ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アニメとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2015.11.15[日] アイマスMASTER ARTIST 3をコンプ

MASTER ARTIST 3

 765プロの各アイドルたちのアルバム「MASTER ARTIST 3」シリーズ。
 先日、亜美と律子が発売になってようやく全アイドル出揃いましたー。

 
Good-Byes

 先月のやよいとあずさのCDとの連動で、Good-Byesもダウンロード完了。
 これで全曲コンプ。
 さっそく亜美と律子の新曲を視聴してみましたが、これまで真美は双海節の利いたテイストで、亜美はしっとり系をもってきたりしてましたが、今回は亜美も暴れてくれましたね。
 まさかのファミコン音源は意外すぎ。
 一方、律ちゃんの方は「らしさ」を感じさせる楽曲。
 ただ、もう少しクセがあってもよかったかなー、という印象でした。
 
 そんなMASTER ARTIST 3シリーズ。
 こうして全曲そろったわけですし、個人的な総評でも書いてみるとします。

MASTER ARTIST 3

 まず、今回のMA3でランキングを決めろ!
 と言われたら、ダントツで
 10thライブでも水鉄砲のパフォーマンスで盛り上げてくれた「Pon De Beach」
 もうこれが一強すぎて、殿堂入りレベル。
 ハワイ旅行の時にも聞いてました。
 アローハ!

 で、次からは小粒ぞろい。
 千早Pとしては「細氷」を推したいけど、あれって人によってはクドいかもね。
 どっちかというとライブ向け。
 あ、ライブ向けというと真の「絶険、あるいは逃げられぬ恋」もそうだね。
 真でしか歌いこなせない、という強みがよく出てるから、持ち歌としての評価は高いです。
 
 で、個人的に気に入っているのが、真美の「放課後ジャンプ」。
 そこまで印象的な楽曲じゃないハズなのに、あさぽんの表現力で曲の潜在能力が底上げされまくってる。
 この曲のインパクトが強かったせいもあって、亜美はそこまでピンとこなかったんですよね。
 
 他に印象的なのでは伊織の「全力アイドル」かな。
 正直、曲調的には苦手なんですが、765プロの楽曲ってもともと昭和アイドルテイスト。
 それをド直球でもってきたあたり、面白くはありました。
 
 あと、惜しいなと思ったのが、貴音の「ふたつの月」。
 曲的には貴音の得意分野だし、サビの旋律は聞いてて心地よいです。
 ただ…。
 貴音はこの手の楽曲が多すぎかな、と。
 だから食傷気味なところも感じてしまったんですよね。
 B面のKisSばっか聞いてました。

 その点、あずさの「コイ・ココロ」は、既存曲との差別化を計りつつ、うまく魅力を引き出せてると思いました。
 大人なのに子供っぽいところもある、あずさの可愛さがしっかり曲で表現できてるかと。

 お気に入りの感想はこのくらい。
 他の楽曲については…。
 うーん。
 無難というか、当たり障りのない感じで、特にピンと来るものはなかったです。
 765AS組の楽曲としては、ミリオンライブの方がキャラの持ち味が生きてる印象。
 ベストアルバムが出てるのでわりとヘビロテしてるんですけど、あっちと比べちゃうとどうしてもMA3は見劣りしちゃった部分も多かったです。
 悪くはないんですが、響の「Pon De Beach」のように、ずば抜けて大好きと言える楽曲は少なかったですね。
 贅沢なことだとは思いますが。

 
 そんなMA3の総評でした。
 新しい持ち歌ですので、またライブで優先的に歌われることも多いでしょう。
 CDだとピンと来なくても、ライブで化けたりするのが音楽の面白いところ。
 今回、魅力に気付けなかったたけで、数年後には手の平返してることも十分に有り得ますw
 またステージで、美希、やよい、律子の楽曲を聞きたいものですね。
 待ってますよー!
 
 と、エールを送ったところで、今日はここまで。
 また明日。
    22:54  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-とミンゴスを応援しつつ、アイマスを本業してます。
格ゲー関係ねぇ…。

ツイッター
ミンゴス「rinascita」
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop