ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アニメとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2016.02.29[月] 「ドリスピ」と「デレステ」の実写コラボカーを撮影してきました


 
 今日もアイマスの話題ですが、ちょっと変わったコラボをご紹介。
 それは、ドリスピとデレステのコラボ。
 詳細は、上に貼った動画をご参照。

 27日はイベントも開かれ、はっしーとふーりんがゲストとして参加されてました。
 (ファミ通さんの記事)。
 坂上Pのスーツ姿とか始めてみたかも。
 
 で。

 このコラボを記念して、痛車が作られたそうな。
 昨日まで展示されてたというので、撮影してきましたー。

MODI

 というわけで、in渋谷。
 場所はMODI。
 へー、タワレコの隣にいつの間にかこんな施設ができてたんですね。
 前からだっけ?

 そんなMODIの入口に痛車が展示。
 展示ホールの前では、お姉さんたちがマイクで案内してくれてましたが…。

デモ

 この日は渋谷で大規模なデモ行進。
 大声で渋谷を練り歩いてくれてましたので、せっかくのお姉さんたちの声もまったく届いてなかったよ。
 GTA5なら痛車でふっとばしてたな。


コラボカー

 そんなデモ行進を抜けて、ようやく痛車とご対面~。

 おー、これはちょっと感動ですね。
 では、撮影した写真をずらずら~と並べてみます。

前から

 斜めから。

後ろから

 後ろから。

正面

 正面から。
 
ミラー

 ミラー。
 とにかく塗ってないところは無い!というくらいデコレーションがすごかったです。

上

 上には、大きなシンデレラマーク。

きらり

 反対側はあんきらだったんですが、仕切りがしてあってうまく撮れず…。

ステッカー

 お姉さんからもらったステッカーにイラストが載ってたので、こちらで脳内補完してください。

サイン

 そして、こちらがはっしーとふーりんのサインです。
 ちょっと見辛かったかな。
 撮影した写真は以上となります。
 間近で撮影できて満足しました。

 そんな痛車。
 すでに展示は終了しましたが、コラボは3/8まで開催中。
 こうした人気アプリとのコラボは、今後も意欲的にやっていくでしょうね。
 作品の垣根を越えられるのも、アイマスのいいところ。
 わりとフットワーク軽いんですよね。
 江戸切子とのコラボとかもそうだし。
 今後も楽しい企画に期待したいです。
 
 てなわけで、以上、コラボカーの紹介でした。
 それでは。
    22:38  Top

2016.02.28[日] ミリオンライブのCD「LTD05」の発売記念イベントに参加

LTD05

 ちょっと前に発売になったミリオンライブのCD。
 THE IDOLM@STER LIVE THE@TER DREAMERS 05
 略して「LTD05」。

 こちらの発売を記念して27日にイベントが開催ー。
 いわゆるリリースイベントってやつです。
 こちらのイベントになんと当選!
 前回のLTD04も参加できたので、二回連続の当選。
 幸運に感謝しつつ参加してきたリリイベ。
 今日のブログでは、こちらの感想を書いていきたいと思います。

新宿BLAZE

 会場となる新宿BLAZEに到着~。
 昼夜二回公演ですが、僕が参加したのは夜公演。
 
 前回は待ってるだけで身体が凍えて大変だったんですが、だいぶマシになった感じ。

工事

 あ、隣のビルが工事されてる。
 前回はしぼんだボーリングピンが哀愁を漂わせていましたが、ようやく撤去されたご様子。
 次に来た時は、もっと工事が進んでるかもね。
 だからLTD06も当選よろしく。
 信じてるよランティス。

LTD05

 そんな新宿BLAZEに入場。
 今回のイベントの内容については、ファミ通さんなどでもレポが書かれていますが…。
 僕なりにレポを書いていきたいと思います。

 出演されたのは、

・原由実さん(四条貴音役)
・末柄里恵さん(豊川風花役)
・村川梨衣さん(松田亜里沙役)
・渡部優衣さん(横山奈緒役)
・小笠原早紀さん(野々原茜役)
・中村温姫さん(ロコ役)


 以上6名。
 ロコは大きなライブには参加されたことがないので、今回が初見でした。
 茜にいたってはアイマスのステージ自体が始めてとか。
 このリリイベって本当に貴重な時間です。
 カメラが入ってたので、どこかで映像収録されるかもね。

 そんな初々しいメンバーも交えてイベントスタート。
 メインMCは、ゆい㌧が担当。
 今日はミリオンライブ3周年目という記念日ですので、まずはお祝いから。
 おめでとう!

 みなさんの衣装は、2ndライブのもの。
 風花役のすーじーは「10ヶ月ぶりだけど、入ってよかったー」と語ってましたが、なんかすごく風花っぽいセリフw
 一方、2ndライブ不参加組は、いろんなキャストさんのをレンタル。
 うろ覚えだけど、確かこうだった↓

「はらみー」
下は近藤唯ちゃん、上はゆきよさん、髪飾りはなんす
「小笠原さん」
下は戸田さん、上は近藤唯ちゃん、髪飾りはころあず
「中村さん」
下はこっこさん、上は戸田さん、髪飾りは…不明
あ、リボンだイエ~イと取ったので持ち主が解らなかったとか。

 765ASのミリオン衣装が見られるのもリリイベの魅力。

フラスタ

 そんな2nd衣装を装備して、恒例のコーナーへ。
 ペアに分かれて俳句を詠む”ミリオン 奥の細道 大阪編”のコーナー。
 
 ちなみに、昼公演ではロコ×茜ペアは大惨敗。
 リベンジなるか…?
 と挑んだ奥の細道。

「りえしょん×ゆい㌧」
 この暴走列車と一緒にがんばります、と意気込みを語ったゆい㌧。
 大阪をテーマに俳句を作るも、微妙に噛み合わない。
  
(お題)なんでやねん
(村川さん)と、いうことは〜?
(渡部さん)りえしょんは

 本当に微妙!
 そもそも季語がない。
「いやいや、りえしょんが季語ですよ」
「えー?りえしょんはいつの季語なの?」
「オールシーズン」

_人人人人人人人_
> オールシーズン <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄


 またひとつ、りえしょんの生態が明らかになったな。


「はらみー×すーじー」
 大阪がテーマなら、はらみーも強いハズ。
 と挑んだこのペア。

(お題)USJ
(原さん)此花区に
(末柄さん)帰れない

 と、地元人なら解るネタを盛り込んできました。
 あー、僕もUSJに行った時、豪雨が電車が止まって此花区に帰れなかったことあったわー。
 おかげで、なんかツボった。
 けど、これも季語入ってなくね?

「UFJが季語です」
「オールシーズン」

 りえしょんとUFJは同じ意味だったか。
 またひとつ(以下略


「小笠原さん×中村さん」
 最後はこちら。
 果たしてリベンジなるか。
 と思ったら、

(お題)梅咲いて
(小笠原さん)みんなの笑顔も
(中村さん)雅かな

 と、渾身の俳句を披露。
 すごい。
 あの、りえしょんとゆい㌧から笑顔が消えるレベルの出来栄え。
 誰の俳句が一番よかったかプロデューサーの拍手で決めるんですが、すでに勝負は決してました。
 リベンジ達成!
 
 ちなみに、この俳句対決。
 2回やったんですが、ここでひと波乱。

 「バレンタイン」というお題をひいた、りえしょん×ゆい㌧ペア。
 作った俳句が、こちら↓

(お題)バレンタイン
(渡部さん)もちょと私は
(村川さん)甘々ぞ

 これは、先日のミリオン仙台ライブで、もちょとゆい㌧がバレンタインという曲を披露した流れから連想したもの。
 が!
 事情を知らないはらみーが激おこ。

「どうして、もちょなんですか、なんでですか?」
 
 と詰め寄る始末。
 しまった。
 はらみーは、ゆきよさんと並んで「もちょ片想いガチ勢」
 (↓参考動画)



 迂闊に彼女の前でもちょを口にしてはいけない。
 パンドラの箱。
 詰め寄るはらみーの剣幕に圧倒されつつ、ゆい㌧必死の弁明。

「いや、これは前のライブで765プロさんのカバー曲を歌いましてね。その曲がバレンタインだったんです。そこで、もちょと一緒に歌ったんですよ。ゆい㌧、もーちょって、ね! それで、あー昨日はゆきよさんが暴走してまして…」
 
 ゆい㌧、本当に必死ww
 その想いが通じたのか、「なーんだ」と怒りを静めたはらみー。
 これが…。
 これがもちょガチ勢か…。
 アイマスの闇は深い。

フラスタ

 そんな感じに笑いに包まれた俳句コーナーも終わって、お次はライブコーナー。
 
「さっきまでの私たちは忘れてください」
 
 と言い放ったゆい㌧。
 仙台ライブでも披露してくれた『夜に輝く星座のように』を力強いダンスと共にみせてくれました。
 やっぱかっこいい。
 クールゆい㌧。
 そして、あのトークパートの暴走列車っぷりは仮の姿か。
 りえりょんもキレのあるダンスと歌声。
 いつも挙動不審な動きを見せているのは伊達じゃなかったか。
 ゆい㌧もマネをしたら「これすごい疲れる。だからりえしょんは細いのかー」と、謎の感心をしてましたし。

 バトンを受けて次にステージに立ったのは、小笠原さん&中村さん。
 おー、ロコと茜のライブ。
 始めてだ!
 披露した曲はもちろん『fruity love』
 ひたすら楽しすぎるこの楽曲。
 ダンスの振り付けがM@STERPIECEっぽいところがあって、そこも注目でしたね。
 多分、大阪か福岡ライブで歌われるから、Pのみなさんはご期待ください。
 初ライブで緊張してたと思うけど、笑顔で歌ってくれてこちらも嬉しくなりました。
 歌い終わったあとは”ひしっ”と抱き合うし、いろんな意味でありがとう!

 
 最後は、はらみー×すーじーペアがお届けした「秘密のメモリーズ」
 この曲すっごい好きなんですよ。
 オリジナルメンバーで聴けるのは本当にありがたい。
 聞き入りました。

 それにしても、やはりというか…。
 はらみーの技術は群を抜いてる。

貴音

 765AS組って、派手なダンスやパフォーマンスがあるわけじゃない。
 けど、空気感というか、ステージから伝わるオーラが違う。 
 数多くのステージを経験したからこそ出せるもの。
 客席の僕にもひしひしと伝わるんですから、同じステージに立ってたメンバーはもっと刺激を受けてたハズ。
 ゆい㌧も、「初参加の早紀ちゃんと、先輩のはらみーさんに挟まれて、すっごい吸収できた」と話されてましたし。
 ただ、巨人ファンである中村温姫さんとは、野球では一生解り合えないと熱弁してましたがw
 
フラスタ

 そんな大盛り上がりのライブシーン。
 最後は全員でDreaming!
 こちらも全力でコールしましたよ。

 けど、その前にりえしょんのMCが長すぎて
ゆい㌧「止まれ!ブレーキや!」
りえしょん(……)
はらみー「本当に動かなくなった」
ゆい㌧「動かないと逆に不気味」
 と、漫才を延々とやりとりしてましたので、うまくDreaming!で締められてよかったですw
 Dreaming!万能説。
 
 こうして、約1時間のリリースイベントは終了となりました。
 大阪参加組もいましたし、いい予行練習になったかも。
「このキラキラを大阪にもっていくでー」
 おー!
 僕もライブビューイングで応援するよ!
 
早紀さん
 
 ミリオン3rdは全てライブビューイングですので、こうして生でライブが見られるのは本当に貴重。
 そんなことを、終わったあとじんわり感じてました。
 初参加の小笠原早紀さんも、少し涙ぐんでましたし温かいイベントでした。
 ミリオンは27日でちょうど3年目。
 そんな3年目で始めてステージに立つ子がいる。
 簡単じゃないんです。
 だから応援しないと。
 はらみーも言ってましたが、いつか全員が揃ったライブも見てみたい。
 それが夢じゃないと思わせたい。
 ミリオンは僕の中ですごくモチベが高いので、この熱量を保ちつつ、この先にまっている3rdツアーにぶつけていきたいです。
 出演者のみなさん、お疲れ様でした!
 
 
 というわけで、箇条書きになりましたが、以上でリリイベのレポは終了です。
 アイマス最高!
    21:05  Top

2016.02.27[土] シンデレラガールズ24話~25話 テレビ放送時からの修正箇所まとめ

デレアニ9巻

 祝!最終巻!
 というわけで、アニメ「シンデレラガールズ」のBD9巻が発売になりました。

 先日は26話で大騒ぎしてましたが、そろそろ恒例のアレにいってみたいと思います。
 そうです。
 テレビ放送時からの修正箇所チェックです。
 今までの修正箇所のまとめは↓こちら。

1~2話3話4~5話6~8話9~11話12話~14話15話~17話18話~20話21話~23話

 それでは、最終巻の修正チェック、一気にご紹介~。

25話

「第24話」
 
 卯月が尊い24話。
 丁寧に作られてたのか、気付いた修正箇所はここだけでした。
 回想シーンで入ったライブシーン。
 過去の修正と同様に、ここもレーザー光線が追加されてました。

25話の修正

「第25話」

 そして、テレビ放送では最終話だった25話。
 まず最初の修正箇所はここ。
 色合いが変更。

新規カット

 驚いたのは、ここ。
 テレビ放送時はモニターに歌詞が表示される演出でしたが、BD版ではアーニャのダンスシーンに差し替わってました。
 修正どころか、まるまる新規カットを入れる大盤振る舞い!
 これは嬉しい!
 テレビ放送時は時間が足りなくて、泣く泣く変更してたんですね。

ここも新規!

 さらに、新規カットはここにもありました。
 「磨いてみよう」の歌詞表示が、みりあと莉嘉のダンスシーンに差し替え。
 ロリ組の作画に定評のあったシンデレラガールズ。
 最後の最後でロリ班の本気をまた見られましたよ。

光を弱く

 客席のUOの大きさと光源を調整。
 テレビ放送時はちょっと大きすぎたか。

客「」

 蘭子のイベントシーン。
 ファンがシルエットに変更されてました。
 何故…?

悪魔蘭子

 ここもファンの色がシルエットに。
 キモい俺らにカラーは贅沢だと思われたのか。
 わかるわ。


 というわけで、修正箇所は以上となります。
 最後はなんだか微妙な感じになりましたが、新規カットはびっくりしたので調べたかいがありました。
 こうして長く続いた修正箇所まとめも終了。
 シンデレラガールズ自体も、これでひと段落ですね。
 なんて思ってたら、なんとデレステで新しいソロ曲のCDシリーズが始まると告知が!
 まだまだ続くシンデレラストーリー。
 今後も時計の針は回り続けるようで何よりです。
 これからも、引き続きプロデュースしていくとします。

 それでは、デレアニスタッフのみなさん。
 素晴らしい作品をありがとうございました!

ニュージェネレーションズ
    15:25  Top

2016.02.26[金] ミリオンライブも3周年目へ

3周年直前HAPPY BIRTHDAY PARTY!

 アイマスのミリオンライブが、27日で3周年目!
 それを記念して、本日ニコ生が放送ー!

 その名も「3周年直前HAPPY BIRTHDAY PARTY!」サイト
 




もちょだよー

 もちょだよー(o・∇・o)



ゆきよ姉さん

 「録画!」



格差

 格差




2016_0226mi01.gif

 からの、人生絶頂期の瞬間!



ガス欠

 からの、濃厚な百合空間を全てさらっていったガス欠アイドル。



ガミP

 ミリオン3周年おめでとう!



ミリオンガールズ

 終わりだよ~(o・∇・o)
    23:59  Top

2016.02.25[木] デレアニBD9巻のテレビ未放送「第26話」の感想

千早バースデー

 本日2月25日は千早の誕生日ー。
 ささやかながら、ケーキとお酒で乾杯。
 千早おめでとう!

デレアニ9巻

 そんな25日に、アニメ「シンデレラガールズ」BD9巻が届きましたー。
 この巻にはアニマスの時と同様に、テレビ未放送の第26話が収録。
 いわゆる特別編ってやつです。
 
 予告動画からすでに不穏な空気が漂っていた26話w
 どんなデキかさっそく再生。


シン撰組


卯月「な、なんじゃこりゃーっ!?」



こっちのセリフだよwwwwwwww




全部

 すげぇな。
 どこを切っても素材になる…。
 やりたい放題か。

「美味しいから大丈夫だよー」


おいばかやめろ

 おいバカやめろ。

「美味しいから大丈夫だよー」

 30分の特別編に2回もそのセリフをぶっこむとは思わなかったよ。

やみのま

 やみのま!

ミナミ

 ゲーム版では歩くセックスとまで言われた美波。
 それがアニメでは、リーダーシップのとれる頼れるお姉さんキャラに塗り換わってよかったなー。
 と思ってたのに、どうしてこうなった。

アーニャ「ミナミは少しヘタですね」

 意味深な発言やめい。

裸エプロン

 けど、それ以上にこのシーンが裸エプロンにしか見えなったので、ベスト・オブ・エロスはとときらに決定。
 

ありがとう

 ありがとう。

智絵里の達人

 それにしても、CM無しの30分ドラマだから、普通のアニメよりもかなり長く感じましたね。
 どのネタも濃厚で、なんというか、

「お前らこういうのが見たかったんだろ?」

 というスタッフの露骨さも見え隠れして、むしろ好感がもてましたw

よしよしよし
 
 特典アニメとしては、申し分ないくらいスタッフが暴走しまくった26話。
 最後の最後まで愛のあふれる作品にしてもらえて嬉しい限り。
 この9巻をもって、シンデレラガールズもひと段落ですが、本当に楽しませていただきましたよ。

 そんなデレアニ9巻ですが、恒例のテレビ放送からの変更点まとめも近日中に取り掛かる予定です。
 明日とかいけるかなー。
 何とか時間を作ってがんばってみます。
 それでは、今日は26話をエンドレスしながら就寝するとします。
 いい夢が見られそう。
 やみのま!


9巻ed
    23:55  Top

2016.02.24[水] 呪いのビデオ「貞子」 VS 呪いの家「伽椰子」





え?


 え?

 
 え?え?





リングVS呪怨

 ホラー映画「リング」の貞子と…。
 
 ホラー映画「呪怨」の伽椰子が…。


 戦うの!?



まさか

 いったいどうやれば、そんな発想が生まれるんだよww
 ホラーって一歩間違えるとギャグになるけど、こいつに至ってはタイトルからじわじわ来るから困るww

 けど、貞子も伽椰子も呪わせるタイプの怨霊だろ?
 となると、どっちの呪いが強いかって対決かなー。
 
 なんて思ってたら、

テープこなごなwww

 普通にビデオテープ握りつぶしてるやん。


 呪い(物理



発想のスケールで負けた

 やばい。
 完全に発想のスケールで負けたわ。
 超つまんなそうなのに超みたい。
 なにこれ。
 絶対に見にいくので、誰か一緒に被害者になりませんか?
 これマジで見たことを後悔するレベルだから、むしろ楽しみです。
 予告でここまでテンションあがるホラーって近年稀に見る奇跡ですよ。
 
 公開は6月18日。
 期待です。
    22:53  Top

2016.02.23[火] ラウンドワンのブルーレイ鑑賞ルーム

ガルパン

 「劇場版ガルパン」。
 こちらのBD版の情報がついに来ましたー。
 発売日は、5月27日!
 思ったより早くて嬉しい限り。
 けど、劇場版ガルパンの人気は衰えをみせないので…。
 正直、BDが発売しても上映を続けてる映画館もありそうw
 アイマスもそんな感じだったなー。

 にしても、ガルパンはほんとやばい。
 4DX版も上映され始めたけど、当然、予約が殺到してチケットは即日完売。
 おかげで、見にいけるのはいつの日か。
 信じられます?
 これ、公開から三ヶ月たった作品ですよ。
 人気すぎて見られないって、こんなの始めてかも。
 
 けど、ガルパンはほんとに面白い。
 既に映画館で2回見たけど、あと数回は足を運びたい作品ですからね。
 とにかく、映画館で見る価値が強すぎる。
 あとでBDで見ればいいか~にならない。
 リピーターが増え続けてるのも、人気が伸びてる理由でしょうね。

 とはいえ、いつかは上映終了するのが解ってます。
 そうなったら、BD版でガマンするしかないんですが…。
 なんとか、あの迫力をBDで再現できないものか。

 そんな悩みを抱いてたら、こんな耳よりな情報が飛び込んできました。
 それが、こらち↓

ブルーレイルーム

 ラウンドワン「DVD / ブルーレイ鑑賞ルーム」公式サイト

 そうなんです。
 ラウンドワンのカラオケルームを、BD鑑賞ルームとして解放するサービスが登場したのです。
 開始は、3/1から。
 100インチで大音量となれば、映画館には劣るにせよ、自宅よりは数倍の臨場感ある映像を体験できます。
 これはありがたい!
 幸い、地元の町田にもラウンドワンはあるので、これは発売したら鑑賞会といきたいですね。
 身内集めて戦車オフ。
 これも戦車道よ。
 
 このサービス。
 どんなレベルか確認したいので、3月になったらアイマスのライブBDあたりを使ってテスト鑑賞するかも。
 その時にはまたブログで感想レポなんかを書きたいと思います。
 
 そんな感じにラウンドワンのステマをしたところで、今日はこの辺で。
 パンツァー・フォー!
    23:59  Top

2016.02.22[月] 猫の日なので猫の動画はっておく




 2月22日は猫の日なので、猫の動画をはっておく。

_人人人人人_
> りえしょん! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y ̄


 りえしょんは前から知ってましたが、ちゃんと認識したのはミリオンライブから。
 この子のステージは何というか…パワフルでね。
 もう、「すげぇ…」って言葉しか出てこない。
 いやね。
 女性を評するに「すげぇ」なんて単語なかなか使わないよ。
 例えばさ。
 女性を誉める言葉っていろいろあるじゃないですか。

 
もちょ

 \可愛いねー/


クール

 \クールビューティー/


セクシー

 \セクシー/


 とかね。
 女性へ贈る言葉っていろいろあるわけですよ。

 けど…。

 りえしょんの場合は、



すげぇ

すごい

 \すげぇ…/

 
 この言葉が先頭にくる。
 すげぇよ、りえしょん。
 唯一無二だよ。
 生物学的に「りえしょん科」の生き物に分類されるんじゃないかな。
 祖先がいない。
 真祖。
 ゆえに最強。


 そんな感じに、今日は猫の日らしいブログでお届けしました。
 あ、あと、どうでもいいけど、野良猫を餌付けして親愛度をあげると、首から上がないネズミとかもってくるから注意な。
 実体験。

 それでは。

    23:45  Top

2016.02.21[日] 朗読劇 超訳文学にちょこたんと立花様が

超訳文学

 朗読劇『超訳文学』というシリーズがあるそうな。
 なんぞこれ?
 という方が大半でしょうから、簡単に解説すると…。

原作の文体を現代語に訳し、内容も現代版にアレンジを加えた朗読劇

 です。
 要するに、昔の話を今風にアレンジして面白おかしく聴かせてあげるよ、というイベント。

 過去、何回か開催されており、今度の開催は「~吾輩は猫である~」を題材にするそうな(公式サイト)。
 で。
 どうしてこのイベントに興味をもったかといいますと…。
 出演者に、

ちょこたん

 小梅役でも有名な、桜咲千依さん。
 そして、


立花様

 紗枝訳でも有名な、立花理香さん。
 
 彼女たちが出演されるからです。
 えぇ、アイマスつながりですよ。
 こういう解りやすい釣エサに自ら釣られていくスタイル。
 いいお客です。
 イベントの集客に悩まれてる運営の方々は、参考にしてください。
 
 
e+
 
 ちょこたんは土曜。
 立花様は日曜の出演。
 ちょっと日曜の予定が不明確なので、取り急ぎ土曜のチケットはおさえました。
 先着順ですが、まだチケットに余裕はあるみたい。

 イープラスチケットぴあにて販売中~。

 興味のある方は、完売する前に要チェックですよ。
 それにしても、この手の朗読劇は今まで経験がないので楽しみでもありますね。
 特に、ちょこたんは小梅役というイメージが強すぎるので、今回の朗読でどういう演技をみせてくれるのか興味津々。
 Wキャストで猫役もやるそうだけど、うにbotであるちょこたんならお手の物でしょう。
 3月19~20日と公演はまだ先ですけど、また参加したら感想なんかをブログで書きたいと思います。
 それでは。

朗読劇『超訳文学~吾輩は猫である~』 → リンク
    21:14  Top

2016.02.20[土] アイマスタジオ5年間の放送お疲れ様でした

アイマスタジオ

 数あるアイマスのラジオの中で、初期メンバーがパーソナリティーを勤めている唯一の番組。
 それがアイマスタジオ
 ミンゴスとえりりんの黄金コンビが送るラジオも、本日が最終回となりました。


いつもの二人

 最終回を記念して、22時よりニコ生も放送。
 いつもと場所が違うなー。
 と思ったら、なんと伊豆の旅館より放送!
 打ち上げも兼ねた温泉だったというわけか。

 が!

 せっかくの伊豆旅行も、本日は大雨。


大雨

 注意報も出まくって土砂降り!
 昨日は晴天、明日も晴天。
 本日は雨!
 もってるわー。
 だいたい勝俣のせい。

いつもの二人

 にしても、5年も続いたラジオが終わってしまうのは寂しいですね。
 特にこの二人は、アイマスの初期の初期から引っ張ってきたコンビですし。
 
 時折、ラジオで語ったアイマスに対する想いは、今のメンバーたちにも響いたと思います。
 アイマスを心から愛してるし、一緒に歩んできたから伝えられる言葉もある。
 そして、その発言が否定的なものでもカットすることなく届けようとする現場の雰囲気。
 10thライブ後、全てのコーナーを取っ払って何週もアイマスを語り続けた異例のラジオですからねw
 けど、それがアイマスタジオの魅力でもありました。
 
いつもの二人

 10年間以上、一緒に仕事をしてる二人。
 もはや戦友ですよ。
 今回の生放送をみてても、変わらない二人に安心しました。
 きっとこれから先も、変わらない二人のままでアイマスと歩んでくれることでしょう。

またね

 番組は終了しましたが、またいつか、ふたりの番組が聴けることを願ってます。
 5年間本当にお疲れ様でした!
 
 またね!
    23:47  Top

2016.02.19[金] ロウきゅーぶの6人目の部員

電撃FC

 まったりとプレイしている「電撃FCI」。
 コンボ収録のためではなく、純粋に対戦ツールとして楽しんでます。

 で。

 この作品。
 「トロフィー」がわりとお遊び要素満載です。

トロフィー

 あんまり知られてないかもだけど、PS4はトロフィーを取得したら自動的にスクリーンキャプチャーしてくれる機能があります。
 気が付いたらけっこうトロフィー解除してたので、どんなのがあったかなー。 
 と思って、閲覧していたら、

6人目の部員

 「6人目の部員」で爆笑したww



流石です

 何、ドヤ顔で混ざってるんだよwwww


流石はお兄様です

 「さすがはお兄様です」
 
 ほんとだよ。

「RO-KYU-BU!」

 このトロフィー。
 電撃FCIをご存じない方もいると思いますので、簡単に説明しますね。
 
 「ロウきゅーぶ」という作品に登場する小学生。
 この子の超必をくらわせると、

「RO-KYU-BU!」

 5人の部員たちが次々と攻撃して、

「RO-KYU-BU!」

 最後に決めポーズ!

 これがクライマックスアーツ「RO-KYU-BU!」です。
 まったく小学生は、以下略。

 で。

 この超必。
 サポートキャラを呼びつつくらわせると、画面にサポートキャラが残ったまま演出に入るんです。
 それが「6人目の部員」というトロフィーの概要。
 実に面白いですw

魔王と小学生

 ちなみに、せちえさんは「はたらく魔王さま!」を6人目の部員にしてました。
 これも爆笑したなw
 完全に雑コラの世界だもんなー。
 いいセンスです。

藍原延珠

 あと、アツシさんから「この子も違和感ないですよ」と教えてもらったのが、藍原延珠。

わー

 演出中に「わー」と飛んできて、

藍原延珠と部員

 決めポーズ。
 確かに、これは違和感ないわww

 そんな感じに、トロフィーも遊び心たっぷりの電撃FCI。
 元々、トロフィーっていろんな遊び方を提案する役割も担ってると思うので、こういうネタ系に特化してのは好感がもてます。
 他にもいろいろあるので、時間がある時に取得していきたいですね。
 
 てな感じに、今日は電撃FCIの話題でした。
 how you guts cool say what 最高だぜ!
 
    23:59  Top

2016.02.18[木] アイマスMASTER ARTIST 3のラストを飾る「Destiny」

MASTER ARTIST 3 FINALE Destiny

 765プロASがお送りしてきたMASTER ARTIST 3シリーズ。
 こちらの最後となるCD「Destiny」が、発売になりましたー。

 
Destiny

 もちろん、購入したのは限定版。
 Blu-ray Disc Audioを含む二枚組です。

 このCDには、アイマスOFAのDestinyと、玲音のアルティメットアイズを収録。
 発売からずいぶんと時間がかかりましたが、ようやくCD化となりました。
 けど…。
 いくらなんでも遅すぎですよね。

 …と言うのもね。

 このDestiny。
 10thライブで披露されたわけですよ。
 あのドームライブで。
 しかも、けっこう後半のクライマックスで。

 けどね。

 僕はOFAはそんなに詳しくないので…

 正直、知らなかったんですよ。
 
 聴いてください、Destiny!
 と言われた瞬間、

Destiny

 「Destinyって何!?」

 って、めちゃくちゃ動揺したよね。
 いや、情弱だった自分が悪いんだけど…。
 まさかCD未収録の曲が来るとは思わないじゃん。
 せめて10th前にはリリースしてほしかったですよ。

 それでもさ。
 そこはライブのクライマックスですよ。
 たとえ初見でも、
  
うえおおおおおおおおお

 うおおおおおおおおおーDestinyきたぁーーーーっ!

 と、歓声をあげるくらいの空気は読めてたよ。
 さも知ってるように立ち回るのも、ライブの楽しみ方。
 がんばった。

 
 そんな思い出もあるDestiny。
 10thを振り返る意味でもじっくりと聴かせていただきますよ。
 運命感じてきます。

    23:59  Top

2016.02.17[水] バレンタイン(有料)

ハッピーバレンタイン

 モバゲーの「シンデレラガールズ」。
 こちらのイベントの上位報酬がクラリス
 
 キュート属性で最も好きなアイドルだし、アルカナ勢としては走らないわけにはいかなかった。
 えぇ、加速ホーミングで突貫でしたよ。
 
入賞

 で、結果はご覧の通り。
 2000位以内が条件の中、1066位でフィニッシュ。
 久しぶりの上位狙いは、いい刺激でしたよ。

 ちなみに、課金額は諭吉1人分程度。
 モバマスって、イベントで余ったアイテムは次回に持ち越せるんですよ。
 今までの貯金があったおかげで、サイフにも優しいイベントでした。
 アイチャレ自体、好きなイベントだったので楽しんで走れましたし。


クラリス

 ボイス未実装のクラリスだけど、僕の脳内ではすでに大原さやかボイスで再生済み。
 アルカナ勢なら朝飯前よ。
 あらあらうふふ。
 今年のバレンタインは甘いですね。

 で、そんなバレンタインだけど、346プロ以外でも開催されてたので、

入賞

 お隣のミリオンライブでも上位報酬をゲットしました。
 
 ふたつのソシャゲで、同時に上位取り。
 我ながら無茶をしましたよ。
 両方ともイベント最終日が16日だったけど、

モバマス→23時終了
ミリオン→24時終了

 と、1時間のズレがあったので何とかなりました。
 クラリスがとれたと確信した時点で、765プロに出勤。
 
 終了1時間前までは、1000万ポイントで5000位くらいでしたが…

382位

 そこから1億稼いで、382位でフィニッシュ。

 1時間あれば余裕。
 モバマスと比べてミリオンはアクティブユーザーが少ないですからね。
 ちょっと諭吉を遠征させれば、上位を連れて帰ってきてくれます。
 遠征 大成功。
 それに、今回のイベントは初心者にも優しいデッキの強さに左右されないタイプでしたし。
 走りやすかったので、いけると思ってました。

バレンタイン静香

 そんな感じに、今年のバレンタインは大いに楽しませていただきました。
 甘いチョコは課金の味。
 バレンタイン(有料
 無課金で女の子からチョコをもらうとか都市伝説。
 そんなゲームみたいな展開が現実にあるわけないだろ!
 ははっ。

 
 さて。
 そんな社会の低底の発言はおいといて、今は大きなイベントを終えてまったりモード。
 一息ついたところですし、しばらくは平和な日々を送れそうです。
 それじゃ、しばらくご無沙汰してたデレステでもやるかなー。
 
 ポチっとな。

 お、また新しいイベントをやるんだ。
 なになに…。

小梅

『白坂小梅だよ。
 イベント「オルゴールの小箱」近日開催、だよ』



 え…?
 白坂…小梅……だと?


真顔
    23:59  Top

2016.02.16[火] YouTube動画なのに視点を変えられる謎の技術




 この動画。
 一見、何の変哲もないホラームービーですが…。

視点

 画面をドラッグするか、左上のアイコンをクリックすると、

切り替え

 なんと視点を自由に動かせます。

 え!?
 これどうなってるの!?
 ただの動画なのに、グリグリ動くよ!
 すげぇな。
 YouTubeってこんなこともできたんだ。
 マジですごい!
 革命だよ。
 だって、この技術を活用すれば、エロ動g


 (文章はここで途切れている)
    22:53  Top

2016.02.15[月] 気が付いたらダウンロードでの購入が普通になってた

Kindle

 一昔前は、電子書籍とか未来の話だなー。
 とか、ダウンロード販売って需要どうなのー。
 なんて思ってたけど…。


がっこうぐらし

 気が付いたら、マンガは「Kindle」でダウンロードしてるし、

アイチューン

 曲はiTunesでダウンロードしてるし、

PS4の電撃

 ゲームも、ディスク入れ替え面倒だからダウンロード版にしてる。

 あれ、いつの間にか未来にいたぞ…?
 
 電子書籍は敷居が高いイメージだったけど、アマゾンで検索するとKindle版をすすめてくるようになったのが大きかったかも。
 ポチると携帯に本が届く。
 慣れ親しんだ通販と手順が変わらない、ってのがいいですね。
 iPhoneも6Sにしたら画面大きくなったから、拡大しなくても十分読めるレベルだし。
   
 曲に関しては、そもそもCD購入→インポート→携帯に放り込む、という手順が遠回りだったので、iTunesで直接落とすのは理にかなってるんですよね。
 あとミリオンライブの楽曲がiTunesで全曲配信!ってのが一番のきっかけになったかな。
 今ではライブで聴いて気になった曲は、帰り道でダウンロードして聴きなおし~なんてのもやってるし、欲しいと思った瞬間に即購入できるのはありがたいです。

 で、ゲームの方は、格ゲーだったら1Gくらいだからそんなに容量を圧迫しないし手軽。
 僕ってBDもPS4とかで見るから、いちいちゲームと映像でディスク入れ替えるのが面倒だったんですよ。
 だから、ここ最近のゲームはダウンロード版がメインになってきましたね。
 本体の容量も大きくなったから、何本も落としても余裕あるし。
 
 
 そんな感じに、気が付いたらパッケージを購入しないのが普通になってました。
 ほんと「気が付いたら」ってレベル。
 ちょっと前までは、本棚がCDとコミックでぎっしりでしたからね。
 これって何がきっかけ?
 と思ったけど…。
 
 「受け皿が大きくなった」ってのが一番の理由かも。
 
 今もってるiPhone6sは120Gあるし、PS4もちょっと前のモデルだけど500Gある。
 ポンポン放り込んでも、容量に余裕があるから考えなくてもすむんですよね。
 もちろん利便性ってのも理由としてあるけど、この受け皿が大きいって部分。
 みんな意識してないかもしれませんが、けっこう革命だったと思いますよ。
 
 パソコンもいつしか外付けとかに頼らなくても、内蔵HDDで事足りるようになったし。
 もちろん人によりますけどね。
 けど、少なくとも僕は残り容量が足枷にならないのが、この手の電子分野をより身近にしたなーと思ってます。
 手軽さの裏側には、小型で大容量を可能にした企業努力もあるんじゃないかな、と。
 そんなことを何となく考えてました。

 と、月曜の夜から何を長々と語ってるんだ、って話ですのでここらで終了~。
 技術の進化に感謝しつつ、今日もiPhoneでラジオを聞きながら寝ます。 
 それではー。
    23:29  Top

2016.02.14[日] バレバレバレ~バーレンタイン♪

響扇風機

 町田市の気温→22度

_人人人人_
> 22度! <
 ̄Y^Y^Y^Y ̄



 先生、2月が息してません!
 先週との温度差が15度くらいあるんですが、これは。
 バレンタインのチョコも溶けそうですね。

ミリオン

 ちなみに今年のバレンタインは、いつも通りアイドルたちから貰いましたー。

ミリオン→チョコを欲しくば私を倒してみろ

 バレンタイン(物理


モバマスチョコ

シンデレラ→チョコを欲しくば上位になりましょう

 バレンタイン(有料

 
 いつも通り。
 
昨年

 そういや、去年のバレンタインは何してたのかなー。
 と思って過去ブログを読み直したら、デレアニ6話の舞台探訪で池袋サンシャンに出向いたら、リア充の巣窟になってて無言で180度ターンした思い出が綴られていました。
 
 バレンタイン(中止

 
 バレバレバレ~バーレンタイン♪ \ゆい㌧/
 バレバレバレ~バーレンタイン♪ \もーちょ/



ハート

 また明日からがんばろう。
 アイコン見ながら寝る。
    22:04  Top

2016.02.13[土] 電撃コマンドー

対戦

 今日は友人が集まってくれたので…

電撃

 電撃FCやって、



コマンドー

 コマンドーみてました。

 
 ゲージなんていらねぇ!
 パートナーもいらねぇ!
 ぶっ殺してやる!

ベネット

 BSで放送されたそうだけど、ウチではBSが映らないのでブルーレイディスクで放送させる流れ。

「なんでホッパーさんコマンドー持ってるんですかww」
「プロですから」
 

 そんな土曜はまだまだ続く。
 長い夜になりそうです。
    21:38  Top

2016.02.12[金] ニトブラのバージョンアップとエクサムカップmini

ニトブラ新バージョン

 「ニトロプラス ブラスターズ」。
 ゲーセンは2/9より、家庭用は本日よりバージョンアップしました。
 
 対戦バランスの調整が入ったけど、調整一覧を見る限り以前に収録したコンボが再現できなくなる…ことは無さそう。
 だけど、こっそり直してる箇所も多そうなので何ともいえません。
 そして、検証する時間もないので真相は闇の中です。
 やみのま。
 
エクサムカップmini

 そんなニトブラですけど、公式でオンライン大会をやるそうな。
 その名の「エクサムカップmini」。
 日時は3月5日。
  
 3月のエクサムカップを前にした前夜祭的なノリかな。
 予定がなければ観戦したいと思います。
 ニトブラはコンボムービーを作ってひと段落した感はありますけど、こういう公式の動きは追いかけていきたいですからね。
 コンボムービーにも「エクサムを応援します!」と書いたしw
 忘れないようにメモメモ、と。

 参加されるプレイヤーのみなさん、がんばってください!

    23:53  Top

2016.02.11[木] 昇龍拳コマンドの難しさを実感した休日

ぜせちえLINE

 なかなか休みの合わない、せちえさん。
 先週も「月曜と木曜が休みだから無理だねー」なんて会話をしてたけど…。
 よく考えたら木曜って祝日じゃないか。
 ワンチャン!

せちえ邸

 というわけで、初のせちえ邸へとおじゃましてきました。
 この言い訳無用の二次元空間。
 始めてなのに、何故か落ち着きますね。
 特にテリー・ボガードの存在が安心感を強めてる。
 多分、風水的にも効果ある。

 そんな、せちえ邸で『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX IGNITION』を初プレイ。
 電撃初心者オフでした。

恋姫

 その後、「恋姫†演武」も続けて初プレイ。

 が!
 
 昇龍コマンドがまったく出ない…。
 おかしい。
 全て波動コマンドに化ける。
 昇龍どころか、同時押しコマンドも出なくなる始末。

「このゲームってコマンドをしっかり入れないと出ないんですよ」

 なんてこった。
 自分が、いかに雑な入力をしてるのか明るみになったな…。
 ダッシュ→立ち中→昇龍~という基本コンボが立ちB→波動に化けまくって、チャレンジモードがまったく進まない。
 それでも八稚女コマンドはミスなく出せてたのは、SNKユーザーの最後の意地だったかもしれない。
 
 その後、30分くらいかかって関羽の崩撃コンボを完走したところで、静かにディスクをチャンジしました。

ウル4

 最後はウル4で50戦ガチ。
 久しぶりだったけど、恋姫で昇龍コマンド入力しまくってたので、リュウの昇龍も普段よりは出せてたかもしれない。
 恋姫は格ゲーをうまくする。
 なるほど。
 上級者が好んで対戦してるのも解る気がしたよ。

「昇龍コマンドとか格ゲーで一番難しいですよ」

 それな。
 今日はいろんな格ゲーにふれたけど、あらためて昇龍コマンドの奥深さにふれた気分。
 もっと練習しないと!
 がんばるぞー!
 
「ちなみに電撃は昇龍コマンド自体が存在しないんですよ」

 練習すると言ったな、あれは嘘だ。
 結論→電撃をやればいい。
 ありがとう。
 答えを見つけたよ。

鍋

 そんな格ゲーザコ勢の発言はおいといて、格ゲーのあとは飯!
 鍋を作って、ごった煮~。
 休日にこたつで鍋をつっつきながら格ゲーとか、いいコンボです。
 
 そんな鍋を食しながら、せちえさんが「これを再生させましょう」と持ってきたのが、

メルブラ

 昔、サークル「キャノン」で制作した、メルブラのコンボDVD
 なんでこれを持ってきたw
 
「ダンボールあさったら出てきたのでw」
 
 さっそく再生させてみたけど、懐かしすぎて感動したよ。
 そして、エンディングクレジットで

 『2010年制作』

 という一文を見て、言葉を失う…。
 6年前…だと…。

「そこは見なくていいです」
 
 あれから6年か。
 月日がたつのは早いけど、6年たってもこうして格ゲーに触れているのは、ありがたいことなのかもね。
 
 と、最後はなんかいい話にしたところで、せちえ邸をあとにしました。
 職場から近いことが判明したので、もしかしたら普通に仕事帰りに寄るかもね。
 むしろ帰宅したらホッパーがいるまで有り得る。
 その時にはよろしくですw
 
 そんな建国記念日でした。
 寝る。
    23:31  Top

2016.02.10[水] ニャアアアン!

ニャアアアン

 本を買いました。
 タイトルは「ニャアアアン!」
 
 猫と過ごす男の日常漫画。
 ツイッターでちょいちょい見かけたことあるので、漫画自体は前から知ってはいましたが、本になってるとは知らなかったよ。

あるある

 猫飼ったことある人なら、あるあるwwと同意したくなるような内容満載。
 とはいえ、ここまで懐かれてないのは珍しいけど(汗
 噛まれすぎだろ。

グラ

 僕が実家で暮らしてたときは、猫と犬の両方を飼ってたから賑やかでしたね。
 今はどちらも他界したけど、この子たちとじゃれあうのが日課でしたよ。
 もう20年近く前の話だけど。
 毎日エサをやる母親よりも、僕に懐いてくれたのが不思議でした。
 仲間だと思われてたのかな。
 知能指数的な意味で。
 人間以下!

ドゥン

 ドォン!

 
 そんな猫漫画の「ニャアアアン!」。
 鴻池 剛さんのツイッターでも作品は読めますので、興味のある方は是非どうぞ。
 それでは。
    23:59  Top

2016.02.09[火] 今年のバレンタインチョコはモバコインの味

天空橋朋花

「ミリオンライブで担当されているアイドルは、どなたですか?」

「天空橋朋花様だけど」


クラリーチェ

「アルカナハートで好きな聖女は、どなたですか?」

「クラリーチェだけど」



グリーンエンプレス

「もうひとつ質問いいですか? シンデレラガールズの新しい上位報酬はどなたでしたっけ?」


君のような以下略

「…君のような勘のいいグリーンは嫌いだよ」






上位クラリス

 今年のバレンタインはビター味?
 いいえ、課金味です。
 さぁ、いくか…。
    23:59  Top

2016.02.08[月] 咲-Saki-第154局「奮起」感想からの5位予想

麻雀しろよ

 ひとり全力で麻雀する気ゼロな子がいるから、白糸台はずるい。
 笑ってはいけない咲-Saki-24時。
 
 はい。
 そんなわけで今日のブログは、咲-Saki-第154局「奮起」の感想です。
 昨年末にパウチカムイで咲界隈を震撼させてくれましたが…。
 新年一発目でもやってくれました!
 


5位決定戦

 5位決定戦

 先週の金曜から咲界隈がざわざわしてたと思ったら、なるほどなるほどー。
 これは、なかなかのなかなかだね。
 決勝戦前にひと波乱あると思ったら、まさかのドリームマッチですよ。
 というわけで、何番煎じか解らないけど5位予想を考えてみました。


姫松

「姫松」
 5位最有力…でしょうか。
 とはいえ、上重漫が怜相手に爆発する→愛宕洋榎がセーラを制する→末原恭子が能力者を抑える。
 と、条件がいろいろ重ならないと厳しい気も。
 6位予想。

新道寺

「新道寺」
 エースの実力は、ここが最強。
 副将のメンツ的に、白水哩を止めるのは難しいハズ。
 その流れでキーが姫子に集まる…まではいいんだけど、先鋒→中堅までのつなぎがどうかな。
 ここで削られすぎると挽回できない気も。
 特に中堅は「なんもかんも関西が悪い」と言いながら死んでそう。
 個人的に勝たせてあげたい高校なんだけど、7位予想で。

千里山

「千里山」
 怜は復帰してると思うけど、もう無茶はしないハズ。
 それでも、この先鋒戦のメンツなら圧倒的に強い。
 セーラは勝敗関係なく洋榎との麻雀を楽しみそうだけど、そういうスタイルが強いから削られるイメージはない。
 フナQは従兄弟の絹恵は分析済み。
 あとは、エース・オブ・エースの哩をどこまで止められるか。
 それ次第かな。
 決勝の竜華も万全なら末原先輩でも抑えられないだろうし。
 次鋒は知らん。
 それでも、先鋒→大将まで安定してるバランスは魅力。
 5位予想!

有珠山

「有珠山」
 パッとしなかった本内成香が、何か隠してる…?
 と思ったけど、この高校は準決勝でやり切った感があるので、5位決定は本当にエキシビジョンになりそう。
 カムイもいないのなら、もう楽しんで笑顔でうってほしい、という気持ち。
 8位予想。


 こんな感じになりました。 
 無難な予想かなー。
 本誌では結果だけの報告になりそうだけど、いつかアニメ化された時はがっつり描いてほしいですね。
 期待してます。
 と、すでに本誌では描かれない前提だけど、あの終わり方だと…ねぇ。
 次回は休載なのでモヤモヤは続くけど、あれこれ考察しながら待ちたいと思います。
 それでは。
    23:57  Top

2016.02.07[日] ミリオン3rdライブツアー 仙台公演!

伊達政宗

 アイドルマスターミリオンライブ3rdライブツアー公式サイト
 
 in仙台!

 アイマスでは初となる東北ライブです。
 え?
 始めて!?
 と思うPもいるかもですけど、今まで北海道はありましたが、意外にも仙台はなかったんですよ。
 新しい歴史が刻まれましたね。
 伊達政宗も誇らしげです。

横浜ブルク

 そんな仙台に念波を送るべく、横浜ブルクへ。
 先週の名古屋に引き続き、ライブビューイングでの参加です。
 横浜のPのみなさん、今日もみりっほー!

 というわけで、さっそく仙台ライブの感想をズガガガガ~と書いていきたいと思います。

仙台リーダー

「仙台のリーダー ナンスみっく」
 今回の仙台のリーダーは、このふたり。
 SSAライブでは歌の最中に泣いてしまったみっくが、今や堂々とMCを勤めて、最後は「これからもアイマスですよ、アイマス!」と締めてくれてました。
 空想文学少女→カワラナイモノと続けて披露しても疲れも見せず、ふたりの色が出てたライブだったかと。
 最後はほっとしたのか、帰り際ではナンスとぎゅっと抱き合ってさ…!
 手をとりあってさ!
 ありがとうございます!とお礼を言いながらも、目がうるんでてさ。
 けど、綺麗な涙でした。
 
ライブ音源

「ライブ音源」
 グリマスの方で、ライブ音源を使う~。
 と告知があったけど、なるほどこういうことだったのか。
 開幕の挨拶をゲーム中に聞くことができます。 
 桃子の紹介の時、思いっきり蝶々さんの声が入ってて笑ったけどw
 仙台も早ければ明日にでも更新かな。

牛タンシチュー

「牛たんシチュー」
 ライブ中のMCがほぼ食べ物の話w
 その中でミリオン組をトリコにしたのが「牛たんシチュー」。
 ケータリングに入ってたらしく、めちゃくちゃ美味しかったそうです。
 見逃してたもちょは「ナポリタンに気をとられてたー!」と悔しそう。
 本当に悔しかったのか、なんとライブ中に食べにいく前代未聞の暴挙。
 りえしょんに至っては、おかわりしたと自慢げでした。
 牛たんシチュー、おそるべし。

エミリー

「1stライブ以来のステージとなるエミリー」
 「君だけの欠片」を歌う時、座った状態から歌い始めたんですが、もしかして↑このカード絵を再現したのかな。
 郁原ゆうさん自身も「リベンジ」と銘打ってたようで、気合いも十分。
 完成度の高いステージでした。
 あ、あと個人的に来ないと思ってた「little trip around the world」が聴けたのが嬉しかった!
 それと「Sentimental Venus」も。
 ありがとう!

育ちゃん

「リアル育ちゃん」
 以前、リリイベに参加してたので、育ちゃん役の「原嶋あかり」さんの小ささは存じておりました。
 けど、それでもやっぱりちっこいなw
 みんなにも愛でられており、

・もちょ→長女
・ナンス→次女
・あかりちゃん→末っ子

 という立ち位置らしい。
 楽屋でもだっこしまくっていたとか。
 けど、精神年齢的にはあかりちゃんがお姉さんらしい。
 
「もちょはお姉ちゃんって言えば何でもしてくれるよ」

 すでにもちょを飼いならしてたか。
 そんなあかりちゃんは、今回、律子さんの代役として大活躍。
 G♡Fでも歌って、765プロカバー曲ではなんと「いっぱいいっぱい」を披露。
 育ちゃん、がんばった。
 あ!
 あと、これだ。
 Thank You!の時。
 「小さくても 愛と工夫でジョーデキ!」のくだりで、自分の頭をぽんぽんと叩いて小ささをアピール。
 最高かよ。
 ここをピンポイトでカメラをぬいたLVスタッフが今回のMVPでした。


「バレバレバレンタイン ゆい㌧!」
 2月ということもあって、765プロカバー曲で「バレンタイン」も披露。
 アイマス5thライブで、あさぽんとアッキーが合いの手で「アッキー!」「あさぽん!」とやってたのを、ミリオンでも再現。
 「もちょ!」「ゆい㌧!」と可愛く歌ってくれました。
 そんなゆい㌧だけど、今回のライブで「みんなの親戚のお姉さん」という立ち位置になりました。
 なんでや。
 
「もちょをもちと呼んでた天さん」
 今回、来ないだろうなーと思ってた「piece of cake」が歌われてほんと嬉しかった。
 目力の強いクールな曲を担当することが多いけど、この曲は志保が微笑みながら歌う貴重な曲。
 いい笑顔でした。

可憐

「ちいさな恋の足音 篠宮可憐」
 リアル可憐だった唯さん。
 2ndライブから成長してはいますが、死にそうな表情はいつも通り…(汗
 「まだ生きてます」
 とMCするアイドルって…。
 シンデレラでは、同じ読み方で「加蓮」って病弱なアイドルもいるけど、彼女の方がまだ生き生きしてるよ。
 
 最後のMCではガマンしてましたが、流れる一筋の涙が見えました。
 そこをしっかり映してくれたカメラマンさんありがとう。
 少しずつ成長する、それがいいんだ。

りえしょん

「チョー↑元気Show☆アイドルch@ng!」
 亜利沙は1stライブ以来となる「チョー↑元気Show☆アイドルch@ng!」を披露。
 やっぱ、りえしょんはすごいな。
 女性を表現する時って、「可愛い」とか「かっこいい」とか「あざとい」とかあるじゃないですか。
 その点、りえしょんは違う。
 彼女の場合は「すごい」になる。
 可愛いとかじゃなくて「すごい」。
 りえしょんは新ジャンル。
 ナンスがMCの時、「やばい、しゃべり方がりえしょんみたいになってる」→「やばいって何だよ!やばくないよ!」。
 このやりとりも最高でしたw

「shiny Machico」
 カバー曲でshiny smileが来たのが個人的に懐かしくて高まりました。
 翼って響っぽいので、shiny smileが合いますよね。
 名古屋→春香
 仙台→響
 ってことは、次の大阪カバーは千早?
 そこも注目ですね。

「(o・∇・o) 」
 もちょは仙台からツアー開始。
 MCでは「仙台は美味しいのがたくさんあるので、また来たいです!あ、ライブで来たいです!」と、いつものノリ。
 それでも経験はつんできてるので、ステージは安心して見れました。
 初参加組にいい背中を見せられていたかな。
 (o・∇・o) <おわりだよー

仙台お疲れ様

 そんな仙台公演。
 名古屋→仙台と続けてきたので濃厚な二週間でしたね。
 さーて、次は大阪だ!
 と、いきたいところでしたが、次は一ヶ月後なんですよね。
 辛い。
 自分の人生をCtrlキーでスキップしたい。
 
 ミリオンはほんとモチベ高いので、この気持ちを残しながら大阪を向かえたいですね。
 引き続き、予習に励むとします。
 それでは簡単ではありますが、以上、ミリオン3rdツアー仙台ライブの感想でした。
 みりおっつー!
    23:57  Top

2016.02.06[土] 「がっこうぐらし!」グレート文化祭に参加してきました

がっこうぐらし

 「みなさんは学校は好きですか?」
 僕は学校は好きですが、勉強は嫌いです。
 あ、けど、制服姿のJKは好きです。
 好きです。
 と、土曜の夜にマッポの世話になりそうな発言をしたところで、本日のブログテーマを発表。
 
 本日の記事はこちら↓

TVアニメ『がっこうぐらし!』スペシャルイベント
巡ヶ丘学院高校 グレート文化祭!


 そう!
 本日は「がっこうぐらし!」のイベントが開催されたのです。
 祭りなのですー。

 こちらのイベントに昼と夜、両方参加してきましたので、感想を書いていきたいと思います。

チケット

 チケットは、BDについてきたイベント先行申し込み券にて応募。
 倍率はそれほどでもなかったのか、難なく当選。
 場所を調べてなかったけど、当日発券してディファ有明だと気付く。
 ふんふむ。
 ビッグサイトがある、あの有明か。
 ここ数年コミケは不参加でしたので、久しぶりの国際展示場駅。

ディファ有明
 
 そこから少し歩いて、目的地であるディファ有明に到着ー。
 ここに来るのは闘劇以来…かな?
 懐かしい場所です。

彼ら

 この場所に、わらわらと集まってくる黒い集団。
 やばいな。
 俺らって完全に「彼ら」じゃないか…。

 なんて思ってたら、イベント中にキャストさんも話題にされてましたw
 モニターで客席が確認できるらしいのですが、暗かったせいもあって完全に「彼ら」だったみたい。
 思わず写真に撮ったとか、そんなに完全再現だったのか。
 俺ら彼らデビュー。

POP

 そんな彼らも見守ったイベント。
 ここからは昼公演と夜公演の様子を織り交ぜて、ダイジェストでご紹介します。

 開幕、いきなりOP主題歌の「ふ・れ・ん・ど・し・た・い」ショートバージョンを歌いながらキャストさんが登場ー。
 一気にギアがはいりましたよ。
 ちなみに、バックモニターは

昼公演→1話OP
夜公演→11話OP

 と、夜の方がホラー寄りに変えてました。
 途中のアイキャッチや、背景の黒板も割れてたりと凝ってましたね。

 メインキャストの4人が歌い終わったところで、めぐねぇと太郎丸も登壇。
 この6人(1匹?)にてイベントを進行。

そつぎょう

 最初のコーナーは「がっこうトーク」。
 キャストさんが選んだアニメシーンを見ながら、思い出を振り返る内容です。
 
 いろんな場面が紹介されましたが、印象的なのはやっぱり最終話ですね。
 キャストさんも特に想いが強いようで、トークにも熱がこもってました。
 挿入歌として「仰げば尊し」もレコーディングしたんですが、フルで収録したそうな。
 アニメでは1番しか使われなかったけど、フルは5巻の特典で聴くことができます。
 だからみなさんBDも買おう(ステマ
 ちなみに、キャストさんは卒業式で「仰げば尊し」は歌ったことがないそうな。
 あれ?
 今って違う歌が使われることが多かったりするのかな?
 ちょっとジェネレーションギャップでした。

ガーターベルト

 次のコーナーは、「巡ヶ丘体育祭」
 文化祭どこいった!?
 6人を3+3の紅白チームで分けて対決する流れ。
 身体を使ったコーナーにビックリしたけど、もっとビックリしたのがお客さんの協力が多いところ。

 昼公演では、

・表示された単語をお客さんが叫ぶ→キャストさんが何を叫んだか当てる

 という演目からスタート。
 いったいどんな単語かなー。
 画面に表示された単語をチェック。

・遠足
・先生
・かんぱん
・ガーターベルト


 おい、最後wwww
 それではみなさん、お好きな単語を叫んでください。

「「「「ガーターベルト!!!」」」」

 1000人のお客さんによる「ガーターベルト」がディファ有明に響き渡る。
 さすがのキャストさんも困惑してたよ。
 ちなみに、みーくん役の高橋李依さんはリアルにガーターベルトを履いてきてたらしい。
 「チラ見せはないの?」
 「ありませんよ!ガーターベルトって下着ですよ!」
 パンツじゃないから恥ずかしくないもん。
 
フラスタ

 一方、夜公演の方では、最初の演目が違いました。

・お客さんに質問→該当するお客さんだけ残り、該当しない方は座る→一番少ない人数を残したチームの勝利

 という流れ。
 例えば「この中に関西から来た人はいますかー」という質問をして、関西から来た人は残って他は座る~という感じ。
 質問がきわどいと誰も残らないので、質問の内容が超重要。
 これに対して、キャストさんは、

・AB型の人はいますか?
・2月生まれの人はいますか?


 と、上手に質問を投げてました。
 ただ、中には、

・ニーハイをもってる人は?
・ガーターベルトを履いたことがある人は?


 など、ギリギリの質問も飛び出ましたw
 それ質問ちゃう。
 性癖調査や!
 お客さんの、いろんな趣味も暴露されたコーナーでした。
 「これだけ趣味があう人が解るんだから、結婚すればいいよ」
 「残ってるの男ばかりなのですが、それは」

ウルトラ大玉

 そして、昼と夜の公演、両方で実施されたのが「ウルトラ大玉転がし」
 巨大な風船を客席に投げ込んで、後ろまで転がしてUターンさせるダイナミックな競技。
 いったいどこに「がっこうぐらし」要素が!?
 と思ったら、6話でやってた体育祭の演目に入ってたのか。
 
 さっそく競技開始となりましたが、風船は紅と白の二色あり、同時にスタート。

紅チーム「あー!白の風船が先に戻ってくる」
紅チーム「妨害して妨害!」
白チーム「やめろー!白い風船よ、早く戻ってこーい」

りーさん

りーさん「早く白を戻しなさい。聞こえたでしょ?早くしなさい…!」
 
 即戻っていった白い風船。
 りーさんのオーラすげぇw

 それでも勝負は紅チームが勝利。
 昼と夜の公演共に、めぐねぇ率いるチームが勝ってました。
 さすが。

くまのケーキ

 勝利した紅チームには、こんなケーキが贈られました。
 グーマちゃんケーキ!
 可愛い中に少し感じるホラー感。
 絶妙です。

朗読劇

 体育祭でヒートアップしたあとは、こちらのコーナーへ。
 「朗読劇」

 いわゆる生アフレコというやつです。
 シナリオは、今回のイベントのために作られた書き下ろし。
 さらに!
 がっこうぐらしの作曲を担当されたMOSAIC.WAVの方が、BGMを生演奏してくれる贅沢なステージでした。
 そんな演奏の中、朗読スタート。

「昼公演」
 2月にちなんだ行事をやろう!
 豆まきがいいな。
 ところで、豆まきってどうやるんだ?
 「いわしの頭」と「柊のトゲ」も必要みたいですよ。
 トゲで鬼をぐさーってやって、いわしでクサーってやるのか。
 そんなブービートラップが必要な行事とは知らなかった。
 鬼が可愛そうだから、いわしじゃなくて桃缶にしようよ。
 じゃあ鬼役はめぐねぇがやって。
 えー(泣
 2月の行事は他にもあるだろ、例えば…バ、バレンタインとか…。
 バレンタインだなんて、くるみちゃん乙女だねー。
 この怒りをどうしてくれようか。
 シャベルをしまってください、先輩。
 じゃあ、バレンタインだ!
 結局やるんかい!!

「夜公演」
 最終話後のエピソード。
 学校を卒業して移動中のみんな。
 立ち寄ったコンビニで一夜を過ごすことに。
 「彼ら」がいないか確認しよう。
 お客さんが「彼ら」の声を叫ぶ。
 「1000人くらいいそうですね…w」
 すごい数です。
 音は出すと見つかるから、静かに怪談をやろう。
 
・夜の学校で泣き声が聞こえてきた→正体は…→テストの点数が悪すぎて、自分の教え方が悪いと泣いてためぐねぇだった!
・学校にケーキをもってきたら没収された→当たり前です→すると保健室から泣き声が聞こえてきた→正体は…→体重が増えたと泣いてるめぐねぇだった!→めぐねぇがケーキ食ったんですね…
・夜寝ていると誰かの気配を感じた→正体は…→めぐねぇのイビキだった!→全部めぐねぇじゃないですか

 その後、みんな就寝。
 夢の中で太郎丸とめぐねぇと出会う、みーくん。
 「りーさんは抱え込むところがあるわ。くるみちゃんは無茶をするからその時は止めてあげて。そして、ゆきちゃんとはいつまでも仲良くしてね」
 今の夢はいったい…。
 どうしたのみーくん?寝ぼけてる?
 いえ、ただ…素敵な夢をみてた気がします。

 
 昼公演はギャグメインで、夜公演は泣かせに来るシリアス系。
 どちらもいいシナリオだったなー。
 特に夜公演は最終話後のエピソードだから、貴重なシーンでした。
 生演奏も相成って感動しちゃいましたね。
 ありがとう。

エンディング

 そして、イベントもいよいよ最後のコーナーへ。
 ライブコーナーです。

 黒崎真音さんによるエンディング曲。
 昼公演→ハーモナイズ・クローバー
 夜公演→アフターグロウ
 こちらをそれぞれ披露。
 バックにアニメの映像も流れたので、懐かしさも同時に感じつつ聞き入りました。
 衣装もとっても素敵でしたよ。

 そのあとは、澤田かおりさんがシークレットゲストとして登場。
 4話のエンディングで使われた「We took each other's hand」も歌われました。
 全て英語の歌詞だったので、独特の空気感がありましたね。
 がっこうぐらしは1クールでありながらエンディングが3種類もある贅沢な構成。
 どれも素晴らしい楽曲ばかりでしたね。

めぐねぇ

 さらにライブパートは続き、めぐねぇのキャラソン「あなたとSTORY」、続いて学園生活部全員による「卒業あるばむ」と披露。
 ここまでがっつりライブがあるとは思ってなかったので、嬉しい誤算でした。
 物販でサイリウムを売ってたのは、伊達じゃなかったか。

サイリウム

 ちなみに、物販のサイリウムはオレンジ。
 「彼ら」が来ても投げれば大丈夫。
 こういう細かいところまでネタを仕込んでくるあたり、スタッフの愛が練りこまれたイベントでもありましたねw



 そして!
 最後はみんなで「ふ・れ・ん・ど・し・た・い」をフルで歌ってライブは終了しました。
 ちなみに、今回のイベント。
 みなさんの服装が、このPVと同じ衣装でした。
 いいこだわりです。
 

がっこうぐらし文化祭

 そんな感じに大盛り上がりの中、文化祭は閉幕となりました。
 ワンチャン二期の発表とかあるかなー?
 と思ったけど、特に大きな発表はなし。
 がっこうぐらしのLINEスタンプの配信が決まったくらいですね。

 アニメのがっこうぐらしの展開としては、このイベントをもってひと段落。
 「終わってしまうのが寂しい」と、高橋李依さんは最後のMCで涙声になってましたね。
 僕も寂しいですよ。
 がっこうぐらしは、本当に物語の組み立て方が上手で、ストレスなく視聴できた作品。
 原作も続いているわけですし、いつかまた動いている学園生活部のみなさんに会いたいものです。
 いつまでも待ってますよ。

シャベル

 イベントを終えて会場を出る前に、サイン入りのシャベルがあったので記念に撮影。

サインシャベル

 シャベルにサインするなんて、いかにも「がっこうぐらし」って感じがしますw

裏

 後ろにもサインが。
 このアングルの撮影ってなかなかできないので、貴重なショットかも。
 撮れてよかったです。

 そんな記念を胸に、ディファ有明をあとにしました。

プレシャスメモリー

 今後のがっこうぐらしのコンテンツがどうなるかは、僕らの応援次第。
 アニメは終わりましたが、作品自体は続いていますのでこれからも注目していきたいですね。

 というわけで簡単ではありましたが、以上、TVアニメ『がっこうぐらし!』スペシャルイベント巡ヶ丘学院高校 グレート文化祭!の感想レポでした。
 参加されたみなさん、お疲れ様でしたー。
 心がゾンゾンするんじゃ~。
    23:59  Top

2016.02.05[金] シンデレラガールズ21~23話 テレビ放送時からの修正箇所まとめ

デレアニ8巻

 アニメ「シンデレラガールズ」。
 ブルーレイ8巻を発売日に購入しましたが、忙しくて未開封。
 先日、ようやく封印を解きました。
 というわけで、さっそくテレビ放送時からの修正箇所を調べてみました。

 過去の修正一覧は、こちら↓
1~2話3話4~5話6~8話9~11話12話~14話15話~17話18話~20話

21話修正

「第21話」
 
 クローネが本格的に動き出した21話。
 ここはレコードの表面を修正。

バックの噴水

 バックの噴水にブラーがかかりました。

Pの位置

 Pの位置を変更。

珍しい修正

 ここは珍しい修正です。
 テレビ版では水溜りをパシャと踏みしめてましたが、BD版では水溜りを飛び越える演出に変更されてました。
 演出ごとの変更は珍しいパターン。

動画

 蘭子の回想シーン。
 テレビ版では静止画でしたが、BD版では動画になってました。

色彩修正

 色合いが変更。

夕焼け感

 夕焼け寄りに色彩が変わって、より雰囲気が出てます。

蘭子と杏

 蘭子と杏の作画修正。

カリスマの服装

 姉ヶ崎の服装を変更。

姉ヶ崎

 前のシーンでは上着を着ていたので矛盾を無くすための修正だけど、言われないと気付かなかった。

シーン挿入

 シーンをまるっと変更。
 卯月に説明する場面ですが、パソコンを操作する画面に差し変わってました。

色合い

 エンディングの色合いを全て変更。

21話はここまで

 21話の修正箇所はここまで。
 次はいよいよライブパート。
 むちゃくちゃ修正箇所が多いので、一気にいきます。

なつきちのフラスタ

「第22話」
 
 なつきちのフラスタを変更。
 今気付いたけど、このフラスタって新宿blazeが元ネタだったんですね。

回想シーン

 アーニャが歌ってるシーンでの回想。
 場面が変わりました。

サイリウム

 サイリウムの数を増やしました。

モニター

 バックのモニターに映像がつきました。
 今回はこのモニターの修正も多いです。

名前

 名前が太文字に。

薔薇の花びら

 花びらの演出が追加。
 お掃除大変そう。

光

 スポットライトがかかってましたが、無かったことに。

光源変更

 光源を変更。

光源

 ここも光源変更。

モニター

 バックのモニターに映像追加。

ちひろ変更

 キャラのサイズなどを微調整。

光源変更

 光源変更。

サイズ変更

 キャラのサイズと光源変更。

モニターに映像

 モニターに映像追加。

サイリウム追加

 客席にサイリウムなどを追加。

まるっと変更

 キャラのセリフとポーズが合ってなかったので、まるっと差し替え。

ぷしゅー

 スモークたきすぎだったのを抑えました。
 テレビ版はやりすぎてたかw

トランシングパルス

 キャラにスポットライトがあたるようになりました。

スポットライト

 このシーンはライトの追加が多いです。

モニター

 ここもモニターに映像追加。

レーザー

 レーザー光線もたくさん追加されてました。

マイクの変更

 マイクの位置変更。

マイクの変更

 凛にズームアップするシーン。
 マイクのアップがなくなりました。

サイリウム

 画像だと解り辛いけど、テレビ版だと動いてなかったサイリウムが動くように変更。

光

 光が強く。

モニター

 ここもモニターが仕事するように。

ホワイトボードの角度

 後ろの予定表の向きを微調整。

雑誌

 雑誌のレイアウトを変更。

口修正

 細かいけど、Pの口の塗りが変更。
 あと、ちひろの「千川」という名札が復活。

雑誌の色

 雑誌の色を変更。

小物の位置

 卯月と美穂の後ろにある小物類が変更。

距離変更

 Pと卯月の距離を変更。

背景変更

 背景変更。

スタッフ変更

 スタッフさんの色を変更。
 ひとりリストラされました。

 22話はここまで。
 それにしても、今見直しても22話→23話の流れは…すごいね。
 時計の針が12時になった時、ゾクっとしたもん。
 修正箇所もたくさんで、丁寧に作ってもらえてます。

光

「第23話」

 常務に光があたるように変更。
 このあとのシーンだと夜になってたけど、君たち何時間ポエムトークしてたんだよ。

次回予告

 次回予告が変更。
 当たり前かw

 23話は本当にじっくり作られたのか、テレビ版からの変更はまったく無かったです。

23話が好きすぎ

 それにしても、修正箇所用に23話を見直したけど、卯月の号泣シーンで僕も泣いてました。
 今見直しても、グッときます。
 23話は演技も演出も含めて、見事な構成だったな、と。
 当時は2週待たされたので違う意味で泣いた部分もありましたがw
 卯月尊い。

 というわけで、以上、デレアニBD8巻の修正箇所一覧でした。
 あ、書き忘れたけど、この修正箇所は僕が個人で同時再生させながら「どこか変更されてないかなー」と見比べてるだけですので、見逃した場面もあるかもです。
 「ここも修正されてるよー」といった情報があったらツイッターとかでリプもらえると助かります。
 どうぞよろしくです。

 それでは、更新完了ー。
    23:59  Top

2016.02.04[木] 咲-Saki- 連載10周年!

咲-Saki-

 咲-Saki-の連載が始まったのは、2006年2月3日。
 そう。
 今から10年前!
 
 祝!咲-Saki-10周年!

 すばら!
 アイマスも10年続いてることを思えば、咲-Saki-も実質アイマスなのかもしれない。
 咲-Saki-がデビュー作のアイマスガールズも何人もいるし。
 ヒャッハー。

 とはいえ、僕が咲-Saki-を知ったのは、今から7年前です。
 ちょうどアニメ一期が放送してた頃。
 麻雀を知らなかったけど、友人が「百合好きなら見とけ」と言われて鑑賞。
 タイミング的には池田が死んでたあたり。
 もう一発でドハマりですわ。
 麻雀のルールが解んなくても、まったく問題なかった。
 数日後には、「かじゅもも」と呟き続けるbotになってたのもいい思い出。
 ちなみに、7年たった今でも麻雀のルールはまったく解りません。

舞台

 咲-Saki-と出会って、僕の生活は確実に豊かになりましたね。
 それは自信を持って言えます。
 咲-Saki-が無ければ、一生訪れなかったであろう舞台にもたくさん行けましたし。
 
 牌がもたらした絆の物語。

 それが咲-Saki-という作品の根底だと思っています。

シノハユ

 連載も10年続き、何度もアニメ化もされて、ゲーム化もされて、今では数作品のスピンオフにも恵まれています。
 これも牌がもたらした絆でしょうか。
 咲-Saki-との出会いによって生まれた絆。
 僕も大事にしたいです。

飽きない

 普通、10年も続けばどこかで飽きがくるもの。
 けど、咲-Saki-に関しては飽きどころかモチベが高いままです。
 きっと、原作が完結しても好きでい続けられる気がします。
 その前に原作が終わるまで、あと何年かかるのかって話ですけど(汗
 20周年目には宮永姉妹が仲直りしてるといいなー。
 
 そんな未来に想いを馳せたところで、今日はこの辺で。
 今を抜け出そう~手に触れた~Glossy future♪
    23:59  Top

2016.02.03[水] アケDIVA 1月配信曲をプレイ



 アーケード版の「初音ミクDIVA」。
 先日、カードを無くして焦ったけど、データーの引継ぎって簡単にできるのね。
 いい時代になったもんだ。

 それで、今回の新曲だけど、個人的にイチオシな曲が続けて配信されたのでモチベは高めです。
 
21

 まずは「Blackjack」。
 ルカ曲ってのもモチベを高めてますけど、まずエロい。
 大事。
 
 けど、この曲ってめちゃくちゃ難しいんですよ…。
 ルカ曲最強なんじゃないかな。
 リズムがほんとに特殊で、ぜんぜんつながんない。
 難易度ハードでもボロボロですよ。

21

 おまけに背景が華やかすぎて、譜面もちょっと見辛いし。
 そんな不満も出てくるBlackjackだけど、エロいから全てが許させる。
 ボタンを押し間違えても、ルカのおっぱいが譜面に見えたと言い訳できるし。
 大事。

なりすましゲンガー

 もうひとつのイチオシ曲は、こちら。
 「なりすましゲンガー」
 
 2ndFで一番好きな楽曲でもありますから、当然モチベも上げ上げですよ。
 モジュールのフェイカーと花詞も、こだわりの組み合わせ。
 で、どこが好きかっていうと、百合。
 これな。
 大事。

花詞とフェイカー

 ヤンキーのリンがいてさ、友達もいなくてひとりでギターを練習しててさ、そこに優等生で誰からも好かれるミクが来るわけですよ。
 実は彼女もギターが大好きで、本当は一緒に演奏したかったんですよ。
 夕暮れの教室、ひとりギターを奏でるリンにさ、勇気を出してカミングアウト。
 そして、芽生える友情!
 愛!
 百合!
 これな。

 最高です。


 そんなエロも百合もある、アケDIVA。
 音ゲーの話題とは思えない単語のオンパレードだけど、これそういうゲームだから。
 まぁ、ちょっとマジメな話をすると…。
 音ゲーってさ。
 いかに音ゲー以外の部分を大事にしてるかって、けっこう重要なファクターだと思うんですよね。
 例えば、デレステでいうところのルーム機能とか。
 あれって音ゲーにはまったくいらない要素。
 けど、無いと寂しいですよね。
 そういうこと。
 だからDIVAも、エロと百合は必要って話ね。
 大事。

 と、いい話をしたところで、今日はこの辺で。
 ここまでerase or zeroの話題なし!
 察し。 
    23:59  Top

2016.02.02[火] ぎゃるがん5周年おめでとう

ぎゃるがん5周年

 どうも、時にはプロデューサー、時には咲-Saki-クラスタ、時にはぎゃるがんなーのホッパーです。
 個人的に高く評価してるゲーム「ぎゃるがん」。
 こちらの問題作も、なんと5周年目。
 先日、5周年を記念してニコ生も放送されましたー。
 
3番はあかん

 ゆるい番組だったけど、ちょいちょい怒られるネタを仕込んでくる平常運行でした。
 ぎゃるがんは各所に怒られた作品ですからねw
 マイクロソフトにも怒られて、360版は途中からパンツが見えなくされたんですよ。
 その後、PS3に移植されたら水を得た魚のようにパンツ全開にしてたのもいい思い出です。
 
のぞふぃす

 5周年記念ということで、キャストさんのインタビューもありました。
 そうなんですよね。
 山本希望さんは声優デビュー作が、ぎゃるがんなんですよねー。
 
まーや

 当時は無名だった内田真礼さんも、キャストのひとり。
 今ではシンデレラガールズですもんねー。
 続編でヒロインになった上間さんも、数年後にはアイマスガールズになってたりしてね。
 あながちあり得ない話じゃないのが、今のアイマスですよ。

アニメ化

 記念ニコ生だったので、何か大きな発表でもあるかなー。
 と思ったけど、そんなものは無かった。

「アニメ化してほしい!」
「ないわ」

 スタッフが全否定してくるスタイル。

11月

 11月に何かあるっぽいけど、しばらくはお休みモード。
 まぁ、この手の作品は気負わずにマイペースにやるのが一番ですよ。
 海外での発売が決定したりと、プロジェクト自体は動いてるので、また何か発表があるのをゆっくり待ってますよ。

黒田三姉妹

 あ、海外で思い出した。
 僕、ぎゃるがんに関してはブログで攻略記事を書いてたんですよ。
 で。
 ある日、海外からメッセージが届いて、何だ?と思ってエキサイト翻訳したら、どうやらぎゃるがんの黒田三姉妹を攻略するにあたって、僕のブログがすごく役立ったそうな。
 ぎゃるがんは、すでに海を越えて愛されていたか。
 世界よ、これが日本のゲームだ!
 海外版発売によって、また怒られなきゃいいけど(汗

 そんな、ぎゃるがん。
 見た目はアレですけど、ゲームとしてのデキはとても丁寧でしっかりしてる作品です。
 食わず嫌いせず、機会があったら触れてほしいですね。
 ステマ。
 以上、久しぶりのぎゃるがんトークでした。
 それでは。

    23:59  Top

2016.02.01[月] ディレ1さん、ありがとうございました。

2/1更新

『ディレ1という名前で、10年間、「アイドルマスター」の総合ディレクターを勤めさせて頂いておりました石原です。
突然のご報告となりますが、石原は2016年1月31日をもちまして、株式会社バンダイナムコエンターテインメントを離れさせて頂きました。』


(以下、原文はアイマス公式ブログにて)


ディレ

 アイドルマスターの産みの親でもある、石原ディレクター。
 彼の引退は、親しい友人を無くしたような…。
 そんな複雑な心境です。
 寂しいとも違う、なんでしょうね…、この気持ちは。
 けど。
 けど、今はこの言葉を贈りたい。

 ありがとうございました。

 
 
またね
 
 今後、アイマスの現場でお見かけすることはないかもしれませんが、またどこかで再会できることを信じております。
 本当に、お疲れ様でした。
    23:33  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-とミンゴスを応援しつつ、アイマスを本業してます。
格ゲー関係ねぇ…。

ツイッター
ミンゴス「rinascita」
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop