FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2013.03.05[火] VITA版「閃乱カグラ」についてあれこれ

クソ吹いたwww

↑朝から、このツイートに爆笑してましたww


少女たちの証明

 そんな、VITA用ソフト「閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明-
 各地で売り切れも出た~。
 という話も聞いてましたが、どうせ品薄商法だろう。
 と思ってたら、

 なんと12万本突破!

 やべぇ!
 カグラ史上、最高の売上とかやべぇ!
 けど、何が一番やばいかって、

 VITA所有者の10人に1人が購入してる計算になるところ

 やべぇ!
 カグラやべぇ!
 VITAの未来は明るいぞ!

下だけ

 そんなカグラを、僕も胸躍らせながらプレイしてるわけですが…。
 この作品。
 ついついおっぱいに目がいきがちですけど、まずゲームとしてデキがいいんですよね。
 これは3DSの頃から言われてたことですけど、ゲームとしての水準が高いうえに、この演出だから、人気があるのだとよく理解できました。

 そんなカグラで、個人的に感心したのが、この機能。

背面タッチ

 背面タッチパッドで、視点を動かせる
   
 これです。
 ディフォルトではオフになってますが、設定で、背面タッチを反応させることができるようになるんです。

右のアナログ

 通常、視点変更は右のアナログスティックを使用するのですが、攻撃ボタンを押しながらだと、動かすことができません。

視点

 そのため、戦闘中、こんな感じにキャラがこちら側を向いてしまった場合、前の状態が解らずに攻撃を続けることが何度もありました。
 せめて、十字キーで視点を動かせたらなー。
 なんて、思った矢先の背面タッチですよ。

背面

 おかげで、移動、攻撃、視点切り替えがとってもスムーズ。
 しかも、背面パッドも、左側か右側か、もしくは両方など、細かく設定が可能なのも嬉しいですね。
 ポンポンと2回叩くと視点もリセットされる仕様も素晴らしいです。
 
 これって、もしかしたら、かなり画期的なのでは?
 
 VITAのゲームはいくつか遊びましたが、始めて背面タッチを有効に使ったゲームと出会えた気がします。
 カグラすげぇ。
 ただのおっぱいゲームじゃないことが、この機能からも伝わってきますね。
 さすがでした。

斑鳩の風紀とは…

 そんな感じに、機能面もしっかりと作ってある閃乱カグラですが、ここにきて、いろんな隠し要素も見つかってきたようです。
 なるほど。
 ここまでしっかりとゲームを仕上げてくれるスタッフですから、いろいろネタも仕込んでいた、というわけですね。

焔紅蓮隊

 まず、先日もブログで書いた、「焔紅蓮隊を即使用可能にする方法」。
 
学校選択画面で、LRを押しながら
「↑←→↓↑→←↓↑→↓←↑↑←↓→↑」


 ストーリーのつながりが解らなくなりますが、よろしいですか?
 という注意文にOKを押せば、ストーリーモードをクリアーしてなくても、焔チームが使用可能となります。
 早く未来をprprしたいんだーっ!
 という僕みたいな末期患者には、大助かりの裏技ですね。

ムラクモ
 
 お次は、死塾月閃女学館の叢(むらくも)について。
 彼女は、内気な性格のため、常にお面をかぶっている恥ずかしがりや。
 
 そんな彼女が登場する前のロード時間。
 この時にセレクトボタンを押し続けていると…

お面が外れます

 お面を外した状態で登場してくれます!

 戦闘中に素顔とは、レアですね。
 とはいえ、あくまで面を外しただけで、性格やセリフは変わりません。
 

パンツ
 
 最後は、こちら!
 もう画像だけで説明は不要ですね。
 更衣室で、視点を真下にする方法です。
 カグラチームは、怖いもの知らずか。

雪泉さん

 今回、撮影に協力してくれたのは、雪泉(ゆみ)さんです。
 
雪泉「スケベ根性、甚だしいですね」

 ありがとうございます。
 
通常はこのくらい

 まず、○ボタンを押して、本体をかたむけます。
 通常は、このくらいまでしかカメラはかたむきません。

本体を一回転

 だが、あきらめるな!
 秘伝忍法本体回転!
 
 写真のように、○ボタンを押した状態で、VITA本体をぐるっと一回転させます。
 ○ボタンの関係で、かなり回転が難しいですが、パンツのためにがんばりましょう。

一回転

 一回転させると、こんな感じに。
 雪泉が怒り狂ってますが、これも忍道。
 気合いと共に、さらに一回転。

ウェルカム

 ウェルカム


 いかがでしたか、このVITAのジャイロ機能をふんだんに使った、ダイナミック視点切り替え。
 カグラチームは天才か。
 まぁ、こんなことしなくても、服を破けば見放題なんですが…。
 そうじゃないんだろ?
 解ってるさ。
 スカートのガードをかいくぐるところに、意味があるのさ。
 カグラチームとは、いい酒が飲めそうです。

雪泉「……」

 
 
 さて、そんな感じにすっかりカグラdayな毎日ですが、実際、面白いですし、しばらく飽きることはないでしょう。
 ネット対戦もできますしね。
 変態ゲームと侮るなかれ(キリっ


 というわけで、今日のブログはカグラ特集でお届けしました。
 明日も、いいおっぱいを。
 それでは。
    23:59  Top

2013.03.05[火] ラブライブ!9話感想

グッズ

 我が家に着々とラブライブ関連が増えている今日このごろ。
 2学期はわりと表紙詐欺だったけど、むしろアイドル商品らしいと褒めたい。
 ジョジョそれでいい、それがベスト。

 そんなわけで、今日のブログは、月曜日恒例のアニメ「ラブライブ!」の感想です。
 今週は、第9話「ワンダーゾーン」

やっとまともな

海未「やっとまともな演技力を持つ人が入ってくれたー」
絵里「それ以上はいけない」


 先週、9人になったμ's
 ここからどんな話を展開していくと思いましたが、今回はギャグ回でしたねw

フラグ
 
 解りやすい伏線をはってたメイドことりが、ようやくバレるお話。

知ってた

ことり「実は私がミナリンスキーだったんです!」

真姫(知ってた)
にこ(知ってた)

知ってた

理事長(知ってた)

誰!?

穂乃果「な、なんだってぇーっ!?」
花陽「いや、気付けよ」

外人

 バレる展開は予想通りでしたが、ことりの誤魔化しっぷりが予想以上で面白かったですw
 内田 彩さんもがんばりすぎ。

さらば!

 「さらば!」のセリフは、つくよちゃんを思い出して、完全に身内ネタでツボったしw

逃走シーン

 にしても、今回は秋葉の再現度が見事でしたね。
 ことり逃走ルートとか、すぐに解ったし。
 全部、知ってる場所でニヤニヤしましたよ。

 秋葉に訪れたことのない方はピンとこないかもしれませんけど、秋葉って意外と狭いんです。
 狭いところに濃いお店が密集してるから、インパクトあるだけ。
 ですので、ちょっと歩けば、ことりがどこを通ったか、すぐに解ると思いますよ。

エリチン

 そんな、ことりに対して、いきなり歌詞作りを丸投げするエリーチカ。
 「秋葉に詳しいからいけるよね!」
 と、完全に無茶ぶりだけど、
 「ピアノひけるなら作曲もできるよね!」
 と、真姫におしかけた女もいるので、μ'sではよくあること。

ことりライブ

 そして、さらに秋葉でライブも決行。
 エリーチカすげぇな。
 路上パフォーマンス禁止の秋葉でライブとか、なかなかできないですよ。
 とりあえず、みんな逃げろ。

モブ

 そんな活躍をみせるエリーチカを横目に、すっかり影がうすくなったもうひとりの3年生。
 
希「この組み合わせはあかん!」
凛「あかんことないにゃー。先輩は”こっち”の組にゃー」
花陽「ふふふっ。サブキャラって案外悪くない立ち位置ですよ」
希「あかん!」

違法

希「話は変わるけど、あのアイドルショップあったやん」
凛「いきなり変えたな」

μ'sグッズ

希「あのグッズ、完璧に無許可やったけど…」
凛「あー、あんなのよくある話ですよ」
花陽「宣伝になると思えば…、別にいいかなーって」

親友3人

希「私たちの写真をショップに流してたのが、この3人やったら、面白い展開やと思わへん?」
花陽「ぇー」
凛「そんな発言してると、本当にモブキャラにされちゃうよ…」


メイド海未

 なんだか、不穏な空気になってきたので、ここからで百合成分を投入!
 メイド海未ちゃんに、ハラショー妹。
 キマシタワー!
 よし、ここにタワーを建設しよう。
 このカップリングは、あり。
 ありあり。
 アリーヴェデルチ。

2年トリオ

 そんな感じに、メイド回ということでコミカルな展開も多かった9話ですが、振り返ると、2年トリオがメインだったように思えます。
 この3人からスタートしたμ's
 最後は互いの絆を確かめ合った、いい話でもありましたね。
 
 こんな感じに、今後の流れはそれぞれのメンバーを、もう一度振り返る話が続くのかも。
 来週の話は「先輩禁止」だから、1年メインだったり?
 エアメールの伏線がやや謎でしたが、来週も楽ませてもらいたいと思います。
 
 以上、ラブライブ第9話「ワンダーゾーン」の感想でした。

にょわ
    00:43  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
『Flow of time』
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop