fc2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2008.05.16[金] アルカナの豆知識

 掲示板でも質問がありましたし、アルカナハートを現役でプレイされてる方でも、知らないケースがあるようですので、今日のブログは趣向を代えて、アルカナの豆知識を書きたいと思います。
 テーマは、『投げ相殺』と、『ロック技の追撃判定』。
 
『投げ相殺』
 相手のコマンド投げに対して、こちらの投げが重なった場合、お互いノーダメージでふっとぶ現象

 通常投げは投げ抜けがありますが、コマンド投げには抜けるという概念がありません。
 しかし、同時に投げが成立した場合、お互いの投げが決まってしまい、思わぬバグを誘発する恐れがあります。
 また、どちらかが一方的に投げてしまう、といった理不尽さも出てくると思われ。
 そのため、アルカナハートでは、お互いが吹き飛び、仕切り直しにする仕様となっています。
 
投げ相殺 検証
 検証として、リーゼの「緋の瞳のレーツェル」と、きらの「きら様ドライバー」を同時に成立させてみました。

投げ相殺 検証
 ご覧の通り、お互いがノーダメージで吹き飛びました。
 コマンド投げ同士で検証しましたが、片方が通常投げでも、同様の現象は発生します。
 また、移動投げなどでも発生します。

投げ相殺 検証
 では、超必版ではどうなのか?
 試しに、アルマゲドンバスターで検証しましたが、この技は投げるまで無敵となっているため、お互い投げスカりモーションを出して終了。
 投げ相殺は発生しませんでした。
 ちなみに、同時の場合は投げスカりになりましたが、少しでもズレると、後から暗転した方が勝ちます。
 最初に出した方が投げスカりになり、それと同時に無敵が切れるからですね。

 投げ相殺の解説は以上です。
 

『ロック技の追撃判定』
 ロック技ヒット中はお互いが無敵となっている

 アルカナハートには、ロック技と呼ばれる必殺技がいくつかあります。
 例を上げると、ペトラ「L.G.A combination fire」、神依「無怨」、フィオナ「ヘブンズフォール」など。
 ロック技に該当する技には、いくつかの特徴があります。

・スーパーアーマーを無視
・時間停止中でも動く
・ヒット中に受身を取られない
・ヒット中はお互いが無敵


 スーパーアーマーを無視は、説明が不要でしょう。
 土のフォース展開中でも、くらってくれるので、わかりやすいです。
 時間停止中というのは、無量光などで、相手の動きを止めた時などが該当します。
 まだ停止時間が残っていても、ロック技をくらうと通常通りふっ飛びます。
 ヒット中に受身を取られない。
 これは、ロック技は演出として、「こちらがこういう攻撃をしたら、相手はこう倒れなさい」といった具合に、動きがプログラムされてるからです。
 そのため、どれだけ補正がかかっても、途中で受身はされません。
 そして、重要なのは最後。
 ヒット中は、お互いが無敵。
 コンボを作る上で、非常に重要な部分です。
 ペトラを例に説明します。

L.G.A combination fire
 ペトラの超必「L.G.A combination fire」をくらわせます。
 この演出中に、闇のアルカナで攻撃してみましょう。

マルテルンがスカる
 画像だと解りにくいかもしれませんが、ギーァの攻撃があたっていません。
 また、この演出中に、何らかの攻撃をペトラにあてようとしてもスカります。
 演出が途中で外れてしまわないよう、お互いが無敵になっているためです。

水のアルカナブレイズ
 ここでひとつ検証。
 水のアルカナブレイズ「レグヌム」を発動し、動きをゆっくりにしてみましょう。
 
L.G.A combination fire
 この状態で、L.G.A combination fireをくらわせてみます。

combination fireから追撃
 すると、L.G.A combination fireヒット後に攻撃があたりました。
 
 どうしてか?
 
 答えは簡単です。
 演出中は無敵ですが、演出が終われば無敵が切れるからです。
 要するに、ペトラの硬直が無くなったと同時に、相手の無敵状態もなくなったわけです。
 そのため、これらのロック技をコンボに組み込む場合は、どこで自キャラの硬直が解けたかを見定めて追撃していく必要があります。

 ここで、頭を悩ませたのがリリカです。

クロスエッジタイフーン
 リリカのクリティカルハート「クロスエッジタイフーン」。
 ここからさらに追撃しようと考えてましたが、この技はロック技です。

はい、お~しまい
 そのため、最後のコウモリがヒットした後も、リリカが動けるようになるまで相手は無敵です。

 当初は、ここで時の設置Eや、闇で拾えば、クリティカルハート2回が可能では?
 と考えてましたが、甘かったです。
 リリカが動けるようになった頃は、相手はかなり高い位置にふっ飛び、時のE攻撃が届きません。
 闇も同様。
 落下してきたところを拾うにも、その前に相手は受身がとれます。

 そのため、キャノンでは、鋼のディカイオーシスで追撃、というコンボで落ち着きました。
 もっと、いろいろ欲張りたかったんですが、ロック中はお互いが無敵、という仕様の前に、夢は脆くも崩れ去りました。
 
 これだから、コンボって難しいです。
 けど、これが同時に楽しい部分でもあります。
 システムを理解し、技を理解し、そのパーツの中で、どけだけ面白いことができるのか?
 日々、研究です。

 長くなりましたが、ロック技の説明は以上です。
 

 さて、いかがだったでしょうか?
 こういうブログだと、なんだかコンボサークルやってます!という気分になりますねw
 …まぁ、書いた内容は前作からあるものですし、「何をいまさら」と、突っ込まれそうですが(汗
 けど、たまには、こういう豆知識のコーナーってのもいいと思います。
 またネタがあったら、機会を見て書いていきたいですね。
 
 では、今日はここまでです。
 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
    21:56  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
チョクメはいいぞ
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop