FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2008.02.18[月] 格闘ゲームの楽しさ

vs

 先日のAOU2008。
 友人とアルカナ2をプレイしながら、はしゃいでたわけですが、その中で友人が発した言葉が、妙に頭に残ってます。

「負けても、こんなに楽しいのは久しぶり」

 負けても、楽しい…か。
 そうだよな。
 僕が学生の時…。
 夢中で格闘ゲームをやってた時…。
 あの頃は、勝とうが負けようが、とにかく楽しかった。
 多分、理屈じゃないんだと思う。
 飽きることなく対戦してたし、時間がたつのも忘れてた。
 
 どうして、あんなに楽しかったんだろう。

 対戦バランスだって、お世辞にもいいとは言えなかった。
 コマンドだって、今より複雑なものもあった。
 ハメだって、今よりずっと多かった。

 けど、楽しかった。

 その理由を、AOUで思い出しました。

 対戦が終わった後、友人の元へかけよって、対戦した感想を伝えたり、新技を教わったり…。
 そうやって、情報交換をやりとりしながら、すぐに対戦の最後尾へ。
 次は誰を使おうか、どの技を使おうか、どうやって戦おうか。
 夢中でしゃべった。
 対戦中の楽しさとは別。
 友人との会話。
 それが、とにかく楽しかったし、嬉しかった。
 
 あぁ…、これだな。
 
 昔は、ネットもまだ普及してなかったから、情報交換の場は、ゲーセンのノートや、学校でのみんなとの会話がほとんど。
 休み時間になると、ゲーメストを見たりしながら、対戦談議。
 うまい人から見れば、勘違いな知識も多かっただろうし、連続技だって、ぜんぜんぬるかったと思う。
 けど、格闘ゲームを中心に、ひとつの輪ができてた。
 その空間が、心地よかった。
 
 格闘ゲームの新作が発表されると心躍った。
 それは、前作のキャラが強くなったとか、システムが良くなったとか、そういうのとは少し違ってた。

 また、みんなと遊べる。
 
 これが答えだと思う。
 みんなと対戦して…。
 その後、帰り道で対戦の感想をぶつけ合って、また明日も対戦しようと言って別れた。
 その繰り返しが、格闘ゲームの人気を支えていた。
 ブームを作った。
 そう思う。

 AOUで、アルカナ2を対戦してる時。
 あの空間の心地よさは、本当に楽しくて、そして、どこか懐かしかった。
 格闘ゲームに対する見方、環境、情報…。
 昔とは、ぜんぜん違うハズなのに。
 
 
 今年は、あらゆるメーカーが、新作格闘ゲームを用意してきます。
 ブームの再来…。
 とまでは行かないにしろ、また、対戦談議だけで夜が明けるくらい、ガチで語り合えたら最高ですね。
 格闘ゲームと一緒に成長してきた世代です。
 心躍らないで、どうする。
 
 僕のサークル「キャノン」は、格闘ゲーム好きが集まってできたグループ。
 みんなで、支えていきたいですね。
 格闘ゲームという遊び場を。
    23:34  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
ミンゴス20thシングル
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop