FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2014.10.09[木] あらためて劇場版アイマスについて語ってみる~前編~

めざせトップアイドル

「「「目指せ!トップアイドルーッ!!」」」

 はい、というわけで、昨日、発売になった「劇場版アイマス~輝きの向こう側へ~」。
 今日は、こちらについてがっつり語ってみたいと思います。
 といっても、感想なんかは映画館で見た時に書きましたので…。
 
 今日は、細かいところや気になったところを羅列していこうかな、と。
 
感動ポイント

 んーと、手始めに僕がこの作品で胸を打たれたシーンからでも。
 最初は、ここ。
 そう。
 冒頭の「THE IDOLM@STER」のBGMと共に表示された、このシルエット。
 はい、ここです。
 いきなりここで泣きましたw

 いや、でも解るでしょ。
 映画館の大音量で、オリジナルのTHE IDOLM@STERが流れたら、それだけで感涙ですよ。
 
千早と母親

 次に心にズキーンときたのが、このシーン。
 千早の「今度のライブに母親を招待しようと思う~」のくだり。
 このセリフで、もうダメだった。
 響役の沼倉さんが、横浜アリーナライブで「15年間 会っていなかった母親を招待した」エピソードを思い出して…。
 不意打ちで涙が出ました。
 こういった役者のことも知ってると、劇場版アイマスはまた違った色になります。

雪歩の成長

 このシーンもそうですね。
 雪歩がバックダンサー組に「もっと頼ってほしい」と語るシーン。
 あずみんの想いとリンクして、ぐっときました。
 不安と戦いながら駆け抜けてきた彼女だからこそ言葉に重みがあるし、このセリフに何ひとつ嘘がない。
 全て事実だから。

電話のシーン
 
 そして、細かい部分ですが、ここも印象深いシーン。

「どうして…。私なんかに構ってくれるんですか。天海先輩はもうトップアイドルなのに…」

 このあと、首を横にふる仕草。
 ここね。
 春香を始めとして、765プロは誰も自分がトップアイドルだなんて自覚はない。
 今も走り続けている。
 誰も歩みを止めていない。
 だから輝いてる。
 それが、このわずかな仕草からも伝わってくるのがいい。

春香の言葉

 で、ここね。
 こっからクライマックスまでは、もう目から水しか出てこない。
 あと鼻水も。
 映画館で3回見て3回ともここでうるうるしてるし、この画像をキャプチャーしてる時にも涙ぐんでるから、ガード不能+全体攻撃であることはもう疑う余地がない。

諦めたくない…アイドル!

 「諦めたくない…アイドル!」

 トドメでした。

お花

 そして、いよいよライブだーと思って油断してたら、ここね。
 もう、これも不意打ち。
 ずるい。
 ずるいよ。
 泣くしかないじゃん、こんなの。

一番好きなシーン

 そこからの、これですよ。
 この後ろ姿。
 解ります?
 この光景の意味を。
 この姿は、プロデューサーじゃなければ見られない光景なんですよ。
 
「俺は忘れないからな。今日のこのステージを」

 輝きの舞台へと導き、背中を押す。
 この立ち位置。
 行って来いとエールを送って、おかえりと出迎える。
 最高じゃないか。

マスターピース

 そして、流れる「M@STERPIECE」。
 もうね、歌詞が反則です。
 泣くわ。
 泣き倒したわ。
 9年目を迎えるほど長く続くコンテンツだからこそ、この歌詞を作れる。
 なんて贅沢。

竜宮小町

 で!
 聞き惚れてたら、このシーンですよ。
 竜宮小町に入りたいと語ってた美希。
 ステージでこうして並んだ時は、思わずスタンディングオベーションでしたよ。
 (上映中に立ち上がるのはやめましょう)

この声入り

 そして、あっという間にエンディングへ。
 虹色ミラクルもいい曲だなー。
 なんて油断してたら、このクレジットにやられた。
 そうだよ。
 あの感動のライブシーンのクラップは、僕らの音が使われているんだよ。
 なんて誇らしい。

絶叫

 と、胸をはってたら、この場面で絶叫。
 えぇ、初見の時は、思わず変な声が漏れましたよ。
 いや、ほんと劇場版アイマスは油断できない。
 不意打ち多すぎ。
 そして、どんだけ泣かせれば気が済むんだ、と。
 
 この凛のシーン。
 今度のアニメとリンクしたりしないのかなー。
 1話で凛が歩いて、ちょうどこのシーンにぴったりとハマる。
 やってほしいです。
 むしろ、やらないと何のためのフリだったのかって話ですよ。
 A-1さん、期待してますよ!

 てなわけで、僕が感動したシーンは以上になりますね。
 いやー、何度見てもいいものです。
  
 って、しまったしまった。

 今日は、これ以外に気になるシーンを紹介したり、美希と春香の関係とかもあれこれ書くつもりだったのに、えらい長くなってる…。
 おまけに時間もない。
 あかん!
 勢いにまかせて書き殴りすぎた。
 おかしいなー。
 ほんの前説のつもりだったんだけどな…。
 けど、アイマスならしょうがない。
 ね。

 というわけで、今日のところはここで一旦ストップ。
 続きは明日のブログに書こうと思います。
 しばらくはアイマスの話題ばっかになるけど、ご勘弁を。
 待ちに待ったブルーレイですからね。
 
 それでは、今日はいったんここまで。
 また明日です。
    23:59  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
ミンゴス20thシングル
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop