FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2010.07.21[水] 16話いっくよー

うぉぉおおおおお!

うぉおおおおおおお!!!!

15話「先輩!」

神回!!

 
 けいおん!!16話「先輩!」。
 いや、ほんとガチで良かったなー。
 
マラソン大会なんて無かったんや

 先週のマラソン大会が、みなさんの記憶から綺麗に洗い流されるくらいのデキでした。
 ありがとう!
 
 そんな16話を振り返りつつ、感想を書きたいと思います。

あずむぎ

 梓視点で各キャラと順番にからむ構成でしたので、基本的に繰り返しの描写が多くなるんですが…。

あずみお

 その繰り返しを、逆に心地良いと思わせるくらいテンポが絶妙でしたね。

あずりつ

 律ちゃんのお宅訪問も、ヘタに描くとけいおん!!の基本設定を壊す要因になりかねないけど、そんな心配も無用でした。
 あと、個人的には、堀コタツだったのが親近感わきました。
 ウチの実家と同じですのでw

ゆず

 そして、最後に唯をもってくるあたりも、解ってらっしゃる。

この足の動作で梓の気持ち全てを表現してるのがすごい

 第一期の「冬の日!」でもそうだったんですが、唯が意識してなくても、唯の行動や発言が、軽音部の結束につながっているんですよね。
 この温かさこそ、けいおんの魅力。
 いいですね、やっぱり。

鏡に貼られたシール

 この「唯が意識してなくても~」という部分を、丁寧に描いてたと感じたのが、このシール。

なかのあずにゃん

 鏡にはられたシールを見て呆れる梓でしたが、これがなければ、落としたキーホルダーが戻ってくることは無かったかもしれません。
 別に唯は、落としたことを考えてシールをはったわけではないでしょう。
 もちろん、いたずらのつもりでもない。
 むしろ、何も考えてなかったはずですw
 けど、そんな無意識の行動が、こういうところで生きてくる。
 唯がもたらす、軽音部の絆。
 これが、唯の強さですよね。

 こういう序盤のちょっとしたシーンが、伏線となって後半につながってくるのは、見てて気持ちいいです。
 構成がほんとに上手でした。

最初は誰もいない軽音部

 梓が扉を開ける時も、冒頭部分と…

最後はみんなが待ってる

 後半部分と、同じアングルですけど、最後はみんなが待っててくれてる。

いい笑顔

 あー、いいなーこれ。

猫耳…?

 オチもばっちり決まったし、最後まで安心して見ることができた15話でした。

村元克彦さんGJ

 今回の脚本は、村元克彦さん。
 第4話「修学旅行」や、第8話「進路」などを担当された方ですね。
 ”けいおんぶ”と書かれたキーホルダーを、うまく作品内で活かしていたのも、村元克彦さんだからこそ。
 素晴らしいシナリオでした!
 
 
 そんな、あずにゃん総受けだった16話ですけど、ただ和ませるだけじゃない。

3年生は卒業モード

 学園祭が終われば、一気に卒業が近付いてきます。

先輩と後輩
 
 文化部はまだまだ忙しいでしょうけど、運動部の方は、そろそろ3年生は引退ムード。
 こういった、別れを感じさせるシーンを、重くなりすぎない程度に入れてきたのもよかったです。

いつまでも5人で

 学園祭→卒業式と、大きな山場が見えてきたけいおん!!
 今後の展開も楽しみです。

なん…だと

 …と、その前に、ひと波乱ありそうな予感。

部室がないだと!?

 とうとう追い出されたかw
 学園祭前に、何かトラブルでも舞い込んで来るかと思いましたが、そう来たか。
 16話が素晴らしかっただけに、17話は若干不安ではありますが…。
 期待したいと思います。


 はい、というわけで、16話「先輩!」の感想でした。
 …って、随分と長く書いてしまいましたね。
 やべっ!
 コンボを撮る時間がぜんぜん無い。
 すっかり、けいおんフィーバー中ですけど、ちゃんとアルカナ3は毎日起動してますので、今日もブログが終わったら、すぐに始めよう。

リリカ研究なう

 昨日も、リリカのコンボ研究中に…

そしたら、途中からエルザへ

 何故かエルザのコンボを思いついたりと、頭がいい感じで回転してますので、このペースは途切れさせたくない。
 眠いけど、気合い入れてがんばろう。
 けいおんも神回だったんだ。
 僕も負けてはいられない!
 
 それでは、そろそろ研究に入りますので、今日はここまで。
 けいおん、大好きー!

 では。
    23:47  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
『Flow of time』
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop