FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2014.09.27[土] 『劇場版 零~ゼロ~』の感想

零


 9/26より公開を開始した劇場版 零~ゼロ~
 さきほどレイトショーで僕も見てきましたー。

客席ゼロ
 
 海老名のTOHOシネマで見てきたんですが、着いてビックリ、誰もいない。
 お客ゼロ!
 零だけに!
 
 と、違う意味でホラーを感じてたら、上映5分前くらいにチラホラと客が入ってきたのでよかったです。
 けど、カップルばっかりで死にたくなったので、また違うホラーが展開されてたな…。
 
 そんな、劇場版 零。
 せっかくですので、今日のブログでは感想なんかを書いていきたいと思います。
 
 重大なネタバレはしませんが、微バレくらいはあるのでご注意を。
 それでは、スタート。

劇場版 零

 この、劇場版 零。
 原作のゲームと比べてどう?
 というと、全然、違います。
 
 写真を幽霊をばったばったと倒していくアクション映画ではなく、学園内の神隠しを解明していく謎解きもの。
 もはやそれって零である必要性ねぇじゃん。
 と思ってました。
 見る前は。

 けどね。

 こうして視聴を終えた今なら解る。
 「これも零だな」と。
 
 写真、少女、水、カメラ、神隠し、呪い。

 ゲーム版とは違うけど、根底部分ではつながっている。
 特に、「写真」が全編を通してキーアイテムになってるのは、いい解釈かと。

美しいホラー

 そして、この作品の一番の見所。

 それは…

 百合です

 えぇ。
 女の子が女の子を好きになる、あれです。
 もはやホラーですら無くなってるけど、それはまぁいいんだ。
 とにかく、ガチ百合。
 百合乱舞。
 キスシーンとか朝飯前。

 作家さんは、零~紅い蝶~を見て「百合っぽい要素いいね」と言って、こういうストーリーになったらしい。
 やるな。
 百合で幽霊を撃退とか、新ジャンルを開拓してるよ。

アヤ

 幽霊役を演じた中条あやみさんが、またいい。
 とっても長身で、かつ中世的な表情をするもんだから、雰囲気もばっちり。

 そらクラスメイトから総受けになって、引きこもりにもなるわ。
 そんな中から嫁を見つけて、姉妹の契りをかわしてスールになる。
 ロサ・キネンシス!
 だいたいそんな内容。
 
 
美しいホラー

 で。
 気になる「ホラー」としての表現はどうなのー。
 というと、これは新しい世界観を作れてると感心。
 何がすごいって、本編のほとんどが昼間なんですよ。
 ホラーといえば夜、という前提から否定してる。

 百昼夜というのかな。
 明るい風景の中に、すっとたたずむ幽霊。
 蜃気楼のような幻。
 
 一言でいうと『美しいホラー』でした。

 派手なアクションもなく、血も描写も無い。
 キャストが泣き叫ぶようなシーンもほとんどなく、淡々と進みます。
 だが、それがいい。
 謎解き要素もあるので、ホラーというよりサスペンスでしたが、僕はこの雰囲気は好きでしたね。
 
写真

 射影機も、申し訳ない程度に出てくるなー。
 とも思ったけど、出番が少ない分、本当に大切なシーンで使われてます。
 ラストのシーンもよかったなー。
 ただ、あのシーン。
 少年から射影機を借りてたけど、いきなりキスとか始めて、あれ、隣で待ってる少年とか完全に放置だよね…。
 少年よ、これが百合だ。
 強く生きろ。

誰だよ

 あ、あと、突っ込みどころといえば、なんか途中で「いたこ」が出てきて、「オレは幽霊と会話ができる」的なこと言い出すハゲがいるんだけど、

 このシーンいらなかったよね

 なんか別の作品とのコラボらしいんだけど、完全にギャグになってた。
 ほんと、このシーンいらなかった。
 なんか笑っちゃったし。
 あかん。

 笑ったといえば、最後の合唱シーンも、左上のインパクトが強くて、歌が頭に入ってこなかったな。
 いや、ほんと左上の存在感はやばい。
 左上から目が離せなかった。
 確かに、クラスにひとりはこういう子いるけどね。
 不意打ちでしたよ。

 
零

 そんな突っ込みどころもあった「劇場版 零」。
 正直、人にオススメできる内容か?
 と問われると、そこは微妙。
 多分、退屈な映画だと感じる方が大半なんじゃないかなー。
 映画館で見なくてもいい~と思うレベル。

 ただ、僕は好きなんですよ。

 思ったより面白かったので、期待値は超えてました。
 新しいホラーを表現しようとしてたし、とても日本的な恐怖の作り方とも感じました。
 
 幽霊は人を襲うものではなく、助けを求めるもの。
 人を襲うのは、いつだって同じ人。
 
 ブルーレイが発売になったら、購入したいと思います。
 そのくらい気に入りました。
 百合だし。
 おそらく短期上映でしょうし、興味のある方は、お早めに映画館へ。

 てなわけで、以上、劇場版 零の感想でした。
 それでは。

    23:59  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
ミンゴス20thシングル
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop