚本作ってるのが、音声から伝わってくる。
 だって、本編よりも台本長いしw
 オンエア中、ノンストップでしゃべり続ける。
 これ、ある意味、キャストさんに対する挑戦状ですよ。
 この文章量は凶器。

 今回の3巻にいたっては、「嫌い」×77回とか何をやらせてるんだかw
 アニメ史に残るアフレコだったかも。
 「嫌い」のゲシュタルト崩壊。
 音でもゲシュタルト崩壊するんだ…。
 言葉遊びも韻の踏み方も上手いし、なんだか…プロの技を感じずにはいられないです。 
 さすが。

000000

 そんな、老倉育の物語。
 コメンタリーも楽しかったけど、もちろん本編も楽しめました。
 ストーリーもめちゃくちゃ好みだったし。
 数学の勉強。
 モンティ・ホール問題。
 確率の話だったけど、ガチャをひくようになってから僕は確率を信じなくなったよ(遠い目
 10%とは。
 人間強度が高まった、ってことで。
 
 あ、それはそうと、今回のOP。
 歌詞がブックレットに書いてあったんですけど、↑の写真の通り全て数字で記載されてます。
 もちろん、「ある法則」に基づいた数字。
 こんなところでも数学の勉強かw
 数学に自信のある方は、この数字を日本語に訳してみてください。
 
あとがたり

 で、話をキャラクターコメンタリーに戻すけど、人によっては普通の声優コメンタリーが聞きたい~。 
 という方もいると思います。
 僕もそう。
 キャラコメは作品によりけり。
 物語シリーズは「語る」作品だからマッチするんですよね。
 
 じゃあ、この物語シリーズはずっとキャラコメのままなのー?
 いえいえ、そんなことは無い。
 声優さん同士のインタビューを収録した「あとがたり」も、別途、収録されてます。
 これ、意外と知らない人もいるっぽいですね。
 アフレコとかオーディションの話しも含めて、40分くらい感想を語らってくれるので、かなり聴き応えあります。
 物語シリーズは、このスケジュールでアフレコをする~じゃなくて、神谷さんと時間が合う人が出来たら、そのタイミングでアフレコする~。
 ってのは、ちょっと衝撃の事実でした。
 だから、アニメが終わって、この「あとがたり」の収録になってから始めてキャスト同士が対面できた、ってくだりは素でびっくりしましたよ。
 だったら、なおさらキャストコメンタリーよりもキャラコメの方が合ってるのかもね。
 なるべくしてなったコメンタリーだったのかも。


 そんな終物語。
 老倉育も完結して、次回からは忍の物語。
 こちらのキャラコメにも期待しつつ、発売を待ちたいと思います。
 それでは、何かいいことあったら課金、ホッパーでした。

    22:59  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-とミンゴスを応援しつつ、アイマスを本業してます。
格ゲー関係ねぇ…。

ツイッター
ミンゴス「rinascita」
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop