FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2013.01.13[日] スト魔女ライブ「みんながいたからデキること!」に参加してきました

夜の部のチケット

 こちらのチケット、何かわかりますか?
 そうです!
 本日開催された、ストライクウィッチーズのライブイベントのチケットです。
 タイトルは、
 
 『ストライクウィッチーズ劇場版 みんながいたからデキること!』公式サイト

劇場版の先行

 劇場版BDについてきた先行申し込みに応募したところ、見事に当選。
 昼と夜の二公演だったのですが、きっと夜だけのサプライズもあるはず…と予想して、夜の部に参加することにしました。

 が!

 ここで残念なお知らせが…。

野川さくらさんは不参加

 エーリカ・ハルトマン役の野川さくらさんが、体調不良のため出演を見合わせるとお知らせがありました。
 うわー、マジですか。
 風邪かなー。

 ん、まてよ…。
 これって…

風邪かハルトマン

「風邪か?ハルトマン。カールスラント軍人たるもの、体調管理も任務のうちだぞ」

ふきふき

 ふきふき

うわー

「うわー!!こっちにつけるなー!!」


 劇場版のシーンとシンクロしてるじゃないですか!
 この風邪シーンを、まさか本人自ら実演してくるとは…(汗
 ともあれ、一日も早い回復を願ってます。

東京テレポート駅

 そんな残念な報告もありましたが、イベント自体は成功してくれると信じて東京テレポート駅に到着。

ゼップ東京

 そういえば、会場となるZepp Tokyoって、始めて行くことにここで気付きました。
 んー、駅から近いハズたけど、どこかなー。
 そして、やたら家族連れも多いぞ。
 はっ!まさか…?
 スト魔女は、ついにファミリー層にまで人気が浸透したとか!?

海賊

 と思ったら、目的はこっちでした。
 あー、はいはい。
 海賊ね。
 
ZEPP東京

 そんな海賊船の隣が、ちょうどZepp Tokyoでした。
 到着すると、昼の部の入場待機列を作ってるところ。

 って、やっぱりすごい人混みだな。
 
 そんなオレらを、隣で見ていく親子連れ。
「何?何の列?」
「すごい人たちだねー」
「あれ、なんだろ」
 見れば解るだろ。
 これがネウロイだよ。

物販へ

 そんな待機列を通り過ぎて、僕は夜の部の物販列へ。
 ライブの物販というのに、パンフやTシャツは売ってなくて、抱き枕、サバイバルバッグ、双眼鏡、シーツという上級向けなラインナップ。
 スト魔女じゃよくあること。
 
 せっかくなので何か買うかなー。
 
 と思ってたけど、2時間並んだあたりで
「物販時間は終了しました」
 とアナウンスがあって解散~。
 すげぇな…。
 まさか、レジまで辿り着けないとは思わなかったよ。
 あんたはブシロードか。
 
 今回、物販に関しては、かなり不満が多かったみたいですね。
 こんなところで信用を落とすのは、もったいないです…。

入場開始
 
 物販は成果なしで終わりましたが、せめてイベントだけでも楽しもう!
 というわけで、会場の中へ。

 んー。
 中の作りは渋谷AXに近いかな。
 あれよりも、左右が狭いけど、代わりに後ろに長いイメージ。

 僕はステージに対して右側の位置をキープ。
 1274番という、かなり後ろの番号にも関わらず、わりとステージが見える位置だったのはラッキーでした。

 時刻は18時10分。
 始まるまで、あと20分か。
 あとは、このまま待機かな。

 と思ってたら、館内にかかってたBGMに合わせて、会場内からコールが。
 次第に大きくなって、最後は手拍子まで出てくる始末。
 なんか、アイマスライブでもこんな光景があったなw
 どこのイベントでも、こういう空気は同じですねww
 こういうノリを嫌がる人もいるでしょうけど、同じ作品が好きな人たちがこれだけ集まっているんですから、このくらいは笑っていきましょう。

 そんな開演前からボルテージ高めな会場の中、ついにイベントがスタートしましたー。

みんデキ

 まずは、坂本さんとお姉ちゃんによる、開演に先駆けての注意アナウンス。
 この時点で大盛り上がりw
 スト魔女らしく「気を引き締めていけ!」「軍事違反は退場だ」などと、アナウントも気合十分。
 
 そこからの一発目が、石田耀子さんによる熱唱!
 開幕からクライマックスでした。

 その後は、キャラクターによるミニドラマ→ライブ→ミニドラマ→ライブといった流れでイベントは進んでいきました。
 ちなみに、主題歌を歌う石田耀子さんも出演されてましたw
 声優初挑戦と話してましたが、けっこう上手でしたね。

 その一方で、急遽、欠席となってしまったハルトマン。
 これに関してはどうするのかと思ったら、それ用に台本を作り直したみたいです。

お姉ちゃん「起きろ!ハルトマン!って、いない!?」
リーネ「ハルトマンさんなら、後は任せると言ってましたよ」
お姉ちゃん「あいつめー」

 このあたり、半分、アドリブもあったかもしれませんが、うまく修正されてました。
 園崎未恵さんも「カールスラント軍人が私だけになるとは…」と話してましたし。
 けど、途中、リーネを「リーナ」と間違えて呼んでしまった時は焦ってましたねw
 多分、リーネとミーナが交ざったんでしょう。
 これに対して、「誰ですか?」とすぐに突っ込む名塚佳織さんも慣れたもの。
 このあたりの臨機応変な会話劇は、プロの姿も垣間見れて面白かったですね。
 
サーニャ、エイラ

 そして、後半に登場したのが、サーニャとエイラ。
 2期の6話の挿入歌「sweet duet」を披露してくれました。
 あー、これが生で聞けて満足ー。
 お互いの手を握り合うシーンも多く、イチャラブしながらのステージでした。
 何度も抱き合うし、もうキマシタワー。
 こっちも高まりました。

 全員曲としては「ブックマーク・アヘッド」もあったり、劇場版主題歌である「約束の空へ~私のいた場所~」も歌われました。
 一期から劇場版まで、幅広くカバー。
 スト魔女の歴史を振り返るようなライブでしたね。
 
 そして、アンコールでは二期のED曲「Over Sky」
 これをみんなで歌うぞー。
 と、福圓美里さんの声と共に曲がスタート…。

 の、ハズが、違う曲が流れ始めました。
 ん?
 これは、ハッピーバースデー!?

 会場にいた僕らも、一切、知らされていないサプライズ。
 けど、すぐに状況を察して、みんなでハッピーバースデーを大合唱!
 そして、登場したのがこちら↓

福圓美里さんへのケーキ

 なんと、1月10日は福圓美里さんの誕生日だったのですー。
 これは昼の部にはなかった演出ですし、もちろん、福圓美里本人も知らなかったこと。
 最初、素で「え?」となっていたのが可愛かったですね。
 
福圓美里さんのツイート

 今年で31歳をむかえられたそうですけど、聞けば、23歳にオーディションをうけて、この作品がスタートしたと話されてました。
 もう7~8年の付き合いになるんですね。

宮藤芳佳

 お誕生日おめでとうございます。
 これからも宮藤芳佳をよろしくお願いしますね!
 
服部静夏

 その一方で、新しくスト魔女のメンバーになった方もいます。
 服部静夏役の内田彩さん。
「オーディションをうけられただけでもすごいことなのに、まさか私が選ばれるなんて」
「こんな素晴らしい作品に参加できて、本当に嬉しいです」
 と、しきりに感謝の気持ちを語ってくださいました。
 途中、感極まって涙ぐむシーンも。
 なんかいいですね、こういうの。
 アイマスもそうですけど、長く続く作品だからこその光景です。
 スト魔女も、まだまだ続いていくでしょうし、こういった出会いと共に成長していってほしいです。

 それだけに…。

 今回のイベントで、3期とかの話が出なかったのはちょっと寂しかったですね。
 一応、最後に「つづく」という文字がスクリーンに出ましたけど…。
 劇場版の最後も「つづく」でしたし、この先の展開がどうなるのか、ファンとしては気がかりでなりません。
 テレビアニメなのか、OVAなのか、はたまた劇場版なのか。
 監督さん、そのあたりどうなんですかー。

ビビッドレッド

 けど、監督の高村和宏さんは、現在、別の作品を手がけております。
 ビビッドレッド・オペレーション。
 こちらがひと段落するまで、スト魔女はお預けかもしれないですね。

 好きなシリーズですので、次の展開を期待してますよ!

夜の観覧車

 そして、スト魔女ライブも無事に終了。
 とっても気持ちいい時間でした。
 
 と、余韻に浸ってると、なにやら行列が。
 あ、そうか!
 終演後の物販列か!
 さっきは二時間並んだだけで終わったので、ここで回収だ!
 と、急いで列に入りました。

ハルトマン抱き枕

 会場限定は全て完売してましたが、イベント先行の抱き枕は回収ー。

ハルトマンテレカ

 購入したのは、ハルトマン。
 今回、欠席だったのに、この存在感ですよ。
 さすがEMT。

表裏

 にしても、相変わらずスト魔女の抱き枕は質が高いですね。
 公式が本気すぎて、同人がついて来れてないくらい。

こだわりのポイント

 このくつ下の脱げ具合とか、議論に議論を重ねた結果なのでしょう。
 スタッフの愛すら感じますよ。
 しばらく拝んでおこう。

門脇さんのツイート

 そんな感じに、スタッフからも出演者からも愛されているスト魔女。
 もちろん、ファンも心から愛しています。
 
 また新しい展開を見せて、こうしたイベントが開催されたら、それほど幸せなことはないです。
 「つづく」というメッセージが、どんな結果として登場するのか。
 楽しに待っているとします。
 
 
 というわけで、今日はスト魔女ライブイベント「みんながいたからデキること!」の感想を書いてみました。
 出演者のみなさん、本当にお疲れ様でしたー!
 またお会いしましょう!
    23:59  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
『Flow of time』
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop