FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2014.04.02[水] 弓道マンガ「射~Sya~」最終巻

加賀

 身内でもあんまり知られてないですけど、僕は高校の頃、弓道部でした。
 ですので、艦これのアニメ絵が発表された時、加賀さんの射型を見た時は、違和感しかなかったです(汗
 けど、まぁ、弓道初段の僕に言わせると~

 可愛ければ、いいんじゃね?
 
 って感じですけどね!
 それよりも、「なんで声優が井口なんだよ!」みたいな声があがってた方が、突っ込みどころ満載だったよ。
 アニメで声優変更?
 いやいや同じだよww

射~Sya~

 さて。
 そんな弓道つながりで、今日はこちらを紹介。
 ビッグガンガンで連載されてた、弓道マンガ射~Sya~です。

 わりとお気に入りもマンガだったんですが、今回の5巻で、最終巻となりました。

分厚い

 ラストとあって、5巻はかなりブ厚いです。
 これは読み応えありましたね。

 それで、最終巻まで読んだ感想としては…。
 まだまだ連載を続けてほしかったな~という印象。
 キリのいいところで終わりはしましたが、とりあえず「残ったネタを全部詰め込んでいけ~」という感じがして、やや食傷気味だったのが、もったいなかったかな、と。
 面白かったですけどね。

なにがなんだか

 それでも、後半の展開は、若干、置いてけぼりをくらいましたよw
 もう何がなにやら。
 
 おっかしぃな~。
 僕、弓道は3年間続けたのに、知らない単語がたくさん出てくるんだけど…。
 「射格の重圧」とか「滅気」とかw
 
 なるほど。
 咲-saki-は、麻雀を知ってる人でも知らない単語ばかり出てくる~と聞いたことがあったけど、こういう感覚だったのか。
  

おっぱーい

 そもそも、この作品のスタートが「おっぱいを大きくするために弓道を始めた」だったから、むしろ、やりたい放題やってたのは昔から。
 そう思えば、後半の展開も、ギャグと思えばアリなのかなー
 熱血少年マンガっぽい流れでもあったし。


射型は綺麗

 そんな超展開な最終巻でしたが、作者さん自身、弓道経験者ですので射型の描写は綺麗です。
 加賀さんみたいなことにはなってないので、そこは安心。
 連載初期の頃にあった弓道の解説なんかは、「あるある」と思いながら読んでましたし。

1位

 ちなみに、作者の大塚志郎先生。
 2月の明治神宮で開催された弓道大会で、優勝されたそうです。
 相当な腕前じゃないですか…!
 これで職業が漫画家なんですから、世の中、わからないですねw
 ペンを弓に変えても、最強とは…。
 もう艦これスタッフは、大塚先生を正規空母の監修にあてよう。
 今からでも遅くは無いはず。


射~Sya~

 そんな、弓道マンガ「射~Sya~」。
 弓道の知識が無くても楽しく読める内容になっております。
 全5巻で発売中ですので、興味のある方は、是非どうぞ。

大塚 志郎さんお疲れ様

 連載は終わりましたが、「また弓道マンガを描いてみたい~」ともコメントされてましたし、再会できる日を楽しみにしております。
 大塚志郎先生、連載お疲れ様でした!
 
 それでは。
    23:59  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
『Flow of time』
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop