FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2015.06.14[日] 劇場版ラブライブ!を見てきました(ネタバレ無し

劇場版ラブライブ!

 昨日より映画館で公開中の劇場版ラブライブ!
 
 昨日はイカタコで忙しかったので、本日友人を誘って見てきました。
 付き合ってくれたみなさん、ありがとうーっ!

白米

 そして、晩飯が白米になるまでがラブライブです。
 米は主食。
 選ぶものではない。
 
 てなわけで、今日のブログでは劇場版ラブライブの感想を書いていこうと思います。
 あ、ネタバレはありませんのでご安心を。
 
 それでは、ミュージック スタート!


劇場版ラブライブ!

 まず、総合的に感じた率直な印象としては、「すごくラブライブらしいな」でした。
 この”らしさ”
 これが全編にわたって伝わってきました。
 
 μ'sらしさ。
 穂乃果らしさ。
 スクールアイドルらしさ。
 
 彼女たちが何を目指して、何を残そうとしたのか。
 終わりではなく、次へ。
 何のために。
 誰のために。
 この劇場版をもって、一期→二期でひろげた風呂敷を一気にたたんでくれた印象。
 まさに集大成でした。


μ's

 アイドル作品は数あれど、ラブライブが他と異なる点。
 それは「スクールアイドル」であること。
 同じ学校内の生徒たちが集まり、学校を背負って活動をしている。
 アイドルを部活動のように扱った作品です。

 様々な地域、学年が集まって活動するのが基本のアイドル業界の中で、同じ学校の子たちが限られた期間の中で精一杯の輝きをみせる。
 ラブライブの面白さはそこでしたが、そこが足枷になる部分もあります。
 この劇場版は、その問題に対するひとつの道も示してくれてました。
 μ'sがもたらした可能性。
 「みんなで叶える物語」。
 その言葉が、今更ながら深いものだと感じました。

ラブライブ サンシャイン

 ラブライブの今後の動きとして、「ラブライブ サンシャイン」という企画があります。
 学校の数だけスクールアイドルがいる。
 ラブライブ優勝を果たしたμ'sの功績は、全国のアイドルたちにとって憧れであり、いい刺激となったことでしょう。
 輝きの源にμ'sがいて、ラブライブはもっともっと大きくなっていく。
 次へ。
 もっと次へ。

 ラブライブは広がり続けているコンテンツです。
 この勢いでどこまで「飛べる」のか。
 今後も注目していきたい作品です。

応援ありがとう

 以上、簡単ではありましたが劇場版ラブライブの感想でした。

 鑑賞は横浜ブルクだったんですが、みなさんマナーもよくて気持ちよく見られました。
 あと、やっぱり女性ファンが多いですね。
 アイドルもので女性が好む作品というのが意外でしたが、ラブライブが人気なのはそういう一面もあるからかなーと思ってみたり。
 これもラブライブの特徴だと感じてる部分です。
 たくさんの応援と共に成長しているラブライブ。
 まだまだ熱は冷めそうもないですね。


 さて。
 てなところで、一気に感想を書いてきたわけですが、ラブライブを一期→二期とふれてきた方なら安心して見られる物語だったと思います。
 絶賛上映中ですので、みなさんも是非、映画館に足を運んでみてください。
 それではー。


    22:45  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
ミンゴス20thシングル
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop