FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2013.09.23[月] アイマス8thライブin幕張!!

8thアニバーサリー

 THE IDOLM@STER 8th ANNIVERSARY HOP!STEP!!FESTIV@L!!!

 略して、アイマス8thライブ。
 こちらの千秋楽となる、幕張2日目に参加してきましたぁーっ!!


 ライブビューイングで!!

 
 幕張は遠いよ…。
 いろんな意味で。

 とはいえ、ライブビューイングならではも利点も多いのも事実。
 今日のブログでは、そのあたりを中心にライブの感想をどららら~と書いていきたいと思います。

川崎

 今回、参加したライブビューイングは、109シネマズ川崎。
 ただ、音量が小さかったのと、画質がDVDばりのぼやけた映像だったのが残念なところ。
 このあたりは、劇場の環境に左右されちゃいますね。
 
 ただ、川崎に集まったPたちは精鋭ぞろい!
 全ての曲のコールが完璧で、サイリウムもバルログ装備。
 ライブビューイングは、どれだけ熱意あるファンが集まるかで、盛り上がり方が違います。
 その点、川崎はかなり楽しめた環境でした。

赤羽根P

赤羽根P「腕を大きく振る、上半身を晒すなどの応援行為!…応援行為? アハハハww 応援行為は、ご遠慮ください!」

 と、赤羽根Pの天然トークから始まった幕張ライブ。
 応援行為であってますよw
 このあたりのトチリ具合も、アニマスのプロデューサーっぽくてよかったですね。
 アイマスで男キャラって、ちょっとデリケートな部分もあるけど、赤羽根Pはファンに認められた公式プロデューサーとして地に足がついてる感じ。
 
 なんでも、ライブ後は一本締めもしたそうですね。
 ただ、ライブビューイングは、キャストさんがはけた時点でログアウト…。
 余韻なし!
 このあたりは、ライブビューイングの欠点かなー。
 些細なことですけど。

ぬーぬーとあさぽん

 今回の幕張ライブのリーダーは、ぬーぬー、あさぽん、若林神の3人。
 リーダーは担当曲が多めに設定されてるけど、あさぽんの「おとなのはじまり」はぶっ飛んだなー。
 まさか、この曲をもってくるとはw
 けど、意外や意外。
 かなり盛り上がりました。
「ごーごーれっつごー!あだると! あはんっ!」
 1万人を超える野郎たちの「あはん」や「うふん」が聞けるのは8thライブだけww
 5thライブのバレンタインもそうだったけど、ライブで化ける曲ってのはやっぱりあるんですね。
 亜美・真美ともマッチして、また歌ってほしいと思わせる曲でした。

 一方、ぬーぬーは「Rebellion」でクールを見せてくれたと思ったら、トリに「まっすぐ」ですよー。
 元々、ぬーぬーってバラードもハマると思ってたので、そういった一面が見られたのも良かったです。
 まっすぐ万能説。
 新旧いろんな楽曲が織り交ざった8thライブで、この曲をソロパートの最後にもってくるセンスに感動しました。
 
若林直美さん

 最年長なのに、一番、元気はつらつだった若林直美さん。
 楽しすぎて止まらない~という勢いが歌にも現れてて、ベテランを感じさせてくれました。
 そんな若林さんですが、「Dazzling World」の「いつか二人は 星になる でも過ごした日々は 永遠よ」のくだりで感極まって涙声になったのは、グッときました。
 最後のトークでも涙を見せてましたし、ベテランの若林さんの中では珍しい光景。
 いろんな想いを胸に秘めたライブだったんだと感じました。
 
仁後ちゃん

 そんな若林さんとのユニット曲「愛 LIKE ハンバーガー」で素敵なダンスも見せてくれた仁後ちゃん。
 パワフルな若林さんの歌声に、ちょっと吹き出してたのが可愛かったですw
 とはいえ、可愛いだけじゃないのが仁後ちゃんのすごいところ。
 曲の合間に見せた大ジャンプは、川崎の場内から「おおおーっ!」とどよめきがおきましたよ。
 振り付けの秀逸さは、随一でしたね。
 さすが。

はらみー

 可愛いだけじゃない~といえば、はらみーも忘れてはいけませんね。
 「風花」のガチっと入ったスイッチ感。
 普段のギャップもすごいけど、この歌に関しては、貴音が降りてきてるオーラがすごいんですよね。
 トークで「手が震えた」と発言してましたし、降りてきてる~という表現も間違いじゃないのかも。
 
 そんな風花とは打って変わって「フラワーガール」のキュートっぷりも素敵でしたね。
 持ち歌が両極端すぎるw
 けど、貴音って、クールにすのならとことんクールに。
 可愛くするなら、とことん可愛くした方がいいのかも。
 「はらみーが好っき!」
 
くぎゅうー

 おっと、可愛いトークで伊織ちゃんを無視はできませんね。
 というわけで、ツアー初参加のくぎゅう~っ!!
 福岡では僕らのことを「こいつら」、幕張では「人間」って呼んでくれました~。
 人間てww

 リーダーを務めた福岡を終えて、本人はすっかりリラックスムード。
 はっしーとのトークもほんわかしてたなー。
 くぎゅうは、なかなかアイマスイベントには参加できないので、ガールズたちとの駆け合いを見られるのは本当に貴重でした。

 「リゾラ」と「プライヴェイト・ロードショウ (playback, Weekday)」も素敵すぎ!
 ピンクのサイリウムを振れる幸せをかみ締めながら、応援させていただきました。

えりりん

 リーダー公演だった名古屋以降は、すっかり裏方に徹している感のある、えりりん。
 とはいえ、所々に繪里子節は見られました。
 トークパートで「ライブに必要なものってなんですか~」という質問。
 それを受けてアッキーが「乾燥するしマスクは必要~」と話してたのですが、問題はその後。

アッキー「柄の入ったマスクだと、繪里子さんにパンツみたいって言われるから注意して」
えりりん「バラすなよーっ!!」

 さすがですw

アッキー

 「We just started」と「マリオネットの心」と、クールで攻めてきた今回のアッキー。
 ヘソ出しも解禁してくれて、嬉しいかぎり。
 と、クール一直線と思いきや、最後の「THE IDOLM@STER」では、ミンゴスの後ろから「なの!」と登場する謎パフォーマンスを披露。
 可愛かったけど、唐突すぎて笑っちゃいましたよw

ミンゴス

 おっと、クールといえば、ミンゴスの「arcadia」も忘れてはいけませんね。
 イナバウワーも見所でしたが、個人的にラブアローシュートされたのは、歌い終わった後。
 人差し指の間接部分にキスをして、ふっ!と投げ捨てるモーション。
 そこからの、目力!
 イケメンすぎて、川崎は歓喜に包まれましたよ。
 おそらく、ライブ会場では遠くて伝わらなかったんじゃないかなー。
 表情をアップで映してくれる、ライブビューイングの特権でした。
 
 あ、キスといえば、「Snow White」の振り付けでもありましたね。
 胸につけてた花を取り外し、そのまま口付け。
 曲の切なさも重なって、とても印象深いシーンでした。

 そんな、見事な歌声を披露してくれたミンゴスでしたが、後輩たちを本当に大切にされてる様子も垣間見れてよかったです。
 トーク部分では、いつも通りのはっちゃけ具合でしたが、山崎はるかさんから語られたミンゴスの素顔。
 
「私が歌い終わって戻ったら、今井さんが泣きながら出迎えてくれたんです」

 この一言だけで、ミンゴスの優しさが全て伝わってきて、胸が熱くなりました。
 素敵な先輩たちに支えられながら、ミリオンもシンデレラメンバーも成長してほしいです。

ミリオンメンバー

 後輩の話が出たので、最後にゲストメンバーの感想を。 

 ミリオン組からは、山崎はるかさんと、田所あずささんが参加。
 横浜ライブでも拝見したお二人ですので、ポテンシャルの高さは身をもって体験済み。
 とはいえ、やはり765プロと比べると、圧倒的にステージに飲まれてますね。
 そう思うと、今の765プロメンツがどれだけ歴戦の猛者だって話ですよ。
 
 ミリオン組も、12月に単体でのライブが決定してますし、どんどん学んで吸収して、自分のステージを作り上げてほしいです。
 数年後、彼女たちがどんな姿で舞台に立っているのか。
 僕も楽しみです。


 あと、田所あずささんがツッコミ担当はないな(汗

はらみー「幕張ライブ”初日”がんばろうなー」
あずさ「はい」
はらみー「え!?」
 
 はらみーが突っ込んどるがな!

はっしー

 そんな中、ブレないというか、すでに自分の立ち位置が確立してる感のある、はっしー。
 ミリオン組よりも経験をつんでるシンデレラ組とはいえ、このはっしーのほんわか具合はすごいなー。
 幕張のステージの上で、マイペースですよ。
 
 彼女の場合、次の楽曲でどう化けるかが楽しみなんですよね。
 今後、いろんな楽曲を表現していく中で、どんなスマイルを見せていくのか。
 一皮むけたはっしーにも期待です。

ふーりん

 そして、シンデレラ組からもうひとり。
 ふーりんこと、福原綾香さん。
 
 いやー、やられた!
 何がやられたって、「Never say never」のラストですよ。

 『愛に包まれて 気付いた いつも沢山の笑顔ありがとう』

 ここで感極まって涙声になるのは…不意打ち!
 シンデレラ組の泣き担当は、るるきゃんだと思ってたのに、ここでふーりんが来るかー。
 「ありがとう!!」の歌声に込められた想いがストレートに伝わってきて、こっちも貰い泣きですよ。
 
 メイクさんのブラックリストで有名な田所あずささんですが、今回はふーりんも該当しちゃったかー。
 けど、いいですよね、こういう光景。
 ライブは、カラオケじゃない。
 ファンとキャストとの想いの受け渡しというか。
 「ありがとう」を伝え合う場所とか。
 うまくまとめられないけど、ライブビューイングという形でも、参加できて本当によかったです。



 
 
 そんな幕張二日目では、ついに劇場版アイマスの公開日とPVが発表~。
 来年の1月かー。
 意外と早かったですね。
 そこから立て続けに発表された、今後のアイマスロード。


■2013年10月12日
 シンデレラがマチ★アソビにてイベントを実施

■2013年10月13日
 765プロがマチ★アソビにてイベントを実施

■2013年11月2日
 シークレットイベント@赤羽

■2013年11月13日
 シンデレラガールズ、音楽CD第5弾を発売

■2013年11月下旬
 シンデレラガールズ、2周年記念のビッグプレゼントを予定

■2013年12月29日
 ミリオンライブ、、新宿BLAZEにて“THE IDOLM@STER MILLION RADIO SPECIAL PARTY 01 ~2013年はThank You!~”を開催

■2014年1月25日
 劇場用アニメ『THE IDOL MASTER MOVIE 輝きの向こう側へ』公開

■2014年1月25日
 シンデレラガールズ、リスアニ!LIVE-4に出演

■2014年2月22・23日
 さいたまスーパーアリーナにて“THE IDOLM@STER MASTERS OF IDOL WORLD!!2014”を開催


 なんというか…。
 仕事だらけでプロデューサー業に休み無し!
 2月とか、ラブライブのSSAライブのあと、アイマスでもSSAかー。
 こりゃアイドル充が捗るなー。
 まいったなー。
 って、チケット取れる気がしねぇーっ!!

 愛で乗り切るしかない…。


 ゲームの新作発表が無かったのは意外でしたが、この分だと2月のイベントで大発表って感じですね。
 今回のライブで、久しぶりにがっつりアイマスにふれられました。
 今後、楽しい発表ばかりじゃないかもしれませんが、やっぱり自分はアイマスが大好きなんだと再確認できたライブでしたし、これからも応援を続けていきたいです。

 そんな8thライブツアー。
 参加されたPのみなさん。
 そして、出演者のみなさん。
 お疲れ様でしたーっ!!

 次のアイマスでまた会いましょう!!
 以上、アイマス8thライブツアーin幕張の感想でした。
    12:50  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
『Flow of time』
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop