ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アニメとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2016.02.15[月] 気が付いたらダウンロードでの購入が普通になってた

Kindle

 一昔前は、電子書籍とか未来の話だなー。
 とか、ダウンロード販売って需要どうなのー。
 なんて思ってたけど…。


がっこうぐらし

 気が付いたら、マンガは「Kindle」でダウンロードしてるし、

アイチューン

 曲はiTunesでダウンロードしてるし、

PS4の電撃

 ゲームも、ディスク入れ替え面倒だからダウンロード版にしてる。

 あれ、いつの間にか未来にいたぞ…?
 
 電子書籍は敷居が高いイメージだったけど、アマゾンで検索するとKindle版をすすめてくるようになったのが大きかったかも。
 ポチると携帯に本が届く。
 慣れ親しんだ通販と手順が変わらない、ってのがいいですね。
 iPhoneも6Sにしたら画面大きくなったから、拡大しなくても十分読めるレベルだし。
   
 曲に関しては、そもそもCD購入→インポート→携帯に放り込む、という手順が遠回りだったので、iTunesで直接落とすのは理にかなってるんですよね。
 あとミリオンライブの楽曲がiTunesで全曲配信!ってのが一番のきっかけになったかな。
 今ではライブで聴いて気になった曲は、帰り道でダウンロードして聴きなおし~なんてのもやってるし、欲しいと思った瞬間に即購入できるのはありがたいです。

 で、ゲームの方は、格ゲーだったら1Gくらいだからそんなに容量を圧迫しないし手軽。
 僕ってBDもPS4とかで見るから、いちいちゲームと映像でディスク入れ替えるのが面倒だったんですよ。
 だから、ここ最近のゲームはダウンロード版がメインになってきましたね。
 本体の容量も大きくなったから、何本も落としても余裕あるし。
 
 
 そんな感じに、気が付いたらパッケージを購入しないのが普通になってました。
 ほんと「気が付いたら」ってレベル。
 ちょっと前までは、本棚がCDとコミックでぎっしりでしたからね。
 これって何がきっかけ?
 と思ったけど…。
 
 「受け皿が大きくなった」ってのが一番の理由かも。
 
 今もってるiPhone6sは120Gあるし、PS4もちょっと前のモデルだけど500Gある。
 ポンポン放り込んでも、容量に余裕があるから考えなくてもすむんですよね。
 もちろん利便性ってのも理由としてあるけど、この受け皿が大きいって部分。
 みんな意識してないかもしれませんが、けっこう革命だったと思いますよ。
 
 パソコンもいつしか外付けとかに頼らなくても、内蔵HDDで事足りるようになったし。
 もちろん人によりますけどね。
 けど、少なくとも僕は残り容量が足枷にならないのが、この手の電子分野をより身近にしたなーと思ってます。
 手軽さの裏側には、小型で大容量を可能にした企業努力もあるんじゃないかな、と。
 そんなことを何となく考えてました。

 と、月曜の夜から何を長々と語ってるんだ、って話ですのでここらで終了~。
 技術の進化に感謝しつつ、今日もiPhoneでラジオを聞きながら寝ます。 
 それではー。
    23:29  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-とミンゴスを応援しつつ、アイマスを本業してます。
格ゲー関係ねぇ…。

ツイッター
ミンゴス18thシングル
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop