FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2011.05.20[金] 断層のダイバージェンス

キャノン円卓会議

ホッパー「これより、第72回キャノン円卓会議を始める」
アニマル「それよりも、ホッパーの部屋が痛すぎて、もう友人を呼ぶのもためらうレベルな件について」
ホッパー「うん…そうだね」

 さすがに物が増えすぎて、笑えなくなってきたな…。
 一応、今年中の引越しは考えてます。
 キャノン邸の増築にご期待ください。
 
シュタゲ7話

 そんなキャノン邸の末期具合をお届けしたところで、金曜恒例、アニメ「STEINS;GATE」の感想へといってみましょう。
 今週は、第7話「断層のダイバージェンス」

電子レンジって扉あけても大丈夫なん?

 いきなりオカリンの中二バーストアピールで始まりましたが、何をしてたかというと、電話レンジ(仮)の改造。
 ダルの言葉をかりるなら、セカンドエディションバージョン1.03
 簡単にいうと、どの電話からもDメールを送れるようになったのと、いちいち扉を開けなくてもいいように、開けたままでもレンジが動くようにした。
 この2つ。

 おかげで、「温める」というレンジ本来の機能はなくなりました…。
 ジューシーから揚げは犠牲となったのだ!

この顔だけならマッド

 そんなバージョン1.03レンジで実験開始ー。
 ↑こういう顔だけはマッドサイエンティストですが…

 そこから発せられた言葉は、

宝くじを買うか

 「宝くじを買おう」

 発想はある意味、中学二年生だったw

この間…

 そして、このセリフを発したことで、シーンとなった未来ガジェット。
 ここで、

空気を読んだ字幕

 そっと入ってきたテロップ。
 
 おい、テロップw
 空気読みすぎだろww

セレセブw

 テロップといえば、今週のキーワード。
 
 「セレセブ」

 これかよw

助手は18歳だよ

 ちなみに、オカリンは勢いだけでセブンティーンと呼んでたけど、助手は18歳です。
 セレブ・エイティーンです。
 ここ大事。

綯初登場

 そんな7話ですけど、初登場キャラもいましたね。
 ミスターブラウンの愛娘、綯ちゃんです。
 ついに登場~。
 シュタゲ唯一の幼女です。
 ちなみに、「なえ」と読みます。
 ただ、「なえ」とタイプしても変換されません。
 「なう」と変換してください。
 「綯う」
 ほーら、出てきた。
 幼女なう。
 
だが男だ

 あ、あと、ルカ子の私服も初披露でしたね。
 髪留めがよく似合ってます。

 だ が 男 だ !

オカリンお持ち帰りー

 忘れてはいけないバイト戦士。
 こちらも大活躍。
 オカリンお持ち帰りー。

チップを確認

 原作だと文章だけでしたが、こうしてアニメになるとやっぱり派手ですね。
 こうして露骨な行動に出られると、アニメから入った人も、そろそろ鈴羽の正体に関して、想像がついてきたのではないでしょうか。
 
ジョンタイターの願い

 そして、最後は、ジョンタイターからのメール。
 少しずつですが、序盤の伏線も回収されてきましたね。
 
 世界線を移動しても、記憶は残っているオカリン。
 そして、世界線を超えた時におきる眩暈のような現状。
 これは、第一話でもありましたね。

第一話のシーン

 この交差点でメールを送るシーンです。

世界線をこえて…

 このメールがDメールとなり、世界線をこえます。

0.571024

 たどり着いたのが、『0.571024』
 これが、今のオカリンがいる世界線の値です。

ロト6メールによって世界が変化

 それが、今回のロト6メールによって、世界線が変わり…

0.571015

 『0.571015』の世界へと移動。
 以前と比べると、下2ケタが24→15に変わりました。
 値の変化は微々たるものでしたが、これにより、ルカ子がロト6を買い、未来ガジェットに訪れる未来へと改変されたわけです。
 あとは、品切れだったハズのドクターペッパーもありましたね。
 ロト6とドクペの入荷状況。
 一見、何も関係がなさそうですけど、だったこれだけの過去の変化によって、思わぬところまで変化してしまいました。

 butterfly effect(バタフライ効果)

 「北京で蝶が羽ばたくと、ニューヨークで嵐が起こる」
 つまりは、そういうこと。
 
 そして、それを「観測」できるのは、オカリンだけ。
 そう。
 OPの歌詞にもありますね。
 
 「孤独の観測者」
 
 うんうん、いい感じ。
 こうして、だんだんとパズルのピースがみつかり、ひとつひとつハマっていく。
 たまんないですね。

 この複雑なシュタゲの設定を、ここまでアニメでまとめてくれるなんて…。
 ファンとして素直に感動です。

 あ、感動といえばこのシーンもピックアップしませんと!

まゆり×指圧師

 ここ!
 この、まゆりと萌郁とのシーン。
 笑顔で話しかけてくれるまゆしぃを前にして、次第に警戒をとき、リニックスした様子の萌郁。
 人と関わることを嫌がり、メールに依存する彼女が、心を交わした大切なシーンです。
 ここは、本当にグッときた。
 これ以上は、もう何も言えないから、もういいよね。
 
 
 ほんと丁寧な作りに、感謝感激です。
 展開を知ってるのに、ここまで楽しめる。
 デキがいい証拠ですね。
 次回の8話もwktkして待ちたいと思います。

 てなわけで、褒めちぎりの第7話の感想でした。
 エル・プサイ・コングルゥ
    23:59  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
ミンゴス20thシングル
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop