FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2010.07.20[火] 忍者と巫女のコンボ

 土曜→日曜→月曜と三連休でしたので、休み明けの仕事はなかなかヘビーでした。
 連休中はクーラーのきいた部屋でだらけてたので、その反動も大きかったです。
 気温も高くて、かなり疲れました…。

 けど、帰宅してアイマス見てたら、疲れも消えました。
 
 いや、本当に。
 アイマスって、本当にヒーリング効果があるんじゃないのか?
 国家レベルで研究した方がいいよ。
 その前に、僕の脳を調べた方が良さそうだけど。
 もう手遅れ?
 そうか、すまなんだ。

 
 そんな感じに、いつも通りな近況ですが、コンボ撮りは順調です。
 昨日もちゃんと収録はしてましたし。
 というわけで、今日のブログでは、コンボの紹介をしていきたいと思います。
 キャラは、このはと舞織。
 
 では、スタート!

このは 時
「このは:時」
離縛の意発射→このは隠れの術・地(A)→離縛の意ヒット→B→離縛の意ヒット→疾風突き(A)→滝登り(A)→無量光の意→土遁の術→派生B→転がり→疾風突き(C)→(6ホーミング)→滝登り(A)→無量光の意→(EF)→4A・6B→JE・JB→2段JE→むささびの術→JE→飯綱落としの術

 これまでのコンボで使ってなかった技を、いろいろ詰め込みました。
 まず、離縛の意を発動してからコンボ開始。
 ここから、このは隠れの術・地(A)を出すと、一瞬、相手キャラの向きが変わるので、離縛の意が背中側でヒット。
 こちら側にのけぞってきます。
 そこから、疾風突きをくらわせてから滝登り(A)へ。
 発生が3フレと早いため、つながってくれます。
 無量光の意で動きを止めたら、土遁の術から派生Bへ。
 隼蹴りと同じ効果がありますので、相手はバウンドします。
 そこに疾風突き(C)をくらわせ、6ホーミングで追尾。
 再び、滝登りから無量光の意をあてますが、ここは無量光の意が背中でヒットするという変わった当て方をしてます。
 デカキャラ限定の魅せ技です。
 エクステンドで硬直を消したら、相手が動き出す前にエリアル。
 JE→むささびの術→JEと、細かい魅せ技をいれつつ、最後は飯綱落としの術でキャッチしました。
  
このは 氷
「このは:氷」
(相手プロクレーシス発動)→C→2段JB・JC→C→2段JB・JC→B・下C→(EF)→(6ホーミング)→A・B・6B→JA・JB・JC・JE・JC→このはすぺしゃる→下C

 相手に磁EFを使ってもらい、ヒットバックを抑えてもらいます。
 この状態でコンボスタート。
 立ちCをジャンプキャンセルし、そこからさらに2段ジャンプ。
 このはは2段ジャンプの上昇が低いので、通常ジャンプよりも低く飛ぶことができます。
 この即2段のテクニックを使えば、立ちC→JBが連続ヒット。
 ループできます。
 ある程度ループしたら、下Cで浮かせてエクステンド。
 氷の凍結のおかげで、補正がかかった状態でも、JC→このはすぺしゃるがつながってくれます。
 なお、このはすぺしゃるはエクステンド版。
 知らない人も多いと思いますが、エクステンド版だと、終わった後にダウン追い討ちが間に合います。
 最後は下Cで駄目押しの追撃。
 ちょっとした豆知識ですね。

 
 このはのコンボは、ここまで。
 撮ったコンボは合計7個。
 ノルマは達成ですね。
 このははここまで!
 
 続けて、舞織のコンボに挑みました。

舞織なし
「舞織:なし」
JE→B・C→桜花の舞(C)→(Nホーミング)→雪花の舞→月花の舞→雪月花の舞→空中ダッシュJC→雪花の舞→月花の舞→雪月花の舞→桜花の舞(A)→雷神落とし

 まずは、キャサリン限定のコンボから。
 JEから立ちBが入ったり、雪月花の舞から、もう一度、雪月花の舞が入ったりと、独自のつなぎが作れます。
 贅沢なコンボかも。

舞織なし
「舞織:なし」
JB→C→(EF)→{3A・6A}×n→B→桜花の舞(C)→(Nホーミング)→空中 破魔の獅子吼

 こちらも、キャサリン限定。
 というか永久。
 前もキャサリン限定の永久を撮ったし、舞織ってキャサリンと相性がいいですね。
 キャサリンファンの方には申し訳ないですけど(汗
 どうして永久になるかというと、まずエクステンド中は、3A→6A→3A~というチェーンができます。
 そして、6A、3A、どちらも飛び道具判定ですので、ヒットバックがかかりません。
 さらに、キャサリンは近距離でも6Aがヒットします。
 極めつけは、3A→6Aと、キャンセルしながらループするため、エクステンド効果が無くなりません。
 以上の条件が重なったことで、永久が完成しました。
 200ヒットくらいループしたところで、桜花の舞で浮かせて、最後は空中 破魔の獅子吼へ。
 ちょうど即死するようダメージ調整してたので、ぴったり死にました。
 「怒るでしかし!」

舞織 光
「舞織:光」
6C(2発目)→B→雪花の舞(C)→(3ホーミング)→JA→C→(コマヒット)→空中ダッシュJB→桜花の舞(A)→(6ホーミング)→破魔の獅子吼→A・B→(EF)→桜花の舞(A)→ディヴァインブレス→桜花の舞(A)→雷神落とし

 見所は3つ。
 雪花の舞(C)で設置したコマが、立ちCで叩き付けた時にヒット。
 その間に空中ダッシュしてJBにつなぎました。
 次の見所は、破魔の獅子吼。
 画面端で決めると、壁に叩きつける前に立ちAで拾えます。
 最後の見所は、桜花の舞からの光AB。
 補正がかかった状態でも、確定でヒットします。
 光ABは完全ダウン技なので、落下してきたところを桜花の舞で拾って、最後は雷神落としで叩きつけました。

舞織 魔
「舞織:魔」
(リーゼ人形放つ)→下E最大タメ→(EF)→飛計路翔け(正面A)→雷神落とし(C)→桜花の舞(B)→破魔の獅子吼→(相打ち)→ミルワール→B→桜花の舞(A)→破魔の獅子吼

 雷神落としは、最終弾があたると、相手は浮きます。
 ただ、空中の相手にあてた場合、ダウン追い討ちになってしまい、浮かすことはできません。
 そこで一工夫。
 姉ヒット中に、妹をあてることで、相手の落下をいったん止めます。
 これにより、姉が相手を追い越し、浮かせ部分の衝撃波がヒット。
 叩きつけられてた相手が浮き上がるので、すかさず桜花の舞でキャッチしました。
 そこから、今度は破魔の獅子吼へ。
 姉大忙し。
 本来ならここでコンボ終了ですが、リーゼの人形をくらって相打ちすることで硬直が軽減。
 壁に叩きつけられる前にミルワールが間に合います。
 最後は、飛んできた相手を桜花の舞で掴み、改めて破魔の獅子吼で閉めました。
 
舞織 聖
「舞織:聖」
雅楽備え×2→雪花の舞→月花の舞(C)→JA→A・(コマヒット)・E最大タメ→ホーリーボイス→A→街風駆け→ホーリーソング→A・C→(EF)→A・B・E→ゴスペル

 新技である「雅楽備え」を使ったコンボです。
 まず、雅楽備えを2回発動し、妹を待機させます。
 舞織はそこから、離れたところへ移動してからコンボスタート。
 立ちEでふっとばす→妹のホーリーボイスで返ってくる→街風駆けでふっとばす→妹のホーリーソングで返ってくる、という流れを作りました。 
 画面内を、相手が右へ左へ行ったりきたりするのは、なかなか爽快。
 最後は、聖ABで吹き飛ばしました。
 なお、聖ABは、最終弾だけ発生が遅いのか、ラスト1発だけヒット数が赤くなりました…。
 しょうがないので、相手にボタン連打してもらい受身をとってもらうことに。
 かっこいいコンボなのに、最後がビシっと締まらなくて残念無念。
 
 とはいえ、この聖舞織は個人的にかなりお気に入り。
 3の舞織らしさは出てると思いますし。

まるで新技

 このシーンとか、写真だけで見ると、まるで新技w
 舞織と姉が、同時に飛び道具を撃ってるみたいで、なんだか新鮮な光景。
 こういう見た目の面白さも含めて、お気に入りです。

 
 そんな舞織は、今回5個追加したことで、コンボ総数は計9個に。
 おー、さすが舞織。
 他のキャラより、コンボが多いです。
 3になってコンボに対する制限が大きくなりましたが、その中でもこれだけ健闘してくれるんですから、才能に恵まれてますね。
 ほんと、いい娘です。
 もっと、いろいろ研究したいところですが、時間もないので、舞織はここでいったん終了。 
 お疲れ様でした。

 
 さてさて。
 このは、舞織と続けて終わらせたので、残りは15キャラ。
 まだまだ先は長いので、テンポよく進めていきたいです。
 次はリリカかなー。
 頭をリセットして、またひとつずつコンボを考えていきたいと思います。

 それでは、今日はここまで。
 また明日。
    23:32  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
『Flow of time』
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop