ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アニメとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2017.03.01[水] シノハユ第42話、怜-Toki-第9局 感想

ビッグガンガン

 ビッグガンガン~。
 本業が忙しくて更新できてなかった「咲-Saki-」関連の感想です。

 
怜

 まずは、怜-Toki-第9局から。
 
 この作品。
 絵柄は可愛いんですけど、キャラの動かし方がちょっとファンタジー色が強いというか…。
 おっさんが妄想するJS臭が強くて、どこかムズかゆい。
 そこは好みでしょうけど。

 そんなわけで、いまいちピンと来てなかった怜ですが…。
 今月は違った。

中二

 もう、ここね。
 このシーンで爆笑しちまったw
 別に笑わせる要素はまったく無いんでしょうけど、それがかえって笑いを誘う。
 ほんと申し訳ない。

 申し訳ないけど、

中二病

 満貫レベルの中二病は、笑うしかないだろ!
 
 ヴァグラなんとかだけでも火力十分なのに、「凶星」と書いて「まがつぼし」と読ませてきたか。
 最高かよ。
 
 こうして読んでると、高校時代の怜ってまともな交友関係にも恵まれて一番平穏ってことがよく解るな。
 波乱のJS時代。
 今後の展開に期待したいです。

シノハユ

 一方こちらは、シノハユ第42話。

 県大会が始まって緊張感が増す湯町中。

おいしー

 そんな中、リチャードソンの慕へのアプローチが加速して、別の意味で緊張感が増してるw

 ケーキでご機嫌をとって、

スキンシップ失敗

 すかさずスキンシップを計ろうとするが、思春期モードの慕のガードは固い。

  
 がんばれリチャードソン。
 明日は晴れるさ。

近くね?

 あ、あと、片道2時間というセリフを読んで

「え?近くね?」

 と思った僕は、世間と認識がズレているかもしれない。
 しれないけど、舞台探訪者ならみんな思ったはずだと信じたい。
 信じるって大事。

ゆくぞ

 そんなシノハユ。
 中学生になって一気にレベルもあがってきた感があるので、湯町中の健闘を祈ってますよ。
 
 そんなところかな。
 咲日和は休載だったから、咲-Saki-関連の感想は以上。
 慕の笑顔に爆死の痛みを癒されつつ、寝る!
    23:34  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-とミンゴスを応援しつつ、アイマスを本業してます。
格ゲー関係ねぇ…。

ツイッター
ミンゴス「rinascita」
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop