FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2014.05.22[木] 小林立先生のブログを読んで思ったこと

CR咲-saki-

 ↑このあと無茶苦茶リンシャンした

 はい、というわけで、今日は咲-saki-の話題です。
 
BD3巻

 BD3巻は購入したんですが、時間がなくて再生できてません…。
 こちらの感想は明日あたりに書くとして、

5/21付け

 今日の本題は、こちら。

 咲-saki-の原作者である、小林立先生。
 5月21日付けで、ブログが更新されました!

 今回も、いただいたメールへの返信する内容だったんですが…。
 さらりと重要なことを書いてくれてますので、アァンにとっては貴重な資料です。 
 こうして読んでると、立先生が原作で差し込めなかった部分を、アニメで補完してくれてるのだと感じます。
 キャプテンが「久」と呼ぶようになったエピソードも、もしかしたらアニメで実現するかもしれませんね。
 だから四期はよ。

 あ、でも、京ちゃんのハンドボールのくだりは、永久に差し込まれない気がします…w

 そんな立先生のブログの中で、気になった箇所がこちら↓

重要

『本編漫画の扉絵や表紙などの多くは時系列が違ってはいても起きたことと思ってます。』

 ふんふむ。
 あの扉絵は実際に起きたことか…。
 となると、12巻の表紙とかどうなるんだろ。
 これもまた考察が捗りそうじゃありませんか。

 ん…?

 けど、ちょっと待てよ。


 扉絵は実際にあったこと、という事実をふまえると…




77局

 この扉絵はどうなるんだ!?

 第77局「萎縮」の扉絵。
 一見、普通のイラストに見えますが…

問題はここ

 問題はここ



実際の場所

 宮守のメンバーがいるのは、めがね橋と呼ばれる鉄橋付近です。
 で。
 豊音が立っているのは、この鉄橋が作られる前にあった、昔の橋脚。
 今では、どこにも繋がってない、ただの石柱です。

 つまり。

 豊音があそこに立つには、橋脚を登るか、鉄橋からジャンプするしかないのです!
 

電車も通ります

 鉄橋ですので、道路じゃないです。
 当然、電車も通ります。
 

ここに立つの?

 そんな中、柱の上でたたずむ豊音。
 どういう手段を使ったかは解りませんが、バレたらとんでもない問題になりますよ!
 
ちょー

「ちょー怒られたよー」

 やりたい放題やないか。
 豊音ったら、意外とアクティブなのかも。

 とまぁ、そんな妄想も膨らむくらい、今回のブログは重要なポイントが多かったです。
 咲-saki-は考察も面白いので、立先生も言葉はとてもいいヒントになります。
 更新頻度は低いですが、まめにチェックしていきたいと思います。

 てなところで、今日のブログはこの辺で。
 カン!
    23:59  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
『Gene of the earth』
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop