FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2009.04.20[月] SONY SB-RX300D

 先週末に、ウチのキャプチャー環境をさらにパワーアップさせました。

SB-RX300D
 購入してきたのは、こちら。
 ソニーのSB-RX300Dです。
 どういうものかというと、D端子対応のAVセレクター。
 簡単に言うと、映像の分配器です。
 ひとつの映像を、ふたつに分ける機器ですね。

セッティング
 さっそくセッティング。
 電源が必要になりますが、本体自体は軽いですし、大きさもそんなに気にならないです。

背面
 背面の写真。
 入力端子は4つまで付けることができ、出力は3つまで対応してます。
 ウチでは、入力をX-BOX360、PSP、Wiiの3つ。
 そして、出力をテレビとパソコンの2つに行くように配線。
 これで、テレビでゲームをプレイしながら、パソコンの方ではリアルタイムでのキャプチャーが可能になりました!

 なんでまた、こんな大掛かりな配線をほどこしたといいますと…。
 キャプチャーボードでゲーム画面を映しても、どうしても遅延が出てしまうため、プレイ動画などを撮るには無理があります。
 コマンドを入力しても、画面のキャラは0.5秒くらい遅れて反応しますからね。
 その状態でプレイしろって、どんなやり込みだよ。
 そこで、こうした分配器が必要になるわけです。
 パソコン側でどれだけ遅延しようが、こっちはテレビ側でプレイしてるから問題なし。
 アクションゲームも、格ゲーも、どんと来いです。

 ただ、そうなってくると、分配したことによって映像の劣化が出ないかどうか…。
 それが心配です。
 元々、ひとつだった映像が、テレビとパソコンに分けられるわけです。
 単純に考えれば、映像が荒くなってもしょうがないです。

 が!

 このソニーのSB-RX300Dの素晴らしいところは、映像の劣化がまったく起きないところ。
 世間でも高い評価を得ており、D端子対応の分配器は、これ一択!
 と、賞賛されるほどの一品。

テレビ側
 実際にテレビに映しながら…

パソコン側
 パソコン側でキャプチャーをさせてみましたところ…。

千早は分配しても美しい
 映像の劣化は見受けられませんでした。
 もちろん、少なからず劣化はしてるのでしょうけど…。
 目で区別できるレベルではないので、影響はないようです。
 さすがですね。
 
 よし!
 いい結果が得られて満足です。
 これで、スト4の対戦動画を撮ったり、L4Dのプレイ動画なんかも録画できる!
 身内と遊んだ時、自分のプレイを見てみたい、という場合もよくありますからね。
 活用できる用途も多そうです。
 SB-RX300Dよ!
 これから、よろしく! 
 

 てなところで、今日は分配器のご紹介でした。
 D端子キャプチャーの環境を考えてる方は、セットで覚えておくといいと思いますよ。
 それでは。
    21:55  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
『Flow of time』
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop