ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アニメとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2016.05.26[木] バトンをつなぐ重さを知る、シノハユ第33話「中堅戦」感想

BG

 表紙がシンプルゆえに雑誌コーナーで見つけ辛いビッグガンガン。
 今月も咲-Saki-目的で購入。


中堅戦

 シノハユは第33話「中堅戦」。

 主人公の慕が中堅?
 と思ってたけど、読み終わって「なるほど」と納得。
 
 今月は読み終わったあとの余韻が重かったですね。

バトンをつなぐ重さ

 中堅は、先鋒からつないできたバトンを受け、大将へとつないでいく大事なポジション。
 そこに立って始めて気付いた、自分だけの点数じゃない怖さと、次へつなぐための責任。
 
 慕が涙したシーン。
 彼女は個人戦ならどんな試合でも「楽しかった」と言うハズ。
 そんな慕が、泣いた。
 自分に対してではなく、チームメイトを想って泣いた。
 この意味は大きいです。
 こういった経験が、いつか描かれるであろうインターハイへの布石になるのかもですね。

鳥使い

 そんな慕も能力はさすがに有名になってきたのか、鳥使いの愛称まで登場。
 ママハハ!
 
 鳥は空を飛ぶため「地上と天空をつなぐ使者の象徴」なんて意味もあるとか。
 そういう視点でみると、慕が中堅にいるのも面白いですね。
 
 慕の涙を受け取って、続く副将戦。
 楽しみです。

ツモ

 そんな中堅戦でしたが、相手キャラもわりと個性豊かでしたね。
 この子も、いい顔してたなー。
 一発でSSRひきあてた僕もこんな顔してたよ。

待ってまて待って

 このセリフもじわじわ来たんですよねw

 焦ったときなんかは、「待って待って」と言うじゃないですか。
 それなのに「待てまて、待って」ですよ。
 「待ってまて」なんて単語、普通は出てこないよw
 これも、あぐり節なんでしょうか。
 さすが。

 こういう細かいところも含めて、今月も読み応えありました。

咲-Saki-日和

 そんなシノハユの余韻を1ページ後に空気ごと変えてくれた「咲日和」。
 なごむわー。
 ビッグガンガンは咲-Saki-の連載が2つもあって、お得ですね。

 なんて思ってたら、

怜

 次号より、新たな連載がスタート!

 その名も「怜-Toki-」
 
 まさかビッグガンガンで一気に3本の咲-Saki-コミックが読める日がくるとは。
 怜って、わりと阿知賀編でもたくさん語られたキャラだし、アニメ版でも途中から「咲-Saki-じゃなくて怜-Toki-たよね」なんて言われたくらい活躍した子。
 それなのに、さらに掘り下げてくるか。
 このタイミングでスピンオフを増やすということは、咲-Saki-本編やシノハユとも関係する流れだったり?
 どんな物語になるか解りませんが、ビッグガンガンで愛読できる作品が増えてくれるのは大歓迎。
 次号を心待ちにしたいと思います。

 てなところで、以上、シノハユ第33話「中堅戦」の感想でした。
 それでは。
    23:14  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-とミンゴスを応援しつつ、アイマスを本業してます。
格ゲー関係ねぇ…。

ツイッター
ミンゴス18thシングル
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop