fc2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2013.10.23[水] PS3用ゲーム「rain」



 今日は、とあるゲームの紹介です。
 タイトルは「rain」 → 公式サイト

 今月頭に配信されたPS3用ダウンロード専用の作品で、価格は1500円。
 PVを見た時から気になってた作品で、先日、ようやくプレイすることができました。
 
 というわけで、今日のブログでは、この「rain」を紹介したいと思います。

タイトル

 rainというタイトルの通り、テーマは「雨」。
 雨が降り続ける、夜の街が舞台です。


絵本

 開始すると、絵本のようなイラストから始まるわけですが、作中内も、絵本のような演出がちりばめられてます。
 
ページをめくるように

 主人公たちは言葉をいっさい話さないため、こうして文字が浮かび上がって物語を進行させてくれます。
 これが、背景や雰囲気を壊してなく、絵本のように絶妙な位置で表示されます。
 ゲームなんですが、ページをめくっていくような感覚です。

主人公

 そして、この作品の一番のウリは、主人公の見せ方。
 『雨にぬれた時だけ、姿が見える』

 これです。
 
何も見えない

 このように、雨がかからない場所では、完全にステルス状態。
 歩く時のほこりや、動く紙や空き缶などから、主人公のいる位置を想像するしかありません。

 
敵

 それは、「敵」も同じ。

 そうです。
 この作品は、主人公を狙う敵が出てくるのです。
 敵も、雨にぬれた時だけ姿を確認できるので、注意が必要。

一発で即死

 敵の攻撃は、一撃死。
 つまり即死です。

 このあたりの容赦の無さは、洋ゲーっぽいですね。
 元々、海外作品のような雰囲気ですので、ある意味、しっくりくるところかも。

 何度も死ぬとヒントが表示されるので、詰まることはないですが、いい緊張感はあります。

雨を回避

 そんな敵への対処方法も、やはり雨です。
 雨がかからなければ、姿は見えない。
 つまり、敵に発見されません。

 けど、姿が見えないのはこちらも同じですので、主人公を動かすときは「そこにいるだろう」と想像するしかありません。
 このあたりのバランスが謎解きにもなっており、rainの面白さにつながってます。

少女

 そんな不思議な世界で、何が目的かというと「少女」です。
 
 自分と同じ、姿の見えない少女を探すのが目的。
 解り易くて、いいですね。
 女のために動く。
 物語の動機など、それで十分。

少女

 物語を進めていくと、やがて少女と合流することができます。
 
 ふたりになったことで、謎解きも変わってきます。
 お互いが協力しないと進めないところも、多数、出てきます。

ふたりで押す

 このあたりはICOのようで面白い部分でしたが、やれることが少ないのはちょっと不満だったかも。
 『肩車で少女を持ち上げる→階段を下ろす~』という流ればかりだったので、ここはもうひと工夫あれば良かったですね。

 それはそうと…。
 ふと気付いたんですが、少女も雨にぬれると姿が見えます。
 つまり、少女はずぶ濡れ。
 ということは。
 下着まで、

 (中略)

 いいゲームです。

rain

 そして、主人公は、少女と共に不思議な世界をさまよいます。
 どうして雨にぬれないと姿が見えないのか。
 この世界に終わりはあるのか。
 敵は何者なのか。
 
 この先は、あなたの目で確かめてみてください。


 そんな感じに、簡単ですがrainを紹介させていただきました。
 カメラは固定式なので、基本的に一本道。
 自由度は低く、3~4時間あればクリアーできるボリュームです。
 ですので、ちょっと物足りなさはありましたが…。
 1500円と思えば、十分、楽しめる内容だと思います。
 「風ノ旅ビト」や「ICO」のような作品が好きなら、このrainも気に入っていただけるかと。

 特に、こういった作品が、海外ではなく日本から生まれてくれたのが、一番嬉しかったところかもしれないです。
 日本はキャラゲーだけじゃないぞー。
 しっかりと評価されて遊ばれてほしいですね。
 

 以上、rainの紹介&感想でした。
    23:37  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
チョクメはいいぞ
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop