fc2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2013.12.22[日] 「咲-saki-全国編」先行上映会イベントレポート

六本木ヒルズ

 この3連休に、福井から東京まで遠征してきたわけですが…。
 目的は、ここです!
 六本木ヒルズ!

 六本木というと、一般庶民には縁遠い土地という感覚なんですが、わりとオタク系のイベントや展示会もやるので、お馴染みの場所になりつつあります。
 
 
咲-saki-全国編

 そんな六本木で、本日、開催されたのが、

 「咲-saki-全国編スペシャルイベント」

 2014年1月からの放送に先駆けて開催された、このイベント。
 咲-saki-ファンの僕が、参加しない選択肢などなかった。
 福井に出張?
 なら福井から駆けつければいいじゃない!
 片道10時間もなんのその。
 リア充うずまく六本木に降臨してくれやがりましたよ。

TOHOシネマ六本木

 イベント会場は、六本木ヒルズにあるTOHOシネマ。
 くわー、なんておしゃれな外装だ。
 僕の知ってるTOHOシネマじゃないぞ、ここ。
 館内に滝とかあるし。
 デザインが凝ってます。

 ただ…。

 このTOHOシネマに限った話じゃないですけど、六本木って、デザインを重視するあまり、雨が降ったことをまったく考えてないん建物が多いんですよね。
 わりと迷路だし。
 晴れてよかったです。

インターネットチケット

 館内へと入って、チケットを発券。
 今回のイベントは、映画館の座席を指定して購入する流れ。
 抽選だと思って油断してたら、普通の映画のチケットと同じで、先着順だったから焦りましたよ。
 後ろとはいえ、間に合ってよかった。

N-31

 開始は20時からと遅めでしたが、そろそろ入場が始まると思い、5階のスクリーン7へ。
 けど、そこには人だかりが。
 あらら、まだ入場が始まってなかったのか。
 結局、開始されたのは10分前でしたが、ロビーに人があふれてたし、そもそも10分で全員を着席させるのは無茶な要求。
 20~30分前くらいには解放してほしかったところです。

クリアファイル

 来場者特典で、こんなクリアファイルをいただきました。
 キービジュアルがプリントされてます。
 かっこいいけど、改めて眺めてみると、いろいろ突っ込み所があるイラストですね(汗
 とはいえ、このキャラたちが動くところがいち早く見られると思うと、気分も高まります。


 さぁ、どんなイベントになるのか。
 時刻も20時をまわって、いよいよ開始となりました!

司会者「タコス~」
オレら「だじぇ!!」


 どんな呼び込みだよww
 そんな謎コールに呼ばれて、キャストのみなさんご登場~。
 
・宮永咲役、植田佳奈さん
・原村和役、小清水亜美さん
・狩宿巴役、赤﨑千夏さん
・臼沢塞役、佐藤利奈さん
・オープニング、橋本みゆきさん
・監督、小野学さん


 以上、6人が壇上へとやってまいりました。
 場内からは歓声が!
 と、同時にどよめきが。

 それもそのハズ。

サンタ植田

 なんと、植田佳奈さんはサンタ姿!


トナカイ

 小清水亜美さんはトナカイ姿で登場したからです!



植田さん「先日、ラジオの収録があって、その後、何着ていく~?という話になって」
小清水さん「クリスマスも近いから、サンタでいこう! で、ドンキで買ってきました」
 
 ドンキホーテとか、普通に名前出しちゃったよw

佐藤さん「お二人の、おみ足がまぶしい!」
場内(同意!)

小清水さん「このトナカイとか、すごいイラっとするでしょう?」
植田さん「3つくらいあったのに、まさかそれを選ぶとは思わなかったよ」


 そんな笑いも混じりつつ、オープニングトークも進んでいきました。
 ここからは、質疑応答形式でのトーク。
 うろ覚えですので、抜けているところがあったらすみません。
 
Q「アニメの進行状況はどうですか?」
A「とても順調」


 監督曰く、年内に5~6話は色付きまでもっていけるペースだという。
 それは何よりです。
 というか、この質問、ド直球すぎるだろw


Q「アフレコの雰囲気はどうですか?」
A「清澄のラスボスオーラがすごい」


 清澄がまるで悪役。 
 倒される側のような立ち位置らしい。
 トイレに迷っただけなのに、あの咲のオーラはおかしい、とは植田さんの談。

 キャストの人数に定評のある咲-saki-シリーズだけど、第一話もたくさんいて、なんと総勢40人くらいいたとか。
 広いスタジオなのに、全員入りきらないので外に出てもらっている状態。
 咲-saki-ならではの光景ですね。
 収録後はみんなと麻雀うったりと、和気藹々と進めているそうです。


Q「麻雀の腕前はどうですか?」
A「赤﨑千夏さんがおかしい」


 赤﨑千夏さんは、今回の収録から麻雀を始めた一員。
 にも関わらず、生まれて始めてあがった役が、なんと国士無双。
 それ以外にも大三元もあがったとか。
 リアルかおりん!
 ただ、牌をツモった時、手牌が相手に見えてしまうような持ち方をしているらしく、そこは直した方がいいと植田さんから指導が。
 ちなみに、麻雀業界ではパンチラというらしい。
 え、それ本当なの?


Q「オープニング曲はどうですか?」
A「希望に向かっていく曲」


 今回もオープニングを担当されたのは、橋本みゆきさん。
 最近の楽曲の中では遅い方だけど、のれる曲調だそうです。
 その後、声優でも参加しませんか~?
 という流れになり、監督からはプロ雀士として登場されてはどうですか?
 と、言いたい放題。
 「橋本みゆきプロ役の橋本みゆき?」
 それは変だと嫌がる橋本さんに、可愛いから採用と乗り気の小清水さん。
 今日の橋本さんは完全にいじられキャラでしたw


 そんな楽しいトークで会場が温まったところで、ここでお待ちかねのスペシャル上映!
 今回のイベントで何を上映するかは、事前に発表があったわけではありませんが…。
 みなさんの予想通り、第一話が先行上映されることが決定!
 

すばら

 すばら!!!

 監督の太っ腹に感謝しつつ、姿勢を正して、全身で一話を堪能しました。


「超楽しいよ~」

 
 第一話の内容に関しては、ネタバレになりますし、内緒にするようお願いされたので、いっさい書きません。
 「超楽しいよ~」とだけ書いてくださいと言われましたので、そのまま書かせていただきましたw


「Glossy:MMM」

 上映後は、ライブコーナー!
 みなさん立ってください、けど、ジャンプはダメですよー。
 というお決まりの注意が入ったとこで、ミュージックスタート!
 まずは、咲-saki-といえば、この曲。

 「Glossy:MMM」

 今でも、橋本みゆきさんの代表曲といわれる名曲。
 サイリイウムはもちろん持ってきてました。
 ノリノリでコールも入れましたよ。
 けど、今回のライブ。
 音響の不具合なのか、ボリュームが安定してなかったです。
 そこだけは残念でしたね。

 盛り上がったところで、次は全国編のメインテーマ「New SPARKS!」も初披露。
 リハーサルができなかったので、不完全で自信が無い~。
 と話されてましたが、とっても盛り上がりましたよ。
 そして、初聴きなのに、ちゃんとPPPHを入れる訓練されたオレたち。
 みなさん、頼もしいですw
 
ざわざわ

 橋本さん曰く、麻雀というと血を抜いたり、ざわざわしたりと、暗い一面が強いゲーム。
 だから、こうして咲-saki-という華やかな作品と出会えて、麻雀の捉え方が変わった、とのこと。
 咲-saki-と共に歌っていきたい。
 そんな意思を、しっかりと感じました。


新情報

 ライブ後は、閉めのトークへ。
 ここで初出しの情報も発表されました。

「咲らじ全国編」
 植田さんと小清水さんがパーソナリティーを勤める、咲-saki-のWEBラジオ。
 こちらが12月27日から配信開始、とのこと。
 これは聞き逃すわけにはいきませんね。

「オープニングとエンディング」
 橋本みゆきさんが歌うオープニング「New SPARKS!」は、1月22日。
 姫松、永水、宮守が歌うエンディング「この手が奇跡を選んでる」は、2月26日発売。

「ブルーレイ1巻」
 放送前というのに、早くもブルーレイ1巻の情報も飛び出しました。
 いつも通り、設定資料や書き下ろしの表紙。
 このあたりは別に特筆するところも無かったんですが、ここからがすごい。

 小林立先生、五十嵐あぐり先生、木吉紗先生、そして、大和田秀樹先生。
 この4人の作家陣による描き下ろしコミックが収録!
 ページ数は、なんと72ページ。
 なんて豪華な特典!

 というより、

ムダヅモ
 
 なんで大和田先生がナチュラルに混ざってるんだよww

 立先生本人を描いたマンガを2回ほど掲載されてましたが、もはや完全に咲作家のひとりという扱いなのか。
 いいですねー、こういうノリ。
 気になる発売日は、3月19日。
 元々、ブルーレイの購入は予定してましたが、今まで以上に楽しみになってきました!

 そんな嬉しいサプライズも発表されたところで、咲イベントもそろそろ終了の時間に。
 

司会者「最後に、何か一言お願いできますか?」

橋本さん「CD100枚買ってください」
小野監督「BD100枚買ってください」



高校100年生

 え!イベントの閉めがそれでいいの!?

憧「100速だなんて、そんな小学生みたいなことを言うの、穏だけだよ」
 
 ごめんなさん、憧さん。
 ここにも、いらっしゃいました。


・高校100年生
・100巡先
・100速
・100回倒す
・CD100枚 ←NEW
・BD100枚 ←NEW

 一気に2個も増えちゃったかー。
  
咲-saki-イベント

 そんな感じに最後まで笑いの耐えない、楽しいイベントでしたが…。
 ここで閉めたら、なんか「CDとBDたくさん買って~」という下世話な話で終わってしまうので、最後に小野監督の言葉で閉めたいと思います。



『咲-saki-は、スポーツだと思って作っています。
勝った高校にも、負けた高校にもドラマがあります。
それをしっかり描いていくのが、私の仕事です』


 監督、これからも咲シリーズをよろしくお願いします。
 咲-saki-全国編
 2014年1月放送開始となります。
 僕も大好きな作品ですので、全力で応援していきますよ!

 それでは、以上、咲-saki-スペシャル上映会のイベントレポートでした。
 参加されたみなさん、お疲れ様でした!
    23:59  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
チョクメはいいぞ
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop