ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アニメとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2015.10.18[日] LadyGo!!卒業イベントに参加してきました

LadyGo!!

 みなさんは「LadyGo!!」というラジオ番組をご存知でしょうか。

 公式サイトの番組紹介によると、

『次世代の声優界を引っ張っていく若手女性声優5人が、 リスナーのみなさんと一緒に番組と共に成長していこうという 真っ白な60分の帯番組。
女性(Lady)が、5(Go)人で、 声優界のど真ん中へ向かって「レディ ゴー!」』


 とのこと。
 5人の女性声優が、月曜~金曜の各曜日をそれぞれ担当。
 さまざまなコーナーに挑戦したり、雑談したりと、自由気ままな1時間をお届けする番組です。

 パーソナリティーは、

(月)上坂すみれさん
(火)小松未可子さん
(水)大久保瑠美さん
(木)高森奈津美さん
(金)三上枝織さん


 もう5年も続く、文化放送を代表する看板番組です。

卒業イベント

 そんなLadyGoですが、先日、5年の放送に幕を下ろしました。
 そして本日、番組終了に合わせて卒業イベントが開催。

 その名も

「Lady Go!!卒業イベント~1841日の奇跡~」

 チケットを入手できましたので、会場となる舞浜アンフィシアターへと行ってきました。
 アンフィといえば、シンデレラガールズのイベントでも馴染み深い場所。
 まさか、ラジオのイベントでやってくる日が来るとは思わなかったですよ。
 
 てなわけで、本日のブログではこちらの卒業イベントの感想を書いていきたいと思います。

フラスタ

 とはいえ。

 実はおおよそのイベントの概要なら、すでに記事になっております。

News Lounge(ニュースラウンジ) 
上坂すみれ&小松未可子&大久保瑠美&高森奈津美&三上枝織が号泣!Lady Go!!卒業イベント開催


 ですので、僕はイベントを受けての全体の感想でまとめたいと思います。


 まずね。
 
 泣いたね。

 いや、ほんと泣いた。
 本当は参加したものの、楽しめるか不安だったんですよ。
 LadyGo!!は、アイマスつながりで「すみぺ」と「なつ姉」の回を少し拝聴してたくらいで、まったくのにわか。
 李衣菜のロックばりに、にわか。
 ですので、常連たちのノリについていけるか心配でした。
 
 が!

 それは杞憂。
 もちろん、解らないネタもありましたが、基本的にかしましい女子がアンフィのステージで談笑するだけ。
 難しいことは考えずに、純粋に楽しめました。
 途中のドラマパートでは、

「大人の階段を登るのさ、シンデレラのように」
「シンデレラ?精一杯、輝くの?」
「そう、精一杯 輝いて星になるの」

 というセリフが出てきた時は大笑いしたしw

star

 Star!!のことかー!

 すみぺはアナスタシア、なつ姉は前川みくを演じてるシンデレラガールズ。
 今日の客層にPが混ざっていることをしっかり理解してた台本でした。
 解りやすくてすみませんw

 そんな笑いまくりのイベントでどうして泣いたのか。
 それは、ライブシーンから。
 ニコ生の放送はライブシーン前に終了したから、ここからは会場に参加した人だけの特権。
 
君と僕との1ページ

 5曲披露してくれたんですが、最後に歌われた「君と僕との1ページ」。
 こちらの曲中に大久保さんが号泣。
 そんな大久保さんに駆け寄る4人。
 互いを抱きよせながら歌い上げるという、とても温かいライブでした。

 あー、もう、あかんよ。

 おじさん、こういうシーンに弱い。
 卒業イベントということもあり、この曲が終われば本当に最後。
 みんなとはお別れ。
 そら泣きますよね。
 そんな姿をみて僕も泣くよね。
 
 いいステージでした。

なつ姉

 で。

 それだけでも涙のイベントだったのに、ライブ後におこなわれたのは卒業証書の授与式。
 番組のプロデューサーがひとりひとり名前を呼び、感謝の言葉をそえて証書を手渡していきました。
 あー、いいな、こういうの。
 授与を終えたあとは、卒業生の答辞。
 
 これがあかん。

 ひとりひとり想いを便箋にしたためており、それを読んでいくんですが…。
 もう、どの手紙も強い想いと絆が感じられて、涙腺なんか余裕でKOですよ。

すみぺ「2011年の私へ。私は2015年の自分です。元気ですか?あなたは右も左も解らず、苦しんでいると思います。けど、大丈夫。かけがえのない仲間と出会えます」

 この冒頭だけで死んだよ。
 なんて温かいメッセージなんだろう。
 普段だったら照れて言えないような想いを包み隠さず伝えてて。
 もうね。
 やばい。

 みなさん、メンバーとの出会いに対して、本当に感謝の気持ちを綴ってましたね。
 このメンバーでよかった、このメンバーだから5年間続けられた、この5人に出会わせてくれてありがとう、卒業してもずっと仲良しでいてください。
 言葉は違えど、想いは全て同じ。

なつ姉「私はネガティブで劣等感の塊だから、ラジオに行きたくない日もあったし、5人でいて辛いと感じる日もあった。
みんなはできるのに、どうして私は…。そんなことばかり考えてたこともあった。
けど、みんなはそんな私を受けいれて、支えてくれて、何でも話せる家族みたいな現場だった」
 
 なつ姉はずっと泣いてたし、僕もずっと泣いてました。
 そういえば、シンデレラガールズ1stライブでも、なつ姉はこの舞浜アンフィで泣いてましたね。
 なんかデジャブ。
 互いを尊敬して、互いを支えあって歩んできた5年間だったんですね。
 にわかな僕でもここまでハートブレイクなんですから、初回から追いかけてたリスナーさんは心停止してなかったか心配です。
 
 この手紙のコーナーだけでたっぷり1時間は使ってたと思いますね。
 終わってみれば4時間の長丁場のイベントでした。
 けど、いいよね。
 卒業式なんですから。
 いくら言葉にしても足りないです。
 とても優しい時間でした。


温かい卒業式

 そんな涙と笑顔あふれる中、LadyGo!!は完結しました。
 
 声優さんが担当するラジオは数多くありますが、今、5年以上続く番組ってどれくらいあるのかな。
 ましてや日替わりで生放送。
 何かのタイアップというわけでもない、オリジナルの内容で。
 タイトルの「~1841日の奇跡~」の通り、まさに奇跡の番組だったわけですね。

 番組終了は寂しいですが、彼女たちの過ごした日々はかけがえのない思い出。
 財産です。
 きっと、この先もずっと仲良しでいてくれるでしょう。
 そう信じて疑わないイベントでした。
 ありがとう!

LadyGo!!

 そんな感じに感動、感動、大感動のイベントでした。
 今日はこのまま優しい気持ちを胸に就寝したいと思います。
 あーいい夢が見れそう。
 きっと夢の中でウィンナーパーティーやってるよw

 てなところで簡単ではありましたが、以上、LadyGo!!卒業イベントの感想レポでした。
 みなさん5年間お疲れ様でした!
 Lady~Goー!!
    23:56  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-とミンゴスを応援しつつ、アイマスを本業してます。
格ゲー関係ねぇ…。

ツイッター
ミンゴス「rinascita」
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop