FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2014.04.14[月] まったり叛逆を鑑賞

ピュエラ・マギ・ホーリー・クインテット!

ピュエラ・マギ・ホーリー・クインテット!

 マミさんが、一生懸命、振り付けとセリフを考えたと思うと、胸が熱くなりますね。
 そして、コメンタリーで「センターが黄色」とやじられる、とw

 はい。
 というわけで、今日のブログは「まどか☆マギカ 叛逆の物語」についてです。
 本当は、全然、別の記事をアップする予定だったんですが…。
 昨日は、FC2ブログがメンテナンスとかいって、アップできなかったんですよ。
 ですので、更新時間は「4月14日23時59分」になってますけど、実際は4月15日の午前6時です(汗
 もうすぐ出勤しなきゃいけないので、簡易更新。
 
 買ってから放置気味だった「叛逆の物語」をようやく視聴できたので、それの感想をちゃちゃっと書いていきたいと思います。

このシーンで泣く

 映画館で2回見たので、もう内容は頭に入ってる、この作品。
 ですので、今回は、キャストさんのコメンタリーを聞きながら視聴してました。

 にも関わらず、やっぱり↑このシーンで泣く…。
 いや、もう無理だろ。
 涙腺不可避ですよ。

あかん

 逆に、このシーンは爆笑しましたけどw
 
 字幕付きで視聴してたら、まどかを後ろから抱きしめながら
 「ほむらの荒い息遣い」
 あかん!
 このシーンだけ切り取ると、完全にほむらが変質者だ。
 おまわりさん、この人です。
 む、なんで僕に手錠をかけますか。

字幕で判明

 そんな笑える字幕もありましたが、偽街の子供たちが何を言っているのか、はっきりと解ったのは収穫でしたね。
 元々、ファンの間ですでに解読はされてましたが、あんまり詳しく調べてなかったので、今回、始めて知ることができました。

 「Got ist tot.」

 意味は、「神は死んだ」です。
 なるほど、ドイツ語でしたか。

タイツ

 今回のコメンタリーは、キャストさん全員がしゃべってるわけではなく、時間で区切って収録してました。
 ですので、3人で話すシーンもあれば、2人で話すシーンもあったりと、バラバラ。
 そして、キタエリの部分はなんとひとり!
 誰かスケジュール合わなかったんかーい!
 さやか…。

 そんなコメンタリー。
 裏話も聞けて興味深かったですけど、「このシーンのほむらはタイツじゃない!」「とってもレア」「どこでタイツを履いたのか…」という、タイツ談義には笑いましたw
 確かに、メガネほむらってタイツじゃないんですよね。
 
DDR

 あとコメンタリーで知ったんですが、今回のBD化にあたって、劇場版から半分以上のカットを直した~という話を聞いてビックリ。
 すげぇ…。
 元々、クオリティの高い作品と感じてたのに、さらにリテイクをかけたのか。
 そういえば、このダンスゲームのシーン。
 劇場版だと、かなりやる気の無いダンスでしたけど、BD版ではちゃんと振り付けがついてましたね。
 これもこだわりかー。

マミさんのリボン

 あとは、コマ送りで再生できるのも、BD版の魅力。
 マミさんがリボンを仕込んでおいた部分も、細かく見ると確かにリボンが見えますね。
 劇場版だと確認できなかったので、あらめて見つけることができました。
 細部まで描き込まれてる作品ですので、こうしてじっくり見られるのもいいものです。
 今回はコメンタリー付きで視聴してましたが、まだほむら1stテイク版は見てないので、また時間があったらそちらも視聴したいと思います。
 
 さて。
 そんなわけで、簡易更新でしたが、今日のブログは叛逆BDを見た感想でした。
 やっぱりコメンタリーがついてると、ありがたいですね。
 聞かない~って人も多いでしょうけど、僕としては裏話も聞ける貴重な場所だと思ってますので、いろんな作品に盛り込んでほしいと思ってます。
 思い入れの強い作品じゃないと、キャストさんもコメントに困る~というデメリットもありますけど…ね。
 
 てなところで、今日の更新も終わり!
 では、そろそろ出勤してきまーす。
  (◕‿‿◕) <きゅ
    23:59  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
『Flow of time』
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop