FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2010.08.14[土] コミケは明日から本気出す

8/14の朝日新聞

 今朝、届いた朝日新聞を読んでいると、気になる記事を発見。

『恋愛ゲームが熱海を救う?』

 この見出しだけで、何の記事か一発で解ったw
 ラブプラス+ですね。
 ついに朝日新聞にピックアップされたか。

けっこう大きく特集

 どれどれ…。
 って、けっこう大きく特集してるじゃないですか。
 地元の人は「何の苦情もない」って話してるみたいだけど、代わりに苦笑してるんじゃないのか…。
 「神風が吹いた」には笑ったけどw
 そうかー。
 オタクたちは、ついに神事レベルになったか。
 そら金落としてくれれば、神だよな。
  
最後の閉めがw
 
 そんなラブプラス特集の閉めはこうでした。

今、ゲーム中の彼女はいるが、本物の彼女はいない。
男性は「彼女ができた時の練習になるかも」と魅力を話す。

 
 なんだろう…。
 どうしてか解らないけど、目頭が熱くなってきたよ。
 まぁ、今日も日本は平和だ、ということで。
 コミケも二日目が開催されて、盛り上がってるみたいだしね。
 僕は三日目に参加する予定ですので、今日はひたすらコンボ撮りに没頭してました。
 成果は5個。
 では、ここからはコンボ紹介コーナーへ。
 順番に解説して行きたいと思います。
 あ、キャラはキャサリンとゼニアです。

キャサリン 風
「キャサリン:風」
下E最大タメ→シキリス発動→(EF)→(Nホーミング)→JB・JC→(シキリスヒット)→せくしーきゅーとなヒップでドン!→A→ラリアットぶんぶんぶん!(A)→めっちゃ回るでラリアット!→ファルクス

 下Eをキャンセルしてシキリスを発射。
 エクステンドからホーミングで追尾し、JCで叩きつけ。
 そこに、戻ってきたシキリスがヒット。
 フォローしてくれるため、JCからヒップが連続ヒットしてくれます。
 地面でバウンドしたら立ちAで拾ってラリアットへ。
 本当は下Aからエリアルに行きたかったんですが、JAすら間に合わないので断念。
 受身不能時間が厳しすぎ…。
 しょうがないので、ラリアット→超ラリアット→超風で閉めました。

キャサリン 花
「キャサリン:花」
(リーゼ人形放つ)→横通常投げ→八重紅彼岸→(相打ち)→(受身)→JE

 前作でも撮ったコンボです。
 通常投げから追撃する、非常に珍しいコンボ。
 本来、横方向の通常投げには追撃判定はありません。
 ただし、投げ後に攻撃をくらうと別です。
 攻撃の種類を問わず、自分と相手が浮き上がる現象がおきます。
 理由は解りませんが、昔からある仕様。
 それを利用し、投げ→花の超必→攻撃くらう→相手が浮く→花の超必ヒット~。
 という流れを作りました。
 そこからエリアルに行きたかったんですが、例によって補正が重くのしかかって断念。
 シンプルにJEで閉めました。

キャサリン 鋼
「キャサリン:鋼」
みんなのヒーローちびガワ発進!→(EF)→エスカトン ピュール→(爆発)→クリオドゥース→回転力は遠心力で破壊力や!

 鋼ABから追撃したコンボ。
 鋼ABは、地上の相手にあてると倒れません。
 99ヒットして、のけぞっているところに、あらかじめ発動しておいた「ちびガワ」が爆発。
 ここの時間調整が難関でした。
 うまく爆発がつながったら、その間にこちらの硬直が解けるので、すぐさま剣を発射。
 最後は、クリティカルハートでキャッチして大爆発しました。

 キャサリンのコンボは、これで以上です。
 以前収録したものと加えると、計7個。
 これでノルマ達成~。
 キャリサンは、「ヒップ」といい「ちびガワ」といい、新技がチート性能でしたので、旧作とは違うコンボが生まれて新鮮でしたね。
 ”3らしさ”という面では、恵まれたキャラだったと思います。
 
 キャサリンはここまで。
 今日は時間もあるので、続けて次のキャラへ。
 ゼニア、君に決めた。

ゼニア 時
「ゼニア:時」
最大E設置→戦火に響くタルチオーク→(E開放)→E→戦火に響くタルチオーク→(EF)→戦火に響くタルチオーク

 久しぶりにゼニアを選んだので、まずは肩慣らし。
 タルチオーク×3回です。
 実はこれ、昔からやりたかったコンボです。
 長年の夢が叶った瞬間です。
 あれ…、これ肩慣らしだよな。
 流れはこう。
 タルチオーク→E開放→Eで跳ね返す→壁にあたる前にタルチオーク→エクステンド→タルチオーク。
 地面全判定なので、距離を気にしなくていいのは実に高性能。
 ゼニアのコンボ、というイメージをいい意味で裏切った内容になったかと。

ゼニア 時
「ゼニア:時」
最大E設置→エリダラーダは遠過ぎて→JC→B・C→吼える黒きウラガーン→追加技→エリダラーダは遠過ぎて→(E開放)→C→吼える黒きウラガーン→追加技→(6ホーミング)→B→(EF)→JE・JB→2段JB・JC→空中 金色のイディナローク→戦火に響くタルチオーク

 コンボ中にエリダラーダを発動した内容。
 ウラガーン→パイルをキャンセルしてエリダラーダ。
 そこに設置しておいたEを開放して、こちらに吹き飛ばし。
 その間に硬直が解けるので、立ちCから再びウラガーン→パイル。
 エリダラーダ効果によって、相手は壁受身がとれないので、ホーミングで移動し、立ちBからエリアルへ。
 この時、エクステンドで高速化。
 空中パイルからタルチオークが間に合ってくれます。
 時のスピードも生かせたコンボに仕上がったと思います。
 

 コンボ紹介は以上です。
 ゼニアに関しては、まだ「乱舞→相打ち」など、やりたいパーツがあるので、引き続き研究…。
 …したいところですが、明日はコミケに参加したいので、今日はこの辺にしておきます。
 朝早いですからね。
 夜更かししないよう、よく寝て挑もうと思います。
 
 それでは、今日はここまで。
 明日は有明だー!
    22:48  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
ミンゴス20thシングル
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop