FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2010.11.20[土] ブラックオプス感想

360版のブラックオプス

 先日購入した「コール オブ デューティ ブラックオプス」。
 一人用のキャンペーンモードをクリアーしたので、軽く感想でも書いてみます。
 
ケネディ大統領も登場

 今回はベトナム戦争がおこなわれていた、1960年代のお話。
 ケネディ大統領が登場したりと、時代を感じさせてくれます。

 主人公は、アレックス・メイソンというCIAの工作員。
 彼が何者かに捕まり、拷問をうけるシーンからスタート。
 記憶が混乱しているため、質問を受けながら順番に思い出していきます。
 その思い出した回想シーンが、各ステージになっている流れ。

戦場の雰囲気がすごい

 グラフィックは相変わらずハイクオリティ。
 戦場の空気感がすごいです。

NPCも健在

 味方と一緒に任務をこなしていく展開も、いつも通り。
 吹き替えオンリーだった前作のMW2と違い、今回は字幕なので臨場感もバッチリ。
 アホな誤訳も無かったですしw

ベトナム特有の湿地帯

 冷戦中ともあって、ベトナムでの戦闘もあり。
 川を泳ぎながら移動するという、これまでには無かったアクションもありました。

九龍城ステージ

 さらに、九龍城ステージがあったりと、舞台も変化にとんだものが多く、これまでの作品との差別化をしっかり考えてありました。
 けど、やってて思ったんですが…。
 どのステージも短めな印象。

乗り物はいろいろ

 いろんなステージが展開されたり、いろんな乗り物を操縦するなど、飽きがこない工夫はありましたが、全体的にボリューム不足は感じました。
 まぁ、コールオブデューティーのメインはマルチですので、一人用はこのくらいでもいいのかも。
 あ、けど、ストーリーは好みでしたね。
 いつもこのシリーズはストーリーが難解なんですが、今回はわかりやすかったですし。
 
 っと、ここから先はストーリーの核心にせまる話になりそうなので、「more…」の中に隠しておくとします。
 ネタバレしても平気な方は、クリックしてみてください。
 では、ブログの方はここで一旦締めるとします。
 それでは~。
 はい、ここから先はネタバレ全開でいきます。

 まず、今回のストーリー。 

ヴィクトル・レズノフ

 主人公メイソンの戦友である「ヴィクトル・レズノフ」。
 以前の作品「ワールド・アット・ウォー」でも登場した人物ですが、彼が重要なキーとなります。

レズノフはキー

 捕虜にされた時、彼と一緒に脱出。
 固い友情で結ばれ、さまざまな戦場でメイソンを導いてくれます。

衝撃の事実

 しかし、それはメイソンの作り出した幻。
 実際、レズノフは5年前に死亡していたのです。

その幻想を(以下略

 では、どうしてメイソンはそんな幻を見たのか?

ケネディ暗殺という洗脳

 実は、メイソンは敵に洗脳され、ケネディ大統領暗殺を実行するようコントロールされていたのです。

レズノフとの友情が洗脳に打ち勝つ

 けど、それを止めたのが、レズノフとの友情。
 「洗脳した連中を許すな!」
 「連中に死を!」
 その強い想いが、メイソンの洗脳を不完全なものにしたのです。
 レズノフの幻を見たのは、そのため。

ドラゴヴィッチの最期

 最後は洗脳がとけ、敵の居場所を思い出したメイソン。
 実は、メイソンを尋問をしていたのはCIAの情報員。
 敵に洗脳を受けていたのなら、敵の居場所を知っているハズだと、記憶を探り出してたわけです。
 そして、ついにレズノフの想いを受け継ぎ、独裁者に死をくれてやったのです。

感動のエンディング

 犠牲は多かったですが、こうしてアメリカは救われました、と。
 
おや…この映像は…

 けど、最後のエンディングで流れたこの映像。
 有名な、ケネディ暗殺のシーンですね。
 今でも謎につつまれている、この事件。
 誰が殺害したのかも不明です。
 しかし…。
 たくさんの群衆の中に、メイソンの姿が見えたところで物語は終わります。

 メイソンは大統領暗殺の洗脳をうけていた。
 洗脳はとけたハズだけど、もしかしたら…。

 そんな歴史的な部分とからめた意味深な終わり方。
 これも含めて、今回のストーリーは好きでしたね。
 賛否が出そうな話ではありますけど。

 あ、賛否といえば、これかな。

大統領はりきりすぎw

 本編が終わった後、いきなりこれがスタートするんですよ。

ゾンビモード

 ゾンビモード

 その名の通り、迫り来るゾンビを撃ち殺してスコアを競うモード。
 完全なおまけモードですけど、なんで本編が終わった後にそのままスタートしちゃうかなー。
 思わず、本編の後日談かと思って、マジマジと見ちゃったじゃないか!
 ブラックオプスって、こういうゲームじゃねぇーから!
 
 ここは萎えました…。
 いい話だっただけに、すっきり終わらせてほしかったですよ。
 洋ゲーらしいオチ…なのかな。

 
 そんな、ブラックオプス。
 コールオブデューティーは人気作品ですので、今後も作られていくとは思いますが、今回のブラックオプスが世間でどう評価されたかによって、次の展開も変わりそうですね。
 始めて冷戦をテーマにしたわけですが、どうかなー。
 どうであれ、次回作も期待したいところです。
 たまには、こういう”濃い”作品もほしくなりますからね。
 
 以上、ブラックオプスの感想でした。
    21:32  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
『Flow of time』
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop