FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2014.01.26[日] 咲-saki-全国編3話「始動」感想

愛宕の舞

↑パワーダンクをブレーキング中


 さて、そんなわけで、本日のブログは「咲-Saki-全国編」第3局 始動の感想です。
 第二話までは東京で見られたので、最速で感想を書けたんですが、今は福井へ出張の身。
 ニコニコ生放送での配信を待つしかありませんでした。
 リーチをかけても上がれないような、もどかしさ。
 待ってましたよー。
 今、住んでるアパートにはパソコンもネット環境もないので、ネットカフェまで乗り込んで鑑賞してる気合いの入れよう。
 これから、毎週お世話になるかも。

夢乃マホ

 第3話はオープニングなしで回想を一気に見せていったので、いいテンポでした。
 すばら先輩とは面識があったフラグも回収。
 カットされた回想もあったけど、逆にいえば、今回カットされなかった描写は『今後の展開で必要になる』部分だということ。

 マホとの勝負、冷やし透華、プロがからまない形での合宿。
 
 このあたりから、今後の展開を想像するのも面白いです。

天江衣

 また興味深く感じているのは、全国の選手たちにとって長野といえば「龍門渕高校」だということ。
 永水や臨海女子も、天江 衣の名をあげます。
 天江 衣は、去年のインターハイでMVP。
 インターハイ最多獲得点数の記録保持者。
 今年もやってくると、どの高校も警戒してたハズ。

 しかし、敗れた。

 龍門渕高校を倒したのは、清澄高校というらしい。
 じゃあ、その実力はどうなんだろう。
 去年の龍門渕高校の強さを知ってる連中が、清澄と戦うわけなんです。

ダヴァン

 今後の展開を予想するに、僕はこの先、清澄は大きな苦戦を強いられるのではないかと予想しています。
 副将であたる、和とダヴァン。
 透華との再戦を望んでいましたが、それは叶わなかった。
 代わりに勝ち上がってきた和。
 けど、和との戦いでダヴァンは感じるハズ。
 「この程度か」と。
 
 和と咲。

 清澄のツートップが大きく苦しめられる。
 そんな戦いがまっている。
 その布石のために、マホや冷やし透華の描写が必要だった。
 僕は、そう予想しています。


むー

 とまぁ、堅苦しい文章になってしまいましたが、咲の魅力は百合部分にもあり!
 かじゅと部長に嫉妬する桃!
 弁当アピールで割り込んでくるキャプテン!
 久のジゴロっぷりが極まってましたね。
 百合は最強だ。


ちゃちゃのん

 そして、長かった回想も終わって、いよいよ本戦スタート!
 ちゃちゃのんだぁーっ!!

 が!

 しゃべってびっくり。
 この子、広島弁だったのか…。
 いや、広島の高校だから当然なんだけど、イントネーションが想像の斜め上すぎて、思わず「え!?」って声が出たよ。

 そして、セリフ少ないのに、汎用性の高さからか、名言のひとつとなった「そんなん考慮しとらんよ」


でゅるわぁあああああぶるわっひゃあひゃひゃひゃひゃどぅるわっはあああああああああぎゃあああああうわああああああああ

 中の人的には、まさかのアスミス結婚で、そんなん考慮しとらんよ。
 タイミングが神がかってるな…。
 アニメでもいい存在感でした。
 ワンチャン個人戦で再登場あるかな。


るるきゃんデビュー

 もうひとつ中の人ネタを書かせていただくと、真瀬由子役の佳村はるかさん。
 通称るるきゃん。
 モバマスの姉ヶ崎役としてもお馴染みですね。
 そんな、るるきゃんの初アニメデビュー作が、この咲-Saki-なんです。
 モバマスつながりで、るるきゃんのことはデレラジ配信から見てきましたが、アニメデビューが初というのは意外でした。
 自身のブログで、その想いを語ってくれてますが、読んでて胸が熱くなりますね。
 僕も嬉しいです。
 これらも、真瀬由子をよろしくお願いしますね。


ここどこだよww

 さて、そろそろ本編に話しを戻しましょう。
 今回の一回戦。
 原作ではまるまるカットでしたが、アニメでは何らかの描写が追加されるかなー。
 と思ったけど、ほぼ原作通り。
 けど、阿知賀編でも一回戦はほぼカットだったから、テンポとしてはいいのかも。
 これからの二回戦が、メンツ的にもメインストーリーですからね。
 
 永水女子とか、橋を渡って登場する気合いの入れよう。
 ここどこだよ!


やりたい放題やないか

 お前らなんでもありか。
 シード校は違いますね。

戒能 良子

 こうして始まった二回戦。
 この流れだと二回戦も原作通りのカットのされ方かなー。
 と思いましたが、戒能プロの解説という追加要素があったのはグッジョブ!
 戒能プロったら、この短いシーンだけでもファンが急増しそうw
 咲はプロも濃い連中がそろってるから、見所が多いです。
 
 この分なら、アニメ独自の追加シーンや描写にも期待がもてそうですね。
 期待してますよ。
 期待しているというか、次鋒を…ね。
 あとは解るな。

東風

 いよいよ本格的に始動した全国編。
 次回からの対局を楽しみにしたいと思います。


 とまぁ、こんな感じに3話の感想を書いてきたわけですが…。


 個人的には、


宮守優勝

 エンディングが本編でした!

 あちゃー、宮守優勝のネタバレしちゃったかー。
 公式ったら、気が早すぎだわー。
 だわー。
 わー。

 言うだけなら無課金だろ?


白ちゃんだけ飛ばない

 咲で最も好きな高校が、宮守女子。
 舞台探訪するくらいですからね。
 
 そんな僕にとって、このEDはご褒美。
 よだれと涙が同時に出て、脱水症状でご臨終しましたよ。
 ↑ここのシーンとか、白ちゃんだけジャンプしてないし、こだわりも最高。
 監督ありがとう。
 今度、胴上げするわ。

元ネタわかる?

 にしても、今回のエンディング。
 SDキャラが大暴れするのは恒例ですけど、今回の元ネタ解る人ってどのくらいいるのかな?


風雲たけし城

 元ネタは、こちら。
 そう1986年から放送されてた「風雲!たけし城」です。

 人によっては生まれていないかもしれないですね…(汗
 僕は大好きだった番組で、家族と見てました。
 今思えば、バブル全盛期ならではの番組だったのかも。
 
 エンディングで各キャラが挑んでいる競技は、すべてこれ。
 まったく監督ったら、おっさんホイホイすぎw
 同世代の僕は歓喜でしたけど、演じてる役者さんとか知らない人も多そう。
 激しいジョネレーションギャップが見られそうです。


宮守メイン

 今回の3話が、宮守女子が歌って、描写も宮守メインってことは、毎回、エンディングが変わるパターンなのは確定。
 エンディングも楽しみのひとつとして見られそうです。
 最高だ!


 と、エンディングが一番盛り上がったところで、今日のブログもこの辺で。
 早いところだと、四話は今日かー。
 見られなくてぐぬぬ状態だけど、僕は来週の配信をじっくり待つとします。
 それでは。
    16:08  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
『Flow of time』
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop