FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2013.09.03[火] 小説版ゆめにっき感想(ネタバレ注意)

小説版ゆめにっき

 アンドロイドは電気羊の夢を見るか?
 なんてSF小説もありましたが、夢というのは津々浦々、いろんな作品などで使われます。
 不思議の国のアリスも夢オチですしね。
 夢というのは作品において、どこか神聖というか神秘的な使われ方をすることが多いです。

 それに引き換え、現代社会は「クソネミ」とか、夢をクソ呼ばわりですよ。
 昨今では、夢は邪魔ものでしかない模様。
 エルム街の悪夢も、現実が悪夢すぎて目をそらすレベル。
 睡眠は健康にも直結しますから、お気をつけて。

 そんな夢をテーマにした作品として、気に入っているのが「ゆめにっき」。
 原作はかなり古いフリーソフトなんですが、ここにきていろんな展開を見せてます。
 「Project YUMENIKKI」なんて、サイトまで作られるくらい。
 
 その一環として、発売されたのが「小説版ゆめにっき -あなたの夢に私はいない-」です。
 ゆめにっきは謎多き作品で、今なお考察がなされています。
 この謎に公式からの「回答」ともとれる一冊。
 先日、読了しましたので、感想を書いていきたいと思います。

 なお、ここから先は、ゆめにっき、および小説の重大なネタバレが含まれます。
 ご注意ください。
※ゆめにっきネタバレ注意




少女

 今回の小説版ゆめにっき。
 原作に対する「回答」を期待して購入したわけですが、結論からいうと、とても満足のいく内容でした。
 とはいえ、これまでユーザーによって作られた多数の考察を否定するものではないと思います。
 素晴らしい考察もあるわけですし。
 「数ある答えのひとつ」
 そう捉えていいと思います。

コミック版

 事実、ゆめにっきは、コミック版も連載中ですが、それとはまったく解釈も視点も異なりました。
 公式から発売された模範解答のひとつ、とも言えるかもしれません。

傍観者

 一番、驚いたのが、ゆめにっきの舞台自体が夢という設定。
 主人公は、この三つ編み少女ではなく、この夢を見ている傍観者。
 第三者の視点というのは斬新でした。
 とはいえ、これはメタ視点でいうところの、ユーザー側の立場ともいえます。
 動画サイトで、ゆめにっきのプレイを見ている。
 そういう感覚。
 僕自身、原作はプレイ動画を拝見して知りましたし、わりと多くのユーザーが動画を利用したと思います。
 そういった背景を考慮した、ちょっとした皮肉も混ざっていたのかもしれませんね。


 ゆめにっきを見ている主人公の夢。
 精神を病んだ人の悪夢が、このゆめにっきの舞台だ~というのは誰もが思い描く考察ですが、安直すぎて却下されやすいことも。
 そこに、小説版はあえて踏み込んだあたり、ストレートな内容でした。

包丁

 とはいえ、安直な展開に感じなかったのは日日日先生の文章力と、終着点のかみ合い具合がハマった結果かと。
 夢の中で描かれる、痛烈な死の描写。
 それは同時に、生への願望の現われでもあったと思います。
 「生きたい」「生まれたい」
 
 望まれずして妊娠したのか、不慮の事故で流産したのか。
 生まれることを否定された少女。
 それが、三つ編み少女の正体。
 小説版ゆめにっきの答えでした。
 
 三つ編みは、へその緒。
 セーターの色は、臓器。
 目を閉じているのは、胎児だから。
 言葉を話さないのは、胎児だから。
 眠ることしかできないのは、胎児だから。

たまご

 そんな三つ編み少女の目的は、エフェクト集め。
 エフェクトは卵の形をしています。
 卵は生命。
 誕生。

 生まれてこられない彼女が卵を集めるとは、なんて皮肉か。

終わり

 そんな三つ編み少女の終着点が、生との別れ。
 
 原作で大きな衝撃をもたらした、このシーン。
 考察の引き金ともなった痛烈な終わり。
 
 それは、生まれてくること否定された胎児の、声無き叫びだったかもしれません。


 けれど、小説版の終わりには希望がありました。
 母親の懺悔。
 傍観者へ別れを。

 「あなたの夢にわたしはいない」

 その通り。
 彼女は「生まれてない」のだから。
 あなたを「知らない」のだから。
 だから、抱きしめてほしい。
 愛情をそそいでほしい。

 三つ編み少女が夢から覚めた時。
 始めて目をひらいた時。
 映るのは、母親の笑顔であってほしい。
 それを切に願います。


 小説版ゆめにっき。
 原作を知らなくても楽しめるとは思いますが、原作の知識があればあるほど、納得できると思います。
 原作が「謎かけ」なら、小説版は「模範解答」。
 この答えに納得ができないなら、是非、あなたの考察を創造してみてください。
 答えはひとつではないです。
 夢に制限なんてありませんから。
 

 以上、小説版ゆめにっきの感想でした。
 日日日先生、お疲れ様でした。
 よい夢を。
    23:37  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
『Flow of time』
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop