FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2012.09.17[月] アニメ「中二病でも恋がしたい」先行上映会に参加してきました

中二恋

 10月から放送される、京アニの新作「中二病でも恋がしたい!」。
 こちらの先行上映会が、16日に開催されました。

京都で!

 京都で!

シアター10のH5

 「チケットがとれたら京都まで行ってくるか~あはは~」
 なんて思ってたら、普通にとれちゃったので、じゃあ行くしかないじゃない!

いざ京都へ

 というわけで、この連休は京都に一泊二日の小旅行をしてきましたー。
 まぁ~いろいろ、ありましたが…。
 
 とりあえず!
 手始めに、今日のブログでは「中二病でも恋がしたい!」先行上映会のレポートを書いていきたいと思います。

東横イン

 新幹線でDIVA-fをやってるうちに京都に到着。
 そのまま、宿泊先の「東横イン」へ。

719号室

 奈良の聖地巡礼ですら日帰りで移動するくらいですので、ホテルをとったのはすっごい久しぶり。
 イベントの開演時間が18:45からだったので、今回は宿泊先を確保するしかなかったです。
 
けいおんの聖地巡礼

 ホテルで一休みした後、会場となる「MOVIX京都」へ移動。
 と、その移動中に、見慣れたお店を発見。
 おー!
 これは「JEUGIA 三条本店」だぁーっ!

 このお店は「けいおん!聖地巡礼」で、2回ほど訪れたことのあるお店です。
 まさか、再びにお目にかかる日がくるとは…。
 懐かしい旧友に会った気分でしたよ。

MOVIX京都

 そこから少し歩いたところに、会場となる「MOVIX京都」に到着。
 さっそく入店~。

 そしたら、イベント会場は隣とか言われて、あっという間の退店。
 隣に…?
 
隣にもMOVIX京都

 よく見たら、MOVIX京都の隣に、もうひとつMOVIX京都がありました。
 まさかのツインタワー。
 片方は物理だけで、片方は魔法だけなんですね。
 
 そんな初見殺しをくらいましたが、気を取り直して店内へ。
 開演20分前くらいだし、もう入場は始まってみんな席についてるだろうなー。
 と思って、エスカレーターをのぼったら、


 そこは吹き溜まり!

 え?まだ入場すら開始されてないの!?
 狭いロビーに、数百人の参加者が待機中。
 別に列形成をしてるわけではないので、店内はぎゅうぎゅうな状態。
 これ、開演までに間に合うの?

 と思ったら、案の定、間に合わなかったみたいです。

 どうもリハーサルが押してたようで、入場が始まったのが45分あたり。
 そこから、参加者が席についたらすぐに上映開始と、かなりグダった幕開けでした。
 大丈夫かな、これ。

中二恋

 そんな中、第一話の上映は終了。
 
 が…。


 無言

 
 会場からは、拍手もなければ、ざわざわ~といった声もない。

 
 びっくりするくらいの 無言

 あれ?
 普通、アニメの先行上映といったら、終わったら「わ~」とか歓声がおきたり、「パチパチパチ~」って拍手がおきるもんじゃないの?

 
 だが、場内は「シーン」と、何ともいえない空気が…。
 重い…。
 なんだ、この居たたまれない状況は。

 んー。

 けど…。
 まぁ、あの一話の内容じゃ、こんな空気になる…よね。
 つまんない~とかじゃなくて、一話はアバンみたいなもので、どうにも判断できない部分が多かったし。

 しかも、この後、すぐに出演者が登場してくれればまだ空気も和んだのに、2~3分は出てこなかったから、余計に変な空気になってました。

 なんとかしてー。


メインキャストの4人

 と思ったら、ここでようやくヒロイン役の4人の声優さんが登場してくれました。
 待ってたよー。

小鳥遊六花(CV:内田真礼さん)
丹生谷森夏(CV:赤﨑千夏さん)
五月七日くみん(CV:浅倉杏美さん)
凸守早苗(CV:上坂すみれさん)
 

 4人の登場で、ようやく会場にも歓声が。
 けど、キャストのみなさんは緊張してたのか、まだぎこちない様子。
 「わたしたち、仲いいよねー」
 「あー、うん…」
 「ふ、普通にいいよー」
 待て、それじゃあ仲悪いように聞こえるだろww

 そんな4人で、中二恋についてあれこれ語ってくださいました。
 が!
 第一話だと、浅倉杏美さん役のくみんと、上坂すみれさん役の早苗は出番がありません。
 ですので、キャラについての説明も、まだ言えないことが多いのか、二話以降を~という感じでした。

 そんな、当たり障りのないトークをしていたところで…。
 ここで突然、会場内に響き渡る美声が!

「ふははは!よくぞ集ってくれた、我がサーヴァントたちよ…」

 と、中二病全開の語りと共に登場したのは…

福山潤さん

 主人公「富樫勇太」を演じる、福山潤さん!

 ↑まさに、この姿で登場してくれました。
 ご本人もおっしゃってましたが、すごい出オチww

 けど、まさかのサプライズゲストに場内は大歓声!
 
 女性4人だと、どこかぎこちなかったトークも、福山さんが入ってくれたおかげで、一気に和気藹々に。
 さすが福山さんです。
 この手のイベントは手馴れたもので、すぐにまとめてくださいましたね。


福山さんのオーラ

 そんな福山さんも交えて始まったのが、このコーナー。

 「中二病クイーン決定戦」

 何かというと、4人のヒロインを2人、2人に分けて、それぞれお題に合わせて「中二病っぽい行動」を演じてもらうコーナー。
 どちらが、より中二病っぽいかは、会場の僕らの拍手で決める~。
 という流れでしたが、これってキャスト陣が大火傷する光景しか浮かばないんだが…。
 ほとんど罰ゲームじゃないか?
 と思ったら、その予想は的中。

 最初は、上坂すみれさんvs赤﨑千夏さんでしたが、お題が「授業に遅れた時」
 これを中二病っぽく演じてください。
 というもの。
 このお題に対して、
 
上坂すみれさん
「教員!授業をやめろぉーっ!今はそれどころじゃないんだ!私は今、追われている…」

赤﨑千夏さん
「みんな!よくここまで持ちこたえてくれた!あとは私に任せろ!」

 と、迫真の演技。
 けど、これって中二病というか…。

 ショートコントなんだが

 てっきり一言しゃべって終わるかと思ったら、長々とやってくれるし、これは見てるこっちも恥ずかしい。
 罰ゲームを超えてるぞ、これ…。
 そんなコントに、福山さんも鋭くツッコミを入れて、コーナーはすすんでいきました。

 いろんなお題に挑戦してくれてましたが、個人的にツボったのは、浅倉杏美さんがやった「急にお腹が痛くなった時」。
 これを、どう中二病で表現してくれるかと思ったら

「お腹がラプソディを奏でている!」

 僕は、これが一番好きでしたねw
 途中から浅倉さんも吹き出して、キャラ崩壊してたし。

 ほぼ勢いだけのコーナーでしたが、福山さんの進行もうまく、場内からは爆笑の連続。
 そのおかげか、第一話上映直後の重かった空気も、すっかり軽くなりました。
 おー、いい感じに会場内も温まったじゃないですか。

 と思った矢先に、ここでサプライズ!
 
 第一話だけでなく、第二話も上映すると発表されたのです!

 これには場内もヒートアップしました。
 
中二恋

 場内の空気もよくなったこともあり、第二話では笑いも出て、いい感じでした。
 第二話からキャラも増えて、ラブコメ色が濃くなるし、戦闘シーンもあるので、伝わり易かった~というのもあるかもしれません。
 
 え?戦闘シーン?

 と疑問をもたれるかもしれませんが、えぇ、戦闘シーンです。
 これは、第二話の放送を楽しみにしていただくしかないですね。
 京アニの本気が見られました。
 このシーンで、ヒロインが発した「爆ぜろリアル!!」というセリフも名言だと思ってますw

 上映後は、場内からも拍手がおきてました。
 あー、これこれ。
 先行上映って、こういう雰囲気だよね。
 よかったー。
 これで、また無言だったら、スタッフさん死んでたかもしれなかったよ。

監督も交えてトーク

 二話上映後は、監督の石原立也さんも交えて軽くトーク。
 その時、気になる発言が。
 この日に上映された話に入ってたオープニングは、オンエア時とは違うものだそうです。




 ↑このPV。
 こちらがオープニングとして流れたんですけど、実際は別の歌が入るとか。
 確かに、オープニングというよりエンディングという雰囲気でしたしね。
 すでに二話までは知ってますが、これはオンエア版もチェックしなければ。
 
 ん?
 てことは、エンディングもオンエア時は変わるのかな?

 この先行上映では、浴衣姿のディフォルメされたヒロインが、東京音頭みたいなのを踊ってました。
 曲といい、映像といい、いかにもニコニコ動画で踊ってください~というノリでしたので、こりゃ放送時は荒れるぞー。
 と思ってましたが、違うのかな。

 それに、エンディング曲はメインヒロインの4人が歌いますー。
 という発表もあったんですよ。
 ユニット名は「Black Raison d’etre(ブラックレーゾンデートル)」という、BlackとRaisonはすでに国が違うだろ、という突っ込み待ちな名前。
 そして、タイトルは「INSIDE IDENTITY」
 まさか、このタイトルで東京音頭?
 それはそれで爆笑だけど、さすがに違うと思いたい。

闇の炎に抱かれて聴け

 あ、あと、この4人でラジオも開始されるという発表もありました。
 タイトルは「闇の炎に抱かれて聴け
 ラジオをやると聞いて、パーソナリティーは誰かなーと思ってましたが、まさか全員とは…。
 さらに、ニコニコ生放送もやるかも~と匂わせていたので、いろいろ企画は進んでいるみたいですね。
 さてさて、どうなることやら。

クリアファイル

 そんな発表もあったところで、イベントも終了しました。
 まさかの二話までの上映でしたので、2時間くらいのボリュームあるイベントでした。
 カメラも入ってましたので、今回の模様は、後日発売されるであろうBD&DVD特典として収録されるかもしれないですね。
 本人たちにとっては、あんな中二病コーナーを体当たりで演じたので、封印したい過去になるかもしれませんが(汗

 イベントを終えた後は、いただいたクリアファイルを手に、ホテルへと戻りました。
 うん、やっぱり宿泊先を確保しておいてよかった。
 この時間じゃ、帰れるか微妙でしたし。
 
 そんな感じに「中二病でも恋がしたい!」をニ話まで見てきたわけですが…。
 ここらで、僕個人の感想でも。
 んーと。
 中二病がテーマですけど、目新しい部分もないなーというのが正直なところ…かな。
 主人公がハーレム状態、父親は単身赴任でいない、可愛い妹がいる、ヒロインが近所に住んでる、学園の人気女子と仲良くなる~といった、いつものテンプレ。
 絵は可愛いし、キャラもぐりぐり動いてくれるけど、本筋がスカスカな印象。
 後半にはシリアスな展開もありますよ~と監督は話してくれてましたが、それもテンプレじゃないですか。
 この設定で、このキャラなら、おおよその展開は読めます。
 聞いた話では、二話の時点で原作とはぜんぜん違う展開になってるらしいので、このテンプレがフェイクだったら、それはそれで面白いと思いますけど…。
 どうなるかな。
 こういったイベントに参加したわけですし、僕は最後まで見たいとは思いますけど、人によっては一話の途中で消しちゃうかも。
 会場内が、無言でつつまれたみたいにね(汗

 んー、まぁ、ともかく!
 面白いか、つまんないか~なんてのは、結局は受け取った側の感性です。
 どんなデキかは、10月からの放送で確認してみてください。

 
 以上、「中二病でも恋がしたい!」先行上映会レポートでした。
 闇の炎に抱かれて消えろっ!
    20:24  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
『Flow of time』
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop