FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2018.11.13[火] シンデレラガールズ6thライブ メットライフドーム一日目の感想レポ

2018_1112cg13.jpg

 シンデレラガールズ6thライブinメラド

 昨日は考察を書きましたので、今日は純粋な感想です。
 純粋?
 まぁ、いい。
 さっそく行きます。

 場所は西武ドーム改め、メットライフドーム。
 10thライブ以来。
 あの時は暑さとの戦いだったけど、今度は寒さとの戦い…。
 と思ったけど、11月とは思えない気候。
 むしろ、熱中症になるかと思ったくらい快晴。
 前日物販の雨が嘘のようですよ。

2018_1016cg04.jpg

 最寄の駅もシンデレラモード。
 鉄道会社も応援してくれてるようでしたよ。

 ただし、アクセスの悪さは相変わらずだったけどな!

 実際、ウチから名古屋まで行く時間と大差ないし。
 本当に関東なのか、未だに信じがたい。

2018_1113cg06.jpg

 なんやかんやで現地到着。
 あー、この駅前の混沌具合。
 3年前を思いだす。
 
「とりあえず、フラスタを見に行きましょう」

 どっちの?

「お花がある方」

 ”フラワー”スタンドなのに、花がある方と言わないと通じないってどういうことだよ…。
 だいたいサイゲのせい。

2018_1016cg06.jpg

 1時間ほど並んでフラスタを撮影。
 おー、この小梅フラスタ素敵~。
 イラストはウゲツさんですね。
 
2018_1016cg05.jpg

 おおおおぉ!
 こっちはリトルポップス!
 キャラごとに色分けされてるし、どのフラスタも愛があふれて素晴らしい。
 これ以外にも楽屋花まであるんですから、すごいお花の数ですよ。
 相葉夕美もビックリ。

2018_1113cg05.jpg

 そんなフラスタを眺めてたらあっという間に入場時間。
 入口を抜けてからも遠いから、早めにいかな。
 
 ドーム内に入ると、さっそく見えてきた「ご飯がススム」の看板。
 これも懐かしいなー。
 また会えて嬉しいよ。
 
 そして、肝心のステージは花道をまっすぐ長く置いた構成。
 うん、シンプルですけどいい感じ。
 10thの時は演者が入口と出口を覚えるのが大変だったみたいだから、これも改善点かな。

 席は相変わらず狭いけど、あの真夏のドームよりはマシ。
 あの時は、この待機中もしんどかったからね。
 今回は名刺交換もまったりできたし。
 
 そして、開演前のBGMにもコールを入れる、いつもの流れ。
 なんだけど、Yes! Party Time!!でちゃんとウェーブが決まってたのは、みんなすげぇよ!
 開演前から一体感を味わえました。

2018_1113cg07.jpg

 カレーメシも含めてねw
 お面を用意したから被ってくださいって、俺は人間を辞めるの?
 もはや何が正解か解らん。

 と、そうこうしてたらなんか前の通路を、JUNGOさんと中川さんが歩いてるんだけどww
 遠目からでも解るくらいオーラあったわ。
 主要スタッフがやってきたということは、そろそろスタートですね。
 初となるシンデレラドーム公演。
 開演です!


 で!

 詳しいライブの内容は、こちらを参考にしてください↓

始球式とともに『シンデレラガールズ』初の単独ドームツアーが開幕!
『アイマス シンデレラガールズ』6thライブ メットライフドーム公演1日目リポート

https://www.famitsu.com/news/201811/10167390.html

 ファミ通さんがレポをあげてくれてますので、こちらをご参照。
 僕の方は、個人的に印象に残った部分をピックアップしてご紹介するとします。

 まず、こちらから。




「個別衣装」
 
 はい。
 まずはこれでしょう。
 4th以来の個別衣装。
 これは正直、予想してました。
 というのも、広いドーム会場で共通衣装だと、誰が誰だか解らないんですよ。
 5thのSSAがモロにそれだったので、6thは個別だと信じてました。
 
 かつて、僕がヒザから崩れ落ちたちょこたんの小梅衣装。
 また見られて眼福。
 今回は予想してたのもあって、崩れ落ちることはなかったです。
 ふふっ。
 僕も成長したのさ。
 まぁ、今日で死ぬところといえば、やっぱアンデッド・ダンスロックでしょ。
 それ以外なら平気。
 
 さぁ、なんでもこーい!






「ニャンと☆スペクタクル」
























2018_0623.gif

 
 ホッパー


 5曲目で





 散る





 なるほどなー。
 ひとつ学んだよ。

 猫ぱんちで人は殺せる

 そっかー。
 ちょこたん猫好きだもんなー。
 とうとう猫になっちゃったかー。
 ありがとう。
 いい猫ぱんちだったよ。
 あんな強力な猫ぱんちは、ミッキー・ロークかちょこたんかの二択だね。
 間違いない。
 くらった時、リアルに胸をおさえて崩れたからね。
 隣の友人も「被弾したwww」と爆笑してたし、醜態をさらしてすまんかった。
 ニャン。

2018_1113cg20.jpg

「桜の頃」

 ちょこたん関連で、もうひとつサプライズだったのが、桜の頃。
 これは嬉しかった!
 ちょこたん自身、和風の楽曲が好きだし、ラジオで「桜の頃を歌ってみたい」と話されていたんですよ。
 願いがかなってよかった。

 ニャンスペも仲のいい奈津姉さんと組ませた意図を感じるし、わりと演者さんのプライベートも考えてのセトリだったかもね。
 新人の藤本彩花さんも、同じ事務所の先輩である大坪由佳さんと組ませてるし。
 こういった配慮はあったと思います。

2018_1113cg21.jpg

「クレイジークレイジー」

 個人的に現地ならではの空気感を味わえたのが、こちら。
 SS3Aの時はライティングが独特で、あれはあれで曲の世界観を表現してましたが、代わりに演者の表情が見辛かったんですよ。
 今回は表情ばっちり!
 あっさむ、あんな悲しげな表情で歌っていたんですね。
 そして、不規則で不思議な配色のライトも見所。
 天井に広がっていた緑の幾何学模様も含めて、とにかく光がドーム全体を包み込んでいたんですよ。
 これはきっとライブビューイングでは伝わらないであろう、現地ならではの醍醐味。
 歌詞の通り、おかしくなりましたよ。
 あ、前からか。




「姫川友紀」

 始球式→気持ちいいよね 一等賞!→Dear My Dreamersと来れば、もう本日のMVPはゆっきーでしょう。
 優遇されすぎ?
 バカ!足らないよ!!
 ドームに野球アイドルが立ったんだよ!
 センターでもよかったくらいだ。

 杜野まこさんも重圧の中で、本当に熱のこもったステージでした。
 特に間奏のセリフ。

「私の夢が叶ったから、今度はみんなを応援する番!」

 このくだり。
 これをドームの真ん中で叫んだのはかっこよかった。
 そして、終演後は去り際に「皆も夢叶えろよ!」。
 最高。
 文句なしのMVP姫川友紀でした。


2018_1113cg22.jpg

「炎の華」

 中間距離での飛び込み防止もかねた、優秀な立ち大キックが見えた。

2018_1113cg23.jpg

「アンデッド・ダンスロック」


 嬉しすぎて記憶がない。

 
 ジャック・オー・ランタンのレーザー光線に会場がどよめいたのは覚えているけど、あれライブビューイングでも見えてたかな。
 あと、デレステと同じようにサビでサイリウムが赤に変わるやつ。
 あれを再現されてるPがチラホラ見れて嬉しかった!
 んー、あとは何があったかな…。
 あ、地面に指差す振り付けがかっこよかった。
 


 …なんだこれ。

 それしか覚えてないって俺の脳はどうなって………



 あ、れ……?




 だんだん、眠く………





    かゆ…うま…





2018_1113cg24.jpg

「Stage Bye Stage」

友人「全体曲でもいいけど、ニュージュネの3人で聞きたかった!!」

 わかる。

友人「あと、せーのって言ったら、ツ・ナ・ガ・ル!ってコールしろ!!」

 ごめん。

 
 ニュージェネP的には一日目は消化不良だったかもね。
 その分、二日目にはアレがあったわけですが。
 けど、その感想はまた明日。
 一日目の感想はこのくらいにします。

 あとは何かなー。
 全体的にソロは強かった。
 東山奈央さんとかソロデビューの経験が上乗せされたのか、すごい地に足のついたステージでしたし。
 「デートしない?」で散ったPも多数。
 悲鳴が聞こえたもん。
 PROUST EFFECTもダンサーとのシンクロが気持ちよかったし、とにかくソロの仕上げっぷりはすごかった印象。
 と、語りだすと本当に止まらないので、今日はここまで。
 明日もこんなテンションだと思いますけど、しばらく許してください。
 よろしくです。

 では、明日に続く!


    18:41  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
『Flow of time』
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop