FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2012.11.17[土] エヴァQを見てきました(ブログの後半部分でネタバレ注意)

Q

Q「呼びましたか?」

 呼んでねぇよ、スト3に帰れ。


新劇場版エヴァQ

 気を取り直して、こちらをご紹介。
 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q公式サイト
 
 略して「Q」。
 本日より公開されましたので、さっそく見に行ってきました。

 2回ほど!

海老名×2

 いや、実は友人のケんさんが8時と10時の回で予約を入れてましたので、2回連続での鑑賞だったのです。
 エヴァが終わったら、またエヴァが始まる。
 エヴァは繰り返しの物語です(キリっ

 さすがに疲れましたが(汗

同時上映

 そんな、エヴァQ。
 すでにご覧になった方もいらっしゃるとは思いますが、ネタバレ厳禁の作品だと思いますので、これ以上のことについては、「more」の中に隠しておくとします。
 ただ、この日付に直リンしちゃうと、moreの中も開いちゃって、丸見えなんですよね…。

 ですので、通常更新はここまで。
 ここから下の文章には、ネタバレが含まれますので、十分にご注意ください。
 では、一旦ここで締めます。
 ネタバレOKな方は、moreをクリックしてしてください。
 それではー。




マリのナイスな表情
「ここから先はネタバレだにゃー」



 というわけで、Qの感想について、簡単ですが書いてみます。

アスカは人間をやめるぞー

 まず、今回の主役は完全にアスカだった気がしますw
 コネメガネも素敵でしたが、姫がイケメンすぎました。
 
 あと、アスカって、もう人間じゃなかったですよね。
 いや、年齢が変わってない~という部分じゃなくて、単純に力がおかしい。
 分厚いガラスを殴ったらヒビが入ってたし、エントリープラグの扉も素手でこじ開けてたし。
 かなり高い位置から飛び降りる描写もありましたしね。
 あと、ビーストモード中に、眼帯が青く光ってたのも何か関係してるっぽいですね。
 エヴァの呪縛。
 使途に近い存在になってしまってるのかも。
 それか、石仮面をかぶったかw
 
マリはいつも通り

 一方で、相変わらずだったのがマリ。
 みんなが変わり果てた世界で、ひとり「いつも通り」なあたり、彼女のメンタル面の強さが伺えますね。
 新キャラなのに、すっかり物語に溶け込んでる印象もうけました。
 それだけに、今回のQで裏方に徹していたのが意外でした。
 旧作と新劇場版で、何が一番違うかって、このマリの追加です。
 このまま裏方で終わらせるハズもないので、次あたりでキーパーソンな一面も見てみたいものです。

シン・エヴァ

 あ、次といえば、このファイナルですね。
 今回のQが、完全に前編というテイストだっただけに、次回は早期公開を望みたいです。
 一応、公式サイトでは2013年と明記してありますので、どんなに遅くても一年後には完結してると思いますが…。
 まぁ、エヴァなので何ともいえないです(汗
 逆に、エヴァだからいつまでも待てる、という部分もありますけどね。
 
 シンジくんが、いつも通りの引き篭もりまっしぐらになっちゃったので、あとは女性陣にがんばってもらいましょう。
 エヴァって、昔から女性が強い作品ですし。
 マヤも「これだから若い男は」と悪態をつくくらいですしねw

加持さんはどこに

 今回、名前しか出てこなかった加持さんも気になりますし、そもそも破の予告で使われた映像が全然出てこなかったし。
 もしかして、このあたりをボツにして一気に14年後にしたのかな。
 それはそれで、みんなの身に何が起きたかの考察が面白そうではありますけど…。
 回想シーンくらいは入るかな。

 そんな感じに、次回への構想も想像しつつ、ファイナルの公開を待ちたいと思います。
 正直、今回のQだけで、全てを知った風に語るのもアレですしね。
 全ては完結してからでもいいでしょう。
 
 何だかんだで、やっぱりエヴァは面白いなーと再認識もできましたし、次が公開されたら、また初日に映画館へと足を運んでみたいと思います。
 今度も2回見るかは換わりませんけどねw
 
 それでは、以上Qの感想でした。
 チケットを用意してくれたケんさん。
 便乗してくれたアツシさん。
 今日はお疲れ様でしたー。
    19:35  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
『Flow of time』
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop