FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2018.04.07[土] シンデレラガールズ台湾公演の感想。海を超えたメッセージ

2018_0407mas04.jpg

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS Initial Mess@ge公式サイト

 要するにシンデレラガールズの台湾公演です。
 ちょこたんもいるので、現地に行ってたかもしれないライブだったんですが…。
 土日も仕事が入ったため、ライブビューイングも行けない罠。
 転勤め…。
 だが!
 そんな出勤命令に屈する僕ではない。
 
「あのー、週に一回は帰らないと、郵便ポストもたまるし土曜だけでも帰っていいですか?」

 と、上司に相談したら、夕方まで仕事してから一度帰って、すぐに戻ってこい。
 とのこと。
 OK、わかった。

2018_0407mas01.jpg

 というわけで、大和に帰るついでに横浜ブルクに寄って、ライブビューイングに参加してきました。
 ライブって体感だと一瞬で終わるから、「すぐに戻ってこい」という命令も守ってる。
 完璧だ。

2018_0407mas03.jpg

 そんなこんなで、何とか一日目の参加だけでも確保できた台湾ライブ。 
 さっそく感想といってみましょう。

「全体を通して」
 ハデな演出はないので、以前に開催された765プロ合同台湾ライブに近かったです。
 それもあったのか1stライブを思い出しましたね。
 MCでも話題になったし、出演者も同じ気持ちだったみたい。
 参加メンバーも初期組がメインだったし。
 で!
 さらにソロ一曲目が「ミツボシ」。
 完全に1stライブだったわ。

「私色ギフト」
 オリメンのうち、今回は莉嘉がいないのが残念ー。
 とか思って聞いてたら、最後に3人で莉嘉のガオガオポーズをやるってさ…。
 もうおじさん、そういうのに弱いから。
 今日一のエモさでした。

「Wonder goes on!!」
 マツエリのパワーの入った歌声が最高にロック!
 オリメンにこだわったセトリの中で、この曲だけは完全にぶっ飛んでた。
 それも含めてロックンロール!
 ちょこたんのエアギターを見られる日が来るとは、最高かよ!!

「Twilight Sky」
 台湾Pにもサイリウムのグラデーションは浸透していたので、手前オレンジ、奥がブルーという演出は世界共通ということが解った。
 会場の形も相成って、本当に綺麗でした。
 フライトOK

「Tulip」
 はっしーかっこよすぎかよ!
 クールボイスが聞けたのも台湾公演ならではのご褒美。

「小さな恋の密室事件」
 ソロを歌わなかった方もいる中で、小梅ソロがあったのは謝謝。
 ひっさしぶりに聞けたし、コユビノサキの歌詞部分ではモニターに文字を出してもらえたし、愛のある演出でした。
 ちょこたんの可愛さを台湾Pにも伝えられてなにより。
 何人かゾンビになってたと思う。

「Vast World」
 現在、デレステでやっているイベント。
 メンツが台湾公演組だし、空港で歌ってるから台湾公演で聞けると信じてずっとプレイしてました。
 その予想は当たったんですけど、まさか全員曲として飛んでくるとはw
 振り付けもがっつり入ってたし、今回は全体練習も多かったでしょうね。
 がんばってるアイドルの姿にいつも勇気付けられますよ。

2018_0407mas02.jpg

 新旧入り混じって、まさにシンデレラのベストアルバムのようなライブでした。 
 ひとつ不満があるとすれば、ライトが暗すぎるのと、マイク音がしっかりのらないところかなー。
 これは765プロの時もそうだったから、もはや仕様なのかも。
 その分、演者たちのパワフルなパフォーマンスでカバー。
 ともよ様とかダンスがキレっキレだったしなー。
「私、1stライブの時は17歳だったよー」
 やめてさしあげろ。
 あと、ちょこたんの隣りがゆきんこだったので、実質ぴろパだった。

 そんな台湾一日目の感想でした。
 これで明日の仕事もがんばれ………るわけないな。
 うん。
 明日のことは明日考えるとして、今日は余韻にひたりつつ寝る!
 台湾は一度は行ってみたいので、ワンチャンあれば次こそは。
 それでは。


    23:59  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
ミンゴス「rinascita」
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop