FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2013.10.18[金] 艦これ白書を買ってきました

艦これ白書


 福井のアニメイトによったら、艦これ白書が売っていたので確保してきました。
 誤植が多いとウワサの白書ですけど、こんなの写真が違っただけでしょ?
 

「じゃあ、アイマスの紹介でラブライブの写真が使われたらどうすんの?」

 全力で騒ぐな、それは。

 あ…。
 つまり、そういうですか。
 うーむ、それは大変…。
 
 けど、ちょっと騒ぎすぎな感じもあるかなー。
 まぁ、最初にうちに誤植騒ぎしておけば、あとから出版される書籍は慎重になってくれるはず。
 今回のは、逆にいい教訓だったかもしれないですね。


おおいっち

 そんな、艦これ白書ですけど、ざっと読んだ感じキャラ紹介ですね、これ。
 各キャラのイラストと、元となった艦の解説。
 それが全体の9割。
 あとは、すみぺのインタビューがちょろっと。
 「白書」という名のムック本でした。
 
 資料としては悪くないけど、だったら、各キャラの艤装の細かいところとか、ラフとかも載せてほしかったところ。
 特にキャラの背中部分とかね。
 個人的にはちょっと物足りない内容でした。


フェブリ

 というより、艦これ関係の書籍でいうと、このFebri (フェブリ)VOL.19が良すぎるんですよ。
 これを先に読んじゃうと、他の書籍が簡単にかすみます。
 そのくらい、充実した内容に仕上がってます。

 特に、艦これの「ゲームとして」の詳細が知りたい人にはうってつけ。
 当時、wikiにも書かれてなかった部分まで、丁寧に紹介してくれてますしね。
 開発の成功率に、秘書艦が影響するとか初めて知りましたよ。

 全ページが艦これというわけではありませんけど、短いページにがっつりと詰め込んであるので、読み応えあります。
 未読の方は是非。



ヲ級さん

 また、個人的に興味深かったのが、開発者インタビュー。
 深海棲艦についての解説は、なかなか考察意欲をかきたてる内容でした。
 
 僕の艦これの好きな部分に、深海棲艦の存在があります。
 まず、デザインが秀逸。
 ほんとにかっこよくて、フィギュア化を切望中。
 グッスマさん、どうですか(チラっ

 そんな深海たちの存在については諸説あって、一説では「沈んだ艦娘たちの怨念~」というオカルトめいたものも。
 そういった説のヒントとなる部分を、少しですがふれてくれてたのです。
 

『過去2回のイベントのラスボスの台詞と、今後のイベントのそれと繋げていくと、敵の正体とこの世界の輪郭、『艦これ』世界のダークな部分が見えてくる』

 
 以前のラスボスが残したセリフ。
「私ももう一度蘇るのか…」
 そして、生まれた戦艦大和。
 この事実がつなぐキーワードとは…。


姫

 
 艦これは、いわゆる擬人化ものですけど、個人的には世界観の方に興味があったり。
 そもそも、艦娘って何者なんだって話ですしね。
 今後、アニメ化の際には、そのあたりも見えてくるのか気になりますね。
 ネウロイみたく、結局、正体不明のままでした~というオチにもなりそうですけど(汗

 どうなるかは分りませんが、11月からは新イベントも始まりますし、またいろんな新事実にも期待したいです。


第一艦隊

 そんな感じに、今日は艦これ関係の話題でした。
 僕の方は、今は扶桑姉さまを育てつつ、4-4の海域に挑戦中です。
 まだまだ先は長いですけど、戦艦は大和以外そろってますし、レベル上げつつ前進していくとします。
 暁の水平線に勝利を刻みなさい!
    21:13  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
ミンゴス20thシングル
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop