FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2011.05.12[木] イケニエノヨルとは何だったのか

イケニエノヨル…

 部屋を片付けてたら、こんなゲームを発見。
 あー。
 あー。
 あった、ね。

 Wiiで発売されたホラーゲーム「イケニエノヨル」。
 
 3月にブログでふれた時は、電池が手に入らなくて起動すらできなかったけど…。
 後日、電池を購入し、友人が遊びにきた時に巻き込んでプレイしたことを忘れてました。

誤ゆりしー

友人「これ、ゆりしーですか?」
ホッパー「違ぇよwww」

 初回版についてくる、お守りだよ!
 そんな感じに、開幕から笑わせてくれたホラーゲーム。
 もう、随分と昔な気がします。

タイトル…

 せっかくですので、今日のブログでは、このイケニエノヨルの感想を書きたいと思います。
 一ヶ月前にクリアーしたゲームを、今更ふれるとは思わなかったな…。
 まぁ、いいや。
 ちなみに、週間ランキングにすら入らなかった、売上1000本以下のゲームです。
 この作品の感想が読めるのは、たいへん貴重かもしれません。
 僕も、しっかり考えて書かせていただきますよ!


 まず、この作品を一言でいうと。 



イエローピンチ

 クソゲーです

 いやー、すげぇ考えた。

一行wwww

 だってねぇ…。
 肝心のストーリーが、↑これですよ。

 『突然 井戸に落ちてしまいます』
 
 え!?
 それだけ!?
 ストーリーは、こんな感じに文章が入るだけ。
 待て待て待て。
 こういうのを映像で見せてくれるのが、ゲームの醍醐味じゃないのかよww
 ツイッターのつぶやきかよ!
 井戸落下なう。

シナリオはひとつ5分で終わります

 シナリオは、こんな感じにエリアをひとつひとつクリアーしていく流れ。
 けど…。

 ひとつ5分以下で終わります。

 DVDの特典映像かよ!
 30分アニメを期待して再生したら、アバンで終わった気分だよ!
 ちなみに、最短は30秒で終わりました。

短ぇ…

 恐怖の演出については…。
 なんだろ…。
 文化祭のお化け屋敷?
 狭いし、短いし、安い。
 何が一番ダメかって、怖くないところ。
 一生懸命、ホラーをやってくれるんだけど、なんか「あーがんばったね」という同情しか出てこない…。

 歩いてたら、突然、棚から花瓶が落下して「バリーン!」

( ´_ゝ`)ふーん

 完全に、中学生の文化祭レベル。
 
攻撃は即死

 そんな安いお化け屋敷に出てくる幽霊。
 触れたら即死です。
 なんか画面に「あなたは呪われました」というツイートが出てきて終わります。
 別に、すぐにリトライできるからいいけど、敵の種類なんて2タイプくらいしかいないので、飽きの早さといったら…。
 狭いところをFPS視点で歩かせるから、壁にひっかかる→捕まる→リトライなんて当たり前。
 この無限ループは、確かに呪いだったよ。

Bボタンで歩く…?

 おまけにこのゲーム。
 移動がボタンなんですよ

 ↑の丸印でかこったBボタン。
 これを押すと歩くんです。
 走る時は連打。
 こんな押しにくいボタンを連打だと?
 
 基本、倒せない幽霊から逃げまくるだけですので、ずーっと連打。
 んで、壁にひっかかる→捕まる→リトライ。
 わーい。

2p協力

 唯一、画期的だと思ったのが、2P側も操作できるところ。
 2Pは、幽霊の動きを止めるといったサポートができるのだ!

 が!
 
 このサポート攻撃の関係で、せっかく扉の向こうで怖がらせようと幽霊が待機してても、2P側には振動で伝わるので、超ネタバレ。
 
ホッパー「ん、この部屋は誰もいないのか」
友人「あ、あの角にいますよ」
ホッパー「え?解るの?」
友人「ついでに、動きを止めておきました」

 完全にチート。
 救済処置のつもり…なのか?
 
2P協力プレイ可能

 さらに、2P側は、↑こんな画像を表示させて1P側を驚かすことができるのだ!

 誰得だよ!!!

 邪魔すぎんだろ。
 けど、このゲームやってて、一番ビビったのがこれだよ!
 悔しい…でもクリムゾン。

最終話は2回やること

 そんな困難を乗り越えてクリアーしたイケニエノヨル。
 なんと、プレイ時間は4時間ほど。
 
 ガチで短ぇーっ!!
 
ラスボス戦

 ラスボス戦とか、さんざん盛り上げておいて、ひたすらBボタンを連打するだけの簡単なお仕事だったし。
 しかも5分くらい連打すんの。
 いやだから、Bボタンは連打しずらいとあれほど…。

感動のエンディング

 そんなラスボス戦を終えて、エンディングへ。
 「もうこのゲームをプレイしなくていいんだー」と思うと、感動でした。

 が!

 その感動もスタッフロールで軽く壊されました…。

 なんと…

スタッフロールも連打

 スタッフロールでもBボタン連打させるのです

 
 どんだけBボタン好きなんだよ!
 BボタンのHPはとっくにゼロだよ!
 もうやめてあげてよぉ!
 
 まさか、スタッフロールも移動しないと終わらないとは…な。
 いいオチでしたよ。
 2011年クソゲー大賞にノミネートしたいくらいの、立派な作品でした。
 にしても、こんな中途半端な時期に出てきたホラーゲームだから…。 
 もう少し他メーカーを反面教師にした、素敵なホラーゲームだと期待したんだけどなー。
 マーベラスェ…。

 まぁ、そんな感じのイケニエノヨル。
 怖くはなかったけど…

 Wii自体がホラー

 ということを改めて実感できた。
 それだけでも意味はあったと思いたい。
 そういうことにしておきます。


 以上、イケニエノヨル感想レポでした。
 感想というより、完全にグチでしたが…。
 今度、誰かの家にそっと置いて帰るか。
 それが、この作品の一番正しい使い方のような気がしてきたよ。
 ゲームジャンルが「呪いのゲーム」だしね。
 間違ってはないハズ。
    23:15  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
ミンゴス20thシングル
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop