FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2011.12.23[金] アニマス第25話(最終話)感想

またね

 またね!

 七夕から始まり、クリスマスで終わった、アニメ「アイドルマスター」。
 この半年間の放送を締めくくる言葉は、「またね!」でした。

 またね。
 実にアイマスらしい言葉だと思います。
 このアイマス「らしさ」を、アニメで表現してもらえた。
 それだけでも、アニメ化の価値は十分にあったと感じる半年でした。

いつまでも

 アニマスに関しては、一話の放送が始まった頃、
「横の広がりができればいい」
 そんな風に考えていました。

 アイドルマスターは、アーケード稼働から数えて7年近くにもなる長いコンテンツ。
 アーケードからのファンもいれば、360版からのファン、PSP版からのファン、DS版からのファン。
 そして、アニメから入った新規ファンと、入口も様々。
 アイマスというカテゴリーには入ってますが、ユーザーごとに差を感じる…。
 そんな、縦に長いコンテンツという印象がありました。

 そこに、今回のアニメ化の話が登場。
 期待したのは、この縦長のコンテンツに、ガッシリとした土台を作ること。
 全てのアイマスファンに、同じ内容を共有してもらう。
 この"横の広がり"を願ってたわけです。
 
いつまでも、どこまでも

 もちろん不安もありました。
 このアニメが公式からの「答え」になるのは明白で、内容にブレがあったら、そのまま土台となってしまうのです。
 不安定な土台に、何をのせてもグラつくだけ。
 7年続くアイマスという歴史を、たった半年で表現する。
 これを「怖い」と感じていた時もありました。

輝くステージ

 では、最終話をむかえて、今、感じてる気持ちは何か。
 それは、「ありがとう」です。

部屋に光が

 おもしろい、つまらない等、視聴者ごとの感想はあると思います。
 けど、少なくとも、僕自身はとても充実した半年をすごせました。

最終話のパジャマパーティーより

 それは、出演者の方々にとっても同じだったことでしょう。
 アイドルマスターを支え、誰よりも愛してくれる出演者が、最終話を見ながら感極まる。
 この姿を見れただけでも、どれだけアニマスが期待に応えてくれたのか解ります。

876プロも765に続け!

 また、"土台作り"という部分でみても、十分、アニメ化の恩恵はあったと思います。
 そして、これだけ集大成ともいえる内容にしてくれて、最後は「またね!」といいながら終わった贅沢さ。
 アニメ「は」終わったけど、どんどん次の展開がまってますから、これからもよろしくお願いします。
 そういってくれてるのです。




 その証拠に、放送後にこんな速報が入ってくれました!

765プロオールスター

 毎年開催されているアイマスのライブ。
 ついに7回目となる、7th ANNIVERSARYの開催が決定!!

横アリですよ、横アリ

 場所は、なんと横浜アリーナ。
 そして、6月23~24日の2days!
 5thの幕張を超える、アイマス史上最大規模のライブがやってくるのです。
 
みんなといっしょに!

 出演者も、765プロオールスター!
 そうです。
 釘宮理恵さんや、たかはし智秋さんや、滝田樹里さんもいます。
 みんなといっしょに!
 その名に偽りなし!

5巻に優先チケット

 チケット販売は3月下旬から。
 それに先駆けて、2月に発売予定のアニマス5巻にて、イベントチケットの先行優先販売受付を行うそうな。

5つほどポチった

 それを聞いた瞬間、BD5巻をポチりました。
 
 5本ほど。

 5巻に関しては、G4U版も買うから、これで計6本に。
 抽選とはいえ、さすがにどれかは当たるだろう。
 これだけ素晴らしいアニメを作ってくれたのです。
 このくらいの感謝は、むしろさせてください。

 それにしても、ついに横浜アリーナか…。
 アニメの最後が「またね!」なのも納得。
 あんな贅沢に作られたアニメですら、通過点。
 まだ2011年だというのに、早くも2012年の予定がアイマスで埋まっていきます。
 ほんと、飽きさせてくれない作品ですね。
 アニメというがっちりとした土台ができあがった今、横アリくらいの箱を用意することは、むしろ自然な流れなのかもしれません。

過去最大規模

 そして、こんなに大きな箱を2日間おさえて、かつ、出演者を全員集合させた。
 こんなの思いつきで実現できるレベルではありません。
 つまり…。
 このライブは、ずいぶんと前から計画されてたということ。
 それこそ、アニメが放送される前から。
 スタッフは、アニメによってファンが増えることを見越していたということでもあります。
 これってすごいことですよね。
 スタッフもまた、アニメの完成度を信じて疑わなかったわけですから。

どこまでも

 正直、まだアニマスが最終話をむかえた実感がわいていません。
 けど、それでいいのかもしれませんね。
 アニメは、数多くあるアイマスのコンテンツのひとつ。
 現在、発売されているアニマスBD&DVDも、2012年6月まで続きます。
 そして、6月には過去最大規模のライブ。
 
 つまり…。
 
 次の"展開"を発表するのに、タイミングがピッタリです。
 はたしてどんな速報が飛び出すのか。
 それを想像するだけでも楽しみです。
 勢いのあるアイマスにふり落とされないよう、これからもがっつりと追いかけていきたいですね。

 
 と、改めて決意したところで、そろそろ今日のブログもこの辺で。
 以上、アニマス最終話「みんなと、いっしょに!」と、アニマス全話を通しての感想でした。
 では、最後にこの言葉を叫んで閉めたいと思います。


 アイマス最高ーッ!!
    23:05  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
『Gene of the earth』
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop