FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2013.06.10[月] アニメ「咲-saki-阿知賀編」16話感想

2013_0610saki1.jpg

すばら!!

というわけで、昨日、ニコニコ動画にて咲-Saki- 阿知賀編16話が配信されました。
今日のブログでは、ネタバレ全開、視界良好でお届けするので、バレはあかん!という方は回れ右でよろしく。


2013_0610saki20.jpg

原作は完結したとはいえ、まだコミックは未発売。
にも関わらず、アニメをこんなに早いタイミングで完結まで描いてくれたんですから、本当に贅沢な話。
ありがたいことです。

おかげで、昨日は配信を見ながら大興奮でしたよ。
原作は読んでたので展開は知ってましたが、こうしてセリフが入って動きが加わるとやっぱりテンションあがります。
定番な演出だけど、ラストにOP曲が入るだけで感動しましたね。
けど、このOPの「MIRACLE RUSH」。


2013_0610saki12.jpg

歌ってるメンツって、全員敗退したんですよね…(汗
そう思うと違う意味でMIRACLEでしたよ…。
バスガデルデー

2013_0610saki7.jpg

それにしても、あらためて感じたことは、阿知賀編はスピンオフ作品として、秀逸な終わり方をしてくれたな、ってことですね。
決勝戦を残して原作にバトンタッチ。
「友達になろう、和」から始まった物語が、「遅いよ、和」で終わる。
今度は原作がおいかける形になっているのも面白いです。

2013_0610saki13.jpg

あと、逆サイドのAブロックの話ってのもやっぱりうまかったです。
麻雀は4人が同時に戦うのため、これまでの戦いは『清澄VS未知の3校』という図式でした。
それが、今度の決勝は阿知賀や白糸台など、キャラも能力も「視聴者に理解させた」うえで戦いを描く。
こういう流れを作れただけでも、スピンオフとして最高の仕事をしてくれたと思います。

2013_0610saki3.jpg

そして、この先の展開で注目株となるのが、僕の中ではこの娘。
大星淡です。

あれだけ大口をたたいておきながらやられてしまったので、軽く戦犯状態ですけど、僕はそうは思わないです。
これまでの流れだったら、それで終わってたんでしょうけど、この淡と決勝で「もう一度戦う」ことになる。
これって、かなり重要。
あれだけの屈辱は、淡にとっても初めてのハズ。
だからこそ、あの戦いが彼女を大きく成長させたのは間違いないです。
今度の淡はこんなもんじゃない。
例えるなら、上着を脱ぎ捨てたルガールですよ。
ジェノサイドカッターですよ。
オメガ淡ですよ。

2013_0610saki2.jpg

それに、この大星淡。
大将戦の最中に、かなり重要なセリフを口にしています。

「私を拾った照でもこんなのなかった」

おそらく淡は中学の頃、照に何らかの形で助けられてます。
先輩に対しても余裕でタメ口をはく淡が、あれだけ照を慕うんですから、相当な出会いがあったはず。
淡にとって照は「姉のような存在」になっているのかもしれません。
そう、姉妹のような関係。

2013_0610saki6.jpg

そんな淡が決勝で戦う相手。
清澄がこのまま順当に勝ち進めば、出会うことになります。
照の妹、宮永咲。

宮永姉妹の関係は、この作品においての最重要事項。
咲と照。
この2人をつなぐ役割(もしくは拒む存在)としての立ち位置を見せてくるのが、大星淡ではないか?
僕はそう考えてます。
だからこそ、この阿知賀編はスピンオフとして本当に秀逸だと思うんですよ。
今後の展開も注目です。



ただ…。


あの世界では、明後日が決勝戦ですが…。


現実世界では、何年後になるんでしょうね(汗


2013_0610saki21.jpg

「遅いよ、和」

あかん、穏乃!
それ完全に煽り文句や!


「遅いよwww和wwwww」


立先生の執筆に期待しましょう…。




2013_0610saki8.jpg

そんな不安もありますが、こうして最終話をむかえた阿知賀編。
そして、物語は再びside-Bへ!


2013_0610saki9.jpg

しゃべったぁーっ!!!

2013_0610saki10.jpg

このファンサービスは嬉しすぎて、もし僕がぬいぐるみなら綿が全部飛び出してましたよ。


けど、これよく考えたら…。

side-Bのネタバレじゃないですか…!

早いよ、和!
スタッフの意気込みは伝わってきましたけど、宮守と永水ファンは泣いていい。
うぅ…。

そんな全国編は来年放送~って話ですけど、これを見る限りside-Bもアニメは準決勝までかなー。
原作の連載ペースを考えると、そのくらいかも。
そして、決勝はOVA形式になったりしてね(汗
またかよー。
それでもファンとしては十分すばらですけど。


2013_0610saki11.jpg

とまぁ、そんな咲の未来に思いをはせつつ、今日のブログもそろそろ閉め。
咲は大好きな作品ですので、こうしてアニメと原作が並行ですすんでくれるのは嬉しい限り。
今後も追いかけていきたいですね。

というわけで、今日のブログでは阿知賀16話の感想スペシャルでした。
スタッフのみなさん、お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました!
    19:56  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
『Flow of time』
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop