ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アニメとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2015.12.21[月] もうひとつのシンデレラストーリー「佐藤 亜美菜」さん

橘ありす

 シンデレラガールズにて、橘ありす役を演じる「佐藤 亜美菜」さん。
 3rdライブの舞踏会にて披露した「in fact」の可憐さは、今でも強く記憶に残っています。

よにこも

 そんな佐藤 亜美菜さんがパーソナリティーを勤めるラジオ。
 その名も「佐藤亜美菜のこの世に小文字はいりません!」
 略して「よにこも」。
 こちらの12月17日放送分にて、3rdライブの感想を語ってくれてます。
 リンクは、こちら

 もうね。
 
 泣いたね。

 舞踏会に参加したPはもちろんのこと、参加できなかったPも聞いてほしい。 
 元AKBという経歴をもつ彼女。
 リアルアイドルを経験してる彼女だから、ステージなんてお手の物。
 そう考えてた自分を恥じたい。
 キャラを背負う責任、重圧。
 いろんなキャストさんがその重みを背負いながら、けど、笑顔でステージに立っている。
 佐藤 亜美菜さんも何ら変わらない。
 いや。
 むしろ、アイドルを実際に経験していた身だからこそ、できて当然と思われる重圧もあったはずです。
 どこまでもAKBの名前がついてくる。
 ラジオでも語れた言葉の数々が、本当に胸に染みました。

アイマス

 その昔、声優になったらアイマスのキャラを演じてみたいと夢を語っていました。
 夢は叶い、ありすとして舞踏会へと立った彼女もまた、ひとりのシンデレラだったのかもしれません。

 これからも、橘ありすと一緒に、いろんな笑顔を見せてくれることでしょう。
 またステージでお会いできた時には、心から声援とサイリウムの光を届けたいと思います。
 アイマスは温かい。
 いつまでもそう思ってもらえるように。

 
    23:59  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-とミンゴスを応援しつつ、アイマスを本業してます。
格ゲー関係ねぇ…。

ツイッター
ミンゴス「rinascita」
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop