FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2012.05.09[水] スカルガールズからみる文化の違い

 本日のテーマは、スカルガールズからみる文化の違いについて、です。

 ご存知の通り、スカルガールズは海外の作品です。
 日本人の好みにも合う作風とはいえ、ところどころに感じる洋ゲー臭は隠しきれません…。

ダブルの仮の姿

 最初、このキャラを見た時、

ニヤリ

 ほぅ…シスターか。
 なかなか解ってるではないか。

 と思った矢先に、

口が…

 口がパカッと開いて…

ダブル登場

 こんにちは。

コレジャナイ

 返す言葉もなかったわ。



 そんな、モンスターと化したシスターをぶっ倒したら、ラスボス登場。

ラスボスです

 ほぅ…メイドさんとは、さすがツボを押さえてくれてるな。
 これは期待できる!

 そう思いつつ、試合を開始したら、

コレジャナイ





何かが違う

 これがカルチャーショックというやつか…。
 開発チームのみなさんには、ジャパニーズカルチャーをもっと勉強していただいて、異文化の交流を深めていきたいですな。


 そんな感じに、微妙にズレた感性もありますが…。
 スカルガールズはやっぱりキャラが綺麗!
 始めて動かしたときは、素で感動したものです。

テクスチャーの違い

 何よりビックリしたのが、カラー。
 胸元に注目してください。
 色を変えただけなのに、なんと服のデザインも微妙に変化させているのです。
 2D格闘ゲームで、こんな手間のかかることをやってくるとは…!

メガネONOFF

 さらに、キャラによってはカラーを変えると、メガネをかけたりもしてくれます。

光源処理

 また、炎の飛び道具などを近づけると、光が照り返すなど、まさに芸コマ。
 こういうこだわりは高く評価したいですし、眺めているだけでも飽きないです。
 本当にお見事!


 そんな開発スタッフの作り込みを見せられたら、こっちも本気で研究しないと失礼というもの。
 最近、スカル日記ばかりで、「読んでも何のことか解らなーい」という人もいるかもしれませんが、ご勘弁を。
 それだけ夢中になれる格ゲーに出会えたことが、本当に嬉しいんです。
 洋ゲーならではの大味なところもありますが…。
 多少のカルチャーショックも、むしろ楽しんでるくらいですよ。
 
 というわけで、そろそろコンボ研究に戻りたいと思いますので、今日のブログもこの辺で。
 また明日!
    23:59  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
『Flow of time』
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop