FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2010.10.16[土] キャラの編集は終わったどー

町田ポリス

 自宅で黙々とコンボ編集してたら、町田警察が尋ねてきました。
 ちょ、誰だよ通報したの!?
 僕は、ただの末期オタですよ。
 部屋にはフィギュアとブルーレイがちょっと山積みで、壁にはアイマスとけいおん!のポスターがちょっと貼ってあって、毎晩、銀サマの抱き枕とちょっと添い寝してる、人生の脱落者。
 通報されるようなことは何もして………ないヨ。
  
 …と思ったら、誰が住んでるのか確認してるだけだった。
 
 ったく、お騒がせな。
 そんな土曜。
 プチハプニングはありましたが、コンボ編集は順調。
 今日でキャラの編集は全員終わりました。
 
 では、恒例のキャラ総評をやってみましょう。
 8キャラ、一気にいきます。

ラクガキ リリカ
「リリカ・フェルフネロフ」

 シリーズが進むたびに大きな改変を受けるリリカ。
 他のキャラもこのくらいの変化があれば面白いけど、何故かリリカだけ。
 専属の担当者でもいるんでしょうか。
 今作では、アクセルスライドがなくなるという信じられない変更。
 これにともない、コンボのテクニックはかなり半減してしまいましたね。
 玄人さを感じるキャラ個性が好きだっただけに、そこは残念。
 改変させること自体は賛成だったんですけども、物足りないキャラになってしまったな、と。
 そういった部分は、コンボ面でも露骨に出てしまいました。
 前作のコンボを焼き直しするだけで、3らしさを感じられる部分は少なかったです。
 コウモリの停滞バグや、補正切りコンボのおかげで、そこまでお通夜じゃなかったですけど、ポテンシャルを頭から押さえつけられた感じが不満でした。

ラクガキ ペトラ
「ペトラ・ヨハンナ・ラーゲルクヴィスト」

 今回のアルカナ3の中で、最も続編さを感じたのが、このペトラです。
 追加された技、変更されたコマンド、通常技の見直し、全てにおいて調整が見事でした。
 このくらいの変更が、全キャラにあてがわれていたら最高だったんですけどね。
 コンボの方も劇的に向上。
 システムにも恵まれ、今まで表現できなかったペトラの一面も見せられたと思っています。
 収録してて本当に楽しかったです。 
 ありがとう!

ラクガキ あかね
「犬若あかね」

 前作がかなり高性能でしたので、3になってどれだけ弱くされるのかと心配してたら、ぜんぜんコンボ面で苦労しませんでした。
 あれ…変わってないよ、この娘。
 弱くされるどころか、EF瞬刻→ABというパーツも見つかり、暴れ放題でした。
 まぁ、収録は楽でした…けど。
 どこか腑に落ちなかったです。
 にしても、3がこのデキなら、すっごいアルカナ2はいらなかったよなー。
 「あかね」と「なずな」が3からの新キャラで、2.6を飛ばして3がリリースされていたら、もっと感動したのに…。

ラクガキ なずな
「犬若なずな」

 ほとんど変更点が無かったので、コンボ面でも前作の焼き直しでした。
 カラスのコマンド変更はよかったですけど、代わりに追加された214コマンドはイマイチ。
 正直、なずな独自の霊力ゲージも、役割が微妙でした。
 スタッフも、なずなをどの方向に歩かせればいいのか、つかみきれてないのかも。
 何かやらせるにしても時間が足り無すぎたから、これでGOさせた感がありました。
 もったいないなー、あかねもなずなも。
 ストーリーにも、既存キャラとも、あんまり関わらないし。
 変に浮いてる部分も含めて、いろいろ惜しいキャラでした。

ラクガキ アンジェリア
「アンジェリア・アヴァロン」

 正直、「切ない想いを受け止めて」のインパクトが強すぎましたw
 まぁ、それだけ。
 他の部分の変更はわずかだったけど、今回のシステム変更がマイナス面に響いた感じ。
 インパクトだけが先行して、発展させられたコンボは少なかったです。
 けど、その大味な感じがアンジェリアらしさといえば、そうとも取れますけどね。
 キャラの持ち味は出ていた感じ。
 ただ、トッピングが地味だった。
 料理としては不完全。
 それが今回のコンボでしたね。

ラクガキ ヴァイス
「ヴァイス」

 対戦が楽しいと、コンボが楽しいのは、まったく別。
 例えるなら、野球が楽しいと、バッティングセンターが楽しいは、別物。
 つまり、対戦だと面白いけど、コンボはつまらないキャラもいるぞ、という話です。
 ヴァイスは、その典型的。
 対戦だと使っているプレイヤーも多いみたいですけど、じゃあコンボを研究してみたら、どうだったか。
 答えは、何もなかったです。
 ひとつひとつの技は面白いのもありますが、パズルのピースとしてかみあってくれない。
 ここまで歯車の悪さを感じたのは久しぶりでしたね。
 今回、一番収録が厳しかったキャラでした。
 新キャラだから、弥が上にも注目されるだけに、この結果は歯がゆかったです。

ラクガキ えこ
「えこ」
 
 先ほど、ヴァイスは対戦は楽しいけど、コンボはつまらない的にことを書きました。
 その真逆をいったのが、えこというキャラ。
 正直、ロケテでこのキャラを見た時は、鼻で笑ってスルーしてたんですけど、触ってみたらあらビックリ。
 対戦だと底が浅いと批判もありましたが、コンボ面では光る部分が多かったです。
 これだから、コンボって研究してて面白い。
 えこのコンボ?どんなだろ?
 という視聴者の意外性も誘える、えこだけの世界がちゃんと作れたと思っています。
 
ラクガキ シャル
「シャルラッハロート」

 実は、アルカナ3の基板を買うきっかけになったのが、このキャラの存在。
 ボスキャラが解禁されたと聞いて、ゲーセンでシャルを見た時、「あ、こいつ好きだ」と、素直にピンときましたね。
 それまで、アルカナ3のコンボ集自体、作るかどうか迷ってましたが、この直感を信じて購入に踏み切りました。
 そして、今に至る、と。
 格ゲーのキャラって、その作品を牽引する役割をものすごく持ってるんだなーと、改めて感じた瞬間でした。
 そんなシャルラッハロート。
 コンボ面でいうと、決してつながりやすいキャラではありません。
 鎖を振り回す、という独自のスタイルですので、どうしても大振りになるためです。
 ヘタすれば頼子の二の舞でしたが、持っている技に助けられました。
 最初に撮った風コンボが答えだったというオチでしたが、新鮮さも後押しして楽しかったです。
 いや、挑戦しがいがあった、といった方が正しいですね。
 見せたい部分は、一通り揃えられたと思っています。

 
 キャラ総評は以上です。
 計23キャラ終了!

 こうしてキャラの編集が終わったことで、残すはおまけやエンディングなど。
 詰めの段階ですね。
 明日にはマスターアップさせてしまいたいと思ってますので、これから夜通しで作業に入るとします。
 
 それでは、ブログの更新もここまで。 
    22:09  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
ミンゴス「rinascita」
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop