FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2011.11.20[日] 六本木で開催されているドラクエ展に行ってきました

ばんえい競馬場のアイマスコラボ

 今日は、北海道の「ばんえい競馬場」が熱かったみたいですね。
 朝から、アイマスファンのツイート見てるだけで、興奮が伝わってきて笑っちゃいましたw
 詳細は、こちらをどうぞ

 ばんえい競馬場は、去年、北海道の亜美・真美オンリーに参加した時に来場する機会があったので、懐かしい気持ちで見てました。
 現地まで集結したPのみなさんも含めて、お疲れ様でした!

 そんな765プロ企画にほっこりしつつ、僕の方はというと、今日は六本木まで出向いてました。
 きっかけは、友人から届いたメール↓

Sくんからのメール

 『暇なのでドラクエ展でも見に行くけど、どうですか?』

ドラクエ展

 おー!
 ドラクエ展かー。
 たしか六本木で開催されてるイベントですよね。
 確かに、これは一度は行っておきたい。
 よし、僕も付き合おう!

 と、思ってたら、今度は友人からこんなメールが届く↓

13分後にこれかよw

 『段々モチベが下がってきた』

 わずか13分後に、このメールは無いだろw
 すぐさま電話して、僕も行くとフラグを立てる。
 昨日の豪雨とうって変わって、今日は快晴。
 出かけなきゃ損!

 というわけで、友人をけしかけて六本木を目指しました。

六本木なう

 が!

 六本木に到着した途端、周りを走る高級車。
 コンビニもない、高級店の数々。
 そこを歩く人たちのセレブクオリティの方々が、嫌でも目に入る。

 やっべぇ…。
 オレら超アウェイじゃんか。
 
ユミックス原

 だいたい僕の六本木の知識なんて、ラストブロンクスの六本木野獣会と、「パイオツカイデーのデルモのチェンネエとギロッポンでグーフー食べた後、ザギンでデパガとシースー」くらいしか知らん。
 
 だが!
 
 そんな下り坂のモチベも、急所追加した友人も含めて計3人になったことで、なんとか復活。
 ドラクエ1は1人だったけど、ドラクエ2は3人パーティー。
 なるほど。
 仲間とは、これほど心強いものだったのか。
 ドラクエは勉強になるなー。

会場は六本木ヒルズ

 会場は「六本木ヒルズ」。
 ここの52階にある展望台が、そのままドラクエ展になってるみたい。
 まずは、3階の受付に向かってみる。

スライムタワー

 だが、そこにはすごい長蛇の列が…。
 10月開催から時間もたってたし、六本木だから人も少ないだろう~。
 なんて考えは甘かったようです。
 さすがドラクエ。
 衰えない人気がここにありました。

1800円

 行列は即売会で慣れてるので、特に苦痛も感じることなく待機して、入場チケットを購入。
 けど、1800円は高いなー。
 と思ったら、この金額に展望台入場も含まれているらしい。
 あー、それなら、お手頃価格かも。

 エレベーターに乗り込んで、いざ地上52階へ。
 高さ250mの展望台へルーラ!

高ぇぇええええ

 高ぇぇぇええええ!!

 さすが250mの高さは圧巻。
 これは高所恐怖症の人は、一発でノックダウンするレベル。

お台場が見えました

 にしても本当に高いな。
 よく見たら、フジテレビまで見えるじゃないか。

スカイツリーも

 おっ、こっちはスカイツリーも。
 
東京タワーも

 おー、東京タワーまで。
 ちなみに、地上250mの展望台は、東京タワーの特別展望台と同じ高さでした。
 六本木ヒルズが、こんなにも高層だったなんて…。
 ギロッポンすげぇー。

 って、待て待て待て。

 オレらはドラクエ展を見にきたんだよ。
 地上を見下ろして、「人がゴミのようだ!」とか言ってる場合じゃねぇ。
 
 ドラクエ展入口

 展望台から移動して、本日の本命「ドラクエ展」へと入場しました。
 
僕は武闘家をチョイス

 入場すると、最初に『自分の職業』を選択することに。
 選べるのは、『勇者、戦士、武闘家、魔法使い、僧侶』の5種類。
 それぞれ、好きな職業のパンフレットを持っていく流れ。
 ほぅ、なるほど。
 僕はドラクエ3でもレギュラーメインだった、武闘家をチョイスしました。

謎解きをやりながら進む

 パンフを読むと、謎かけがあり、正解だと思う箇所を、ビンゴゲームのように開けていくようです。
 正解のヒントは施設内に隠されており、順番に回りつつ正解を探していくルールみたい。
 へー、ただ展示品を眺めるだけでなく、こんな遊び要素もあるんですね。


 施設内をざっと見ましたが、ドラクエの歴史がわかる年表があったり、当時、実際に使った手書きの企画書など、貴重な品々ばかり。
 鳥山明先生が描いたモンスターの原画とか、おそらくここが初出しなのでは?
 にしても、鳥山明先生の原画の上に、堀井雄二さんが描いたモンスター原案も展示されてたんですけど…。
 あまりのシュールなイラストに、友人と一緒に大笑いしてましたw
 いや、笑っちゃダメなんでしょうけど、これは無理!
 パパスとかただのおっさんだし、キメラとかゴーレムとか、ゲーム版との格差が酷すぎる!
 ドラクエの成功には、鳥山明先生の力は必要不可欠だったんだと、感じずにはいられませんでしたよ。

 そんなモンスターを実際に再現した展示品もあり、なんとこちらは撮影自由!
 こりゃ、撮るしかない!
 というわけで、人ごみを掻き分けて、5種類全て撮影してきました。

ドラキー

 まずは、ドラキー。
 うーん、愛くるしい。

おおきづち

 お次は、おおきづち。
 実際、こんなのが襲ってきたら全力で逃走するわ。

スライムナイト

 こちらは、スライムナイト。
 当時、「この発想は無かった」と思ったモンスターの一人。

さまようよろい

 再現度の高さに感動した、さまようよろい。
 ゲームの中では、この向きですけど…

FPS視点のさまようよろい

 実際は、こういう向きで襲ってくるわけですよね。
 FPS視点で見る、さまようよろい。
 これは臨場感あるわー。
 感動!

ゴーレム

 最後は、ゴーレム。
 シンプルですけど、完成されたデザイン。
 今、見ても衰えませんね。

下から撮影

 大きさを強調するために、下からのアングルでパチャリ。
 うまく伝わってるかな?

 そんな展示品を抜けると、最後にはちょっとしたアトラクションが。
 来場者から参加者を募って、みんなで竜王を倒そう~。
 というコーナー。
 まぁ、要するに、夢の国にあるシンデレラ城のアトラクションのラスト。
 あれです。
 
 家族連れも多かったので、スタッフも子供を率先して選んでましたね。
 伝説の剣や杖を持たせて、ふると画面にエフェクトが入り、竜王にダメージが入る流れ。
 まぁ、後ろでスタッフがタイミングよくボタンを押してるだけなんですけど、竜王もわりと大きめに作ってあって、それなりに迫力はありました。
 最後は来場者みんなでミナデインを放って勝利。
 うん、スタッフが一番がんばってたね(汗
 お疲れ様でした。

謎解き全問正解

 世界に平和が戻ったところで、パンフにあった謎かけも解けました。
 開いた箇所を、出口にある石版にかざすと、隠されたメッセージが!
 おー、僕の武闘家は「黄金のツメ」が正解。
 これをスタッフに伝えると、

勝利の証

 『勇者の証』をいただきました。
 ありがとー。
 ここでしか手に入らないバッチですので、どこかにつけておこうと思います。

 そんなドラクエ展を終えて、出口から退出すると、目の前に『ルイーダの酒場』と銘打ったレストランがありました。

ルイーダの酒場

 が!

 当然のごとく、すごい行列…。
 どんな職安だよ。
 ルイーダ繁盛しすぎ。

 しょうがないので、食事は別のところでとることに。
 
バーガーマニア

 やってきたのは、『バーガーマニア』。

チューボーですよ

 なんでも、TBSの「チューボーですよ」でも紹介されたお店らしいです。
 実際、味は格別!
 値段は張りますけど、あのモスバーガーですら霞んで見えましたよ。
 
 美味しいバーガーにホクホクしたところで、時刻は夜に。
 友人のみなさんとは、ここで解散となりました。
 
 かなり突発的に参加したドラクエ展でしたけど、僕みたいなアラサー世代はファミコン時代のドラクエとか直撃ですからね。
 当時の思い出とか語れて、楽しかったー。
 普段は、ドラクエの話とかなかなかしないですし、いい機会でもありました。
 人によっては退屈に感じるかもしれないですけど、ドラクエ好きとワイワイしながら回る分には楽しめるかと。
 12月4日までの開催ですので、興味のある方は、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 
 というわけで、本日はドラクエ展のレポをお届けしました。
 付き合ってくれた友人のみなさん、お疲れ様でしたー。
 リセットボタンを押しながら電源をオフにしつつ、本日の更新終了!
    23:41  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
ミンゴス20thシングル
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop