fc2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2024.02.19[月] ゆうちゃ誕生祭2024

20240219195331b73.jpeg

郁原ゆうさん、お誕生日おめでとうございます!

さっそく、我が家のグッズを並べて記念撮影だー。
が!
ここで注意。

郁原ゆうさんご自身を使ったグッズをネットにあげた場合、


ブロックされます



自分に厳しいお人なんです。
なので、


20240219195325f75.jpeg

配慮した形でアップしました。


………。
……。
…。


おかしい…。


楽しい誕生日お祝いなのに、なんでセンシティブなんだ?
これ、絶対に正解じゃないよな。

20240219195327eab.jpeg

202402191953275e9.jpeg

けど、ブロックされたくないから、こうするしかない。
折衷案よ。

とりあえず、美味しいケーキをじっくりご覧ください。
1個500円します。


happy birthday!




と、着地点が分からなくなってきたので、可愛いゆうちゃを見てくれ。
これは、Xからの引用だから大丈夫。
お誕生日おめでとう。

Act-4でお会いできるのも、楽しみにしております。


それでは。
    20:05  Top

2023.12.16[土] 「ゆうちゃのゆう遊自的 年忘れパーティー!」に参加してきました

202312162027580b4.jpeg

ゆちゃ!

ゆうちゃこと、郁原ゆうさんの番組「ゆうちゃのゆう遊自的」
こちらの2023年ラストのイベントが開催されました。
その名も、

「ゆうちゃのゆう遊自的 年忘れパーティー!」
(リンク)

ゲストは、こちら。

・駒形友梨さん
・角元明日香さん
・野村香菜子さん
・種田梨沙さん
・山口立花子さん

いつものミリオンメンバーだけど、だからこその安心感。
むしろ、これでいいんです。
しかも、みなさん。
お気付きになりましたか?

このゲスト。

20231216202800e65.jpeg

「だれ?らじ」なのです。

だれらじ難民にとっては、夢の共演。
なんか先週もいた気がするけど、気にしない。

これは行くしかない!
というわけで、

2023121620260020c.jpeg

御茶ノ水までやってきました。
改装工事されてから始めて来たけど、全然別の駅になってましたね。
おかげで、思いっきり出口も間違えました。
どこだここは。

202312162025580ed.jpeg

そんなこんなで、全電通ホールへ到着。
このホールって、キャパも位置もちょうどいいんですよね。

202312162025566f9.jpeg

会場内には、番組でおなじみのぬいぐるみの展示もありました。
おー、何気にしっかり見るのは始めてかも。

202312162025523a8.jpeg

「うぱすけ」と「ぽちゃまる」。
ちょっとくたびれてるのが、7年続く番組の歴史を感じますねw

2023121620255362f.jpeg

こちらは、7時間配信を何度も実施して完成させた「てきっちゃ」。

20231216202552f2c.jpeg

こちらも、7時間配信を何度も実施して完成させた「まとっちゃ」。

ゆちゃ的を知らない人は「7時間配信って何?」と思うかもですが…。
ふたつ合わせて、42時間くらい配信してたんですよ。

もちろん有料だったけど、たしか1500円くらいだったから、一時間換算で200円くらい。
とんでもなくコスパが良かった配信だったんですよ。
ゆうちゃの手作りですし、ぬいぐるみたちも誇らしげ。
いい顔してました。

20231216202550d1d.jpeg

こちらは入場特典のポストカード。
見ての通り、すでに2024年です
12/16くらいなら、世間でやるのはクリスマスイベントです。

けど、ここはゆちゃ的。

20231216210923f34.jpeg

いろいろあって、クリスマスは終了。
館内では正月によく聞く「春の海」が流れてますし、ステージには門松が置かれています。
うん。
2024年で間違いないです。
正常。

20231216202558426.jpeg

そんな正月ムードの中、昼の部がスタート。

いろいろありすぎて笑いっぱなしでしたが…。
印象に残ったのは、こちら↓


202312162109185fa.jpeg

202312162109207ba.jpeg

20231216210920683.jpeg

すごいでしょ。
なにひとつ意味わかんないと思うけど、参加された方なら伝わるはず。
めちゃくちゃ笑ったし。

いったい何があったかは…。



配信もありますので、その目で見届けてください。
にしても、いいメールを投げてくれるよなー。
リスナーも精鋭たちですよ。

20231216202549b94.jpeg

あと、昼の部では、こんな都道府県ビンゴもやりました。
こうやって参加者も巻き込んでのゲームも久しぶり。
コロナ後、制限も緩和されて、いろいろ戻ってきたのを感じますね。

20231216202546c3f.jpeg

ちなみに北海道が2個あるのは誤植。
ふたつ書くと不正らしい。
罠すぎるw

20231216202607589.jpeg

僕はこれでチャレンジ。
行ったことがある県や、推しの出身地などで埋めました。

で、このビンゴ。
どうやって遊んだかというと、

「本日参加されたお客さんが、どこから来たか」

これでビンゴをやったんです。
いやいや。
それだとさすがに関東ばっかりでビンゴとかできなくない!?
と思ったらですよ…

海外、北海道、愛知、石川、岡山などなど。
本当にいろんな遠征民たちが集っておりました。
みんなすごいよ…!
配信もある中、よくぞ現地へ。

そう思うと、このビンゴって、ある意味リスナーを心から信頼してますよね。
駆けつけてくれるって信じてる。
これも7年の積み重ねか。
遠征民も、キャストさんに「どこから来たんですか?」と直接会話できるし、遠くから来た特権がありましたよね。
いいコーナー。

僕はビンゴできませんでしたが、楽しい時間でした。

20231216202607ae6.jpeg

昼の部を終えて、夜の部まで時間潰し。
歩いて秋葉原まで行けるのは、全電通ホールの強みですよね。

2023121620260408f.jpeg

せっかくなので、アトレのアイマスショップにも行ってきました。
おっ、イヴがいる。
けど、ごめんな。
クリスマスは中止なんだ。

この子がシンデレラでよかった。
ミリオンなら消されていたかもしれん。

2023121620260441d.jpeg

時間も潰せたので、全電通ホールへ戻ってきました。
ここから夜の部です。

おっ、来場者特典も変わるんですね。
そして、来年が辰年であることをここで知りました…。
ゆちゃ的は勉強になるな。

20231216210916170.jpeg

夜の部では、リスナーもグッズを活用。
枕カバーを本当に枕に入れて参加してたりしてました。
ゆうちゃ、ドン引きしてたけどなw

そんな夜の部は、何があったかといいますと…

20231216210914967.jpeg

20231216210913026.jpeg

20231216210916871.jpeg

こんな感じ。
やはり意味が分からないと思うけど、マジで見たら分かります。
なので、



配信をどうぞ。
アーカイブも1月15日まであるので、正月に家族で見るのも良しです。
ご利益ありますよ。

それにしても、ほんといろいろあったイベントでしたね。
簡単にまとめると、

20231216210911f6b.png

こうなります。

ゲストの色が濃く出てたイベントでもあったかとw



個人的には、野村香菜子さんの黒のワンピースが良すぎた。
髪型も相成って、すごく大人っぽくて綺麗だったなー。
何気に野村さんはゆちゃ的のイベントは初参加。
おかげで、生で推しを見られて最高でした。
ありがとう、ゆうちゃ。
また呼んでください。

そしてそして。
このゆちゃ的が、僕の2023年のイベント納めとなりました。
今年もたくさん参加できたけど、どれもいい思い出です。
締めがゆちゃ的でよかった。
素晴らしい時間をありがとうございました。

というわけで、以上「ゆうちゃのゆう遊自的 年忘れパーティー!」の感想でした。
みなさん、よいお年を。
それでは。
    23:09  Top

2023.11.23[木] ゆうちゃの「ヴァイオレットの我儘」、事後通販のグッズが届きました

2023112315053653c.jpeg

今日は、ボイガレからお届け物がありました。
郁原ゆうさんのグッズです。


2023.10.15[日] 郁原ゆう声優10周年記念イベント「ヴァイオレットの我儘」昼の部レポート
http://canonsnk.blog69.fc2.com/blog-entry-6344.html

2023.10.16[月] 郁原ゆう声優10周年記念イベント「ヴァイオレットの我儘」夜の部レポート
http://canonsnk.blog69.fc2.com/blog-entry-6345.html

10月に開催された、ゆうちゃの声優10周年イベント「ヴァイオレットの我儘」
この時、物販でいろいろ買ったんですが、欲しかったメモリアルカードだけが買えなかったんですよ。

事後通販で再販してもらえて、助かりました。

20231123150533619.jpeg

で、このメモリアルカード。
いったい何?
というと、グッズの撮影模様を収録した動画が見られるカードです。

2023_1123yu.png

裏面にあるシリアルを入力すると、サイトからダウンロードできます。
15分くらいの内容で、ゆうちゃのメッセージなどもない簡素なものですが…。
犬と遊ぶゆうちゃや、えらい体勢で撮影するカメラマンや、自分の身体よりもデカいレフ板をかまえる女性スタッフとか。
裏側を覗たみたいでお得な気持ちになりました。

平日の早朝とか、人がいないタイミングとかで撮影してるんだろうなー。
と思ってみたり。
あらためて、ご自身の写真をグッズ化してくれたことに感謝です。
ありがとう。



そんな、ゆうちゃですが、ここからは宣伝。
12月16日(土)に、年忘れパーティーの開催が決定しています。
今は、一般チケットを発売中。
個人的に、2023年ラストの参加イベントになるので、楽しみにしたいと思います。
よろしくお願いします。

それでは。
    17:25  Top

2023.10.16[月] 郁原ゆう声優10周年記念イベント「ヴァイオレットの我儘」夜の部レポート

20231015155932737.jpeg

本日のブログは、昨日の続きです。

2023.10.15[日] 郁原ゆう声優10周年記念イベント「ヴァイオレットの我儘」昼の部レポート
http://canonsnk.blog69.fc2.com/blog-entry-6344.html

ゆうちゃの声優10周年イベント。
昨日は昼の部をレポートしましたので、今日は夜の部について書いていきたいと思います。

2023101515550617a.jpeg

昼とは違う服装で登場した、ゆうちゃ。
今回はゲストも含めて、みなさんいつも以上に着飾ってて素敵です。

最初に、雨が止んだことついてに触れてました。
ぴらみさんと一緒にイベントをやると嵐になる~と、昼は話してましたが…。
こうして昼の部が終わると晴れるあたり、けっこうガチのジンクスかもしれないですね。
もし、雨がまったく降らなくて困っている農家がいましたら、是非ともふたりを呼んでほしいです。

それと、昼公演では残っていたブロマイドについては、

無事に完売!

おめでとうございます
どうやら、他のグッズよりも多めに生産していたから、余っててもしょうがなかったらしい。
枯らせた僕ら、偉すぎる。

2023_1016yu01.jpg

ここからは、昼の部と同じ流れ。

「10thメモリアルトーク ソロ」

ゲストと1対1でお話する、ゆうちゃの部屋。
最初は、中村温姫さん。

温姫「どうも、ゆうちゃの運転係りですー」

いつも安全運転をありがとうございます。
今回のイベントがヴァイオレット→紫、ということで、ネイルや髪飾りに紫を入れていれてました。
会場のお客さんも紫の上着だったりと、いろいろ紫要素を入れてましたね。

ふたりの出会いはいつ?
というと、ミリオン4thライブのレッスンが最初らしい。

温姫「今だから言うけど、最初は怖かった」
ゆうちゃ「うそぉーーっ!!!」

レッスンへの取り組み方など、プロに見えたそうな。
自分もちゃんとしなきゃ…と思ったのが最初の印象。
だから、しばらくは敬語で話してたみたい。
そこから仲良くなって敬語は取れたんですけど、会えない期間が長くなるとまた敬語に戻るらしい。
定期的にログインしないと、設定がリセットされるのか。

2023_1016yu02.png

ふたりの距離が縮まったのは、みんなとドライブにいったあたりから。
ミリオンメンバーと鎌倉に行ってたのは、前にTwitterで見かけた覚えがありますね。
Machicoさんが車内でポテトをこぼしたとか。

その旅行の時に、ゆうちゃが助手席に乗って温姫さんをサポート。
そこから、今度一緒にどこか行きたいね~。
という流れになり、日光や鬼怒川などに出かけて仲が深まったそうな。

「一番、印象的だったのは?」

という質問には、印象とは違うけど、気遣いのポイントが同じ~という部分をあげてましたね。
どこか旅行に出かける時も、
・ここを気を付けよう
・こうしておこう
という気遣いが同じだから、スムーズにいくみたい。

ちなみに、ゆうちゃは朝が弱い。

先に温姫さんが起きて、朝食を用意したり、ご飯を炊いたり、そういう生活音で少しずつ目覚めさせるそうな。
そして、そろそろ起きるかな?
というタイミングで、カーテンを開ける。

彼氏が彼女にしてほしい行動No.1では?

寝起きのゆうちゃの貴重なお話、助かります。
そんな温姫さんですが、どうしてもゆうちゃに止めてほしいことがあるらしい。
それが、

「運転代というモノはいらない」

ガソリン代や高速代を割り勘するのは、わかる。
みんなもやると思います。
けれど。
運転してもらっているから何かを買ってくるとか、行き先で何を買ってもらうとか、そういうのはいらない。

ゆうちゃ「やだーーーーっ!!!」
温姫「いらないです」
ゆうちゃ「やだやだやだぁーーーーっ!!!」

気遣いのできるゆうちゃにとっては、それは承諾できないラインなのか。
温姫さん曰く、

車持ってるやつは、俺の車に乗せて綺麗な景色を見せてやりてぇ~

とか思ってる。
だから、そこに対価なんか求めてない、と。
なるほどなー。
僕は「運転してもらって悪いな…」とか思っちゃうタイプだから、ゆうちゃ寄りかも。
次回、ふたりが出かけた時には、どうなったかまた聞いてみたいですね。

2023_1016yu03.jpg

お次は、香里有佐さん。
ゆうちゃガチ恋勢として有名ですが、登場からもう声のオクターブとボリュームが高い。

こーりー「みなさんフォトブック見ました?私は3周しましたよ」

挨拶代わりのトークが、もう高火力。
楽屋でもゆんこんに
「このページのゆうちゃさん見ましたか!?」
と詰め寄っていたらしい。

絶対にゆんこん、

2023_1016yu04.jpg

こんな顔になってただろうな。

そんな、こーりーとはリリイベが最初の出会い。
緊張しているこーりーに、
「大変なことはない?」
と声をかけてくれたそうな。

何度も自分のことを支えようとしてくれる姿に、一目惚れ。
そこからガチ恋となったそうな。
ゆうちゃはアレかな。
優しさを振りまいた結果、クラスの男子全員から告白されるやつじゃないかな。

前に南早紀さんのイベントで、地雷系女子の恰好をしてた時も、
「2秒でサークルがクラッシュする」
と評されてましたし。


そんなこーりーだから、ゆうちゃにはある疑念が。
自分が「これ好き?」と聞くと、100%自分も好きですと返すらしい。
もしかして無理をさせていないか?
と思ってたみたいだけど、

こーりー「好みが似ているのは、本当です!」

と、心強い肯定。
無理はしておらず、ガチでゆうちゃと好みが合うそうな。
だから、お出かけする時もノープランでOK。
行きたいところ、食べたいところで、意見が分かれることはないらしい。

今年は、ホテルでバカンス。
夕日が沈むのを、ふたりで眺めていたそうな。
彼氏と彼女なのよ。
ん?
さっきも同じような感想を書いた気がするな。

2023_1016yu05.jpg

このあとは、ちょっとしたホラー話が飛び出ました。
ふたりで一駅分を歩くか〜と移動していた時のこと。
とても広い道だったのに、

蜘蛛の巣にひっかかった感覚があった

え?
こんな広い道で?
不思議だねーと思って調べてみたら、何もないところで蜘蛛の巣にふれた感覚があった場合は、

幽霊とぶつかった時

だそうな。
普通にホラーだった。
ただ、こーりーはどさくさに紛れてゆうちゃの腕を組んだとか。
本当に怖いのは幽霊ではなく人間。
そういうことか。

20231015164406bb7.jpeg

お次のゲストは、近藤唯さん。
昼夜共通のゲストです。

ゆんこん「どうする?昼にだいたいしゃべっちゃったよね」

ネイルを紫にしたとか、昼の部ではゆうちゃの手が震えてたねー。
と他愛もないトークをしてましたが…。
みなさんのお話を聞いてるうちに、いろいろ昔のことを思い出してきたみたい。

「どえらい遅刻」
約束よりも4〜5時間遅れたうえに連絡がとれない。
結果的に寝てただけだけど、ここまで遅れると怒りよりも何もなくてよかったが勝つ。

「突然の電話」
ゆんこんは酔うと、楽しくなって電話してくるらしい。
今、飲んでんの〜とか言いながら。
最初はテンションが高いのに、急に下がるから緩急がすごい。

ゆんこん「愉快の先は、闇」

どんな名言だw

そして、ここから先はジェラシーゆんこんが炸裂。
秋にディズニーに行く約束をしてたのに、まったく連絡がないことにご立腹。

ゆんこん「他の女とは行ってるのに」
ゆうちゃ「だって、混んでると嫌がるから時期を見てるんだって」
ゆんこん「予定を入れてくれれば行くから」
ゆうちゃ「仕事と被ったら?」
ゆんこん「それは心がない」
ゆうちゃ「心てww」
ゆんこん「その日に決めたゆうが悪い」
ゆうちゃ「なんでだよ!!」


楽屋でやれ


昼に続いて、夜もふたりの予定を組むのを公開で見せられるイベント。
なんの時間だ、これはw
そのままタイムアップ。

他のゲストと違って、ゆんこんとだけ明らかに空気が違うんですよね。
これだけ殴り合える関係ってのも、素敵だとは思いますけど。
ほんと、普段からこんな会話をしてるんだろうな〜というのが見られたので良し。
めちゃくちゃ笑いました。


お次は、昼と同じNostalgic Orchestraかな。
と思ったら…。

ここでもうひとりゲストを紹介するみたい。

え?
そんなの予定になかったよ?
いったい誰だ…。


???「こんにちはー」


20231016215158def.jpeg

うわぁーーーッ!!!


諏訪彩花さんだぁーーーーッ!!!


まさかのサプライズゲスト!
これには会場もわきましたよ。

ふたりといえば、ミリオンライブでCharlotte・Charlotteというデュオを組んでおりました。
まさにふたりの仲が急速に深まったのは、このユニットがあったからこそ。
それまで簡単な会話くらいはあったけど、がっつり話すようになったのは6thライブから。
ミリオンでは珍しく、ユニット活動が長かったからより絆も強くなったのでしょう。

諏訪「いざ仲良くなってみたら、昔からの親友のよう」

確かに。
京都旅行にもいってましたし、ゆちゃ的のロケ企画として一緒に北海道にも行ってましたしね。
お互いの感覚が近いことに気付けた〜とも話されてましたが、ほんと初期から仲良しだったと勘違いするレベル。

・ライブでは目で会話をしまくった
・助けてほしいと目で訴えても、すぐに気付いてくれる
・たくさんお店も知ってるし、センスもいい
・会話がない時間も苦じゃない
・全てを包み込んでくれる
・と思ったら男前なところもある

と、とにかくベタ褒め。
けど、ゆうちゃに言わせれば、同じことを諏訪ちゃんに感じているみたい。
一番幸せになってほしい人、ナンバー1だそうな。
すごい信頼ですね。

最後は一緒に遊びにいく約束もしてましたが、楽屋にいるゆんこんはキレてたかもしれない。


202310152016484d7.jpeg

ここからは、昼の部と同じく

「10thメモリアルトーク デュオ」

Nostalgic Orchestraをお迎えして、ライブを披露するコーナー。
昼の部と変えて、特別な楽曲を歌うそうな。

以前にゆうちゃとも歌ったことがある「ハルモニア」
というオリジナル楽曲。
当時はショート版でしたが…。

今回のイベントのために、フルサイズを完成させてきたそうです!
これはすごい。

藤本記子さんとゆうちゃによるデュオ。

ふたりの歌声の重なり方が、本当に綺麗。
ずっと聞いていたい、ハーモニーでしたよ。
あー。
こんな素晴らしい楽曲がこのイベントだけなんて。
今日、来られなかった方にも是非聞いてほしいなー。

と思っていたら…


配信が決定!


うぉおおおお!マジか!!
すでにレコーディングは終わっており、編曲の段階らしい。
じゃあ、いつ配信されるんですか!?

福富雅之「今日、完成できていればカッコよかったのにね…」

どうやら配信はもう少し先みたい。
けど、こだわりすぎた〜とも話されてましたし、いいものに仕上げたい!という想いは伝わりました。
続報をお待ちしております!
みなさんも要チェックです。
本当に素晴らしい楽曲なので。

20231015155449d83.jpeg

もう一曲は、昼の部と同じくスピッツの「紫の夜を越えて」を披露。
今回のイベントのテーマ曲といってもいいですからね。

「ファンとこんな関係性を作れるとは思っていなかった」
「自分からイベントをやりたいなんて、思いもしなかった」

そんなゆうちゃの心を動かしたのは誰か?
たくさんの紫のペンライトのひとつに、自分もなれていることが誇らしいです。
美しい歌声を、ありがとうございました。


202310152040380f0.png

ライブコーナーのあとは、

「10thメモリアル クロストーク」

ゲスト全員を交えての、ふつおたコーナー。
再びゲストのみなさんが登場。

ゆんこん「泣いてたね〜」
ゆうちゃ「なんだよその顔は!」

煽っていくー。
ライブパートがあまりにエモくて泣いてるゲストもいる中、空気を和ませていくゆんこん。
これもゆんこんの良さ。

20231016223209918.jpeg

まず一通目のメール。
「ゆうちゃ、さすが!と思ったところ」
さすゆう。

けど、たくさんありすぎて決められないみたい。

ゆんこん「転がしてくる。アメとムチでいう、アメの郁原」
諏訪「センスがよくて、多才なところ」
温姫「大根の味噌汁は、温姫のが一番好きと言ってくれる」
こーりー「悩みを相談してほしくて”会いたいです”と言ったら、すぐに察して泊まりに行こうと提案してくれたところ」

なんか後半はのろけ話にもなってきてたな。
ちなみに、ゆんこんはずっとニコニコしながら聞いていましたw

(私の部屋には泊まりに来ないのに、他の女にはすぐに行くんだ〜)

そんな心の声が聞こえてきそう。
このちょっと修羅場の予感がしたところに、次のメールがトドメを指す。

20231016224102052.jpeg

「ゆうちゃの好きなところ」


諏訪「全部。存在が好き」
こーりー「お写真が女神

そして、諏訪ちゃんとこーりー、謎の握手

温姫「美味しいものを食べた時の、ニコッとする顔


諏訪&こーりー「「あー!それだーーー!!」」


温姫「別れる時、”帰っちゃうの?”と寂しそうな顔をする」
温姫「あとは寝顔とかも好きだし、もうオタクにマウントをとっていくしかねぇ」

ゆんこん「私には”帰っちゃうの”なんて言われたことないけどな」


もうこっからは凄かった。
4人の女たちが、ゆうちゃのどこが好きかで大激論。
なるほど、これがゆうちゃハーレム。
会場内も爆笑が飛び交って、すごい光景でしたよ。
これ、ずっと見ていたかったなーw

20231015155459f44.jpeg

そんな感じに大いに盛り上がったところで、イベントは終わりの時間。
最後はひとりひとり感想を言ってお別れ…。

と思ったらですよ。


ここでみなさんの思いがあふれました。


温姫
「前にご飯を一緒に食べた時、たまたまこの会場の前を通ったの」
「会場、うまるかな…というゆうちゃに対して、埋まるよ〜と答えたんだけど」
「いつもは”そうだよね”と笑うのに、この時は”そうかな…”だったの」
「本当に不安なんだと分かって、これ以上この話題を続けられなくて、違う話題にしてごめんね」

202310151554555bc.jpeg

その不安はファンも感じていたこと。
今、この手のトークイベントをやっても会場をうめるのは本当に難しい。
ひとりでも多くの方に来てもらいたい。
だから、今回は配信が無いのだと理解してました。
配信がないんだから、みんな集まってほしい。

それはゆうちゃの「我儘」でした。

予定を開けて、決して安くないチケット代を払って、遠くからも移動して参加する。
試されている、というより、ゆうちゃは信じたかったのだと思います。
自分を支えてくれるファンなら絶対に来てくれると。
それこそが、この10年の声優活動のひとつの結果なのだと。

202310151554571f3.jpeg

そして、迎えた当日。
会場は後ろまでたくさんのファンでうまりました。
途中参加でもいいから、駆けつけてくれたファンだっていました。
全部、ゆうちゃの頑張った結果です。

誰もが達成できる光景ではないです。

20231015155454527.jpeg

僕は初期から応援してたわけでない、新参ものですが…。
それでも、このイベントは絶対に参加したいと思えました。
だって、ゆうちゃのメモリアルだから。

会場をうめたい〜よりも、おめでとうを伝えたいが一番にありました。
他のファンもそうだったんじゃないかな。
たくさんのフラスタがその証拠。

2023101515545366a.jpeg

涙を流しながらお礼を伝えたゆうちゃの姿を見て、参加できてよかったと心から思えました。
こちらこそ、ありがとうございました。

けど。
どうしても都合がつかず参加できなかった方もいると思います。
そんなあなたに朗報!

なんと年末に配信が決定!

期間は限られますが、イベントの様子を見ることができるそうです。
このチャンスをお見逃しなく。
また情報は出てくると思いますので、要チェックですよ。


20231016231851fc5.jpeg

こうして、無事にイベントは幕を下ろしました。
最後にゆうちゃからのお手紙がありましたが…。
これは是非、ゆうちゃの言葉で聞いてほしいので配信をお待ちください。
もし、配信にも入っていなかったら、そういうこと。
会場の方だけの時間だったと理解するとします。


そんな「ヴァイオレットの我儘」
またこんなメモリアルなイベントが開催できるよう、これからも応援を続けていきたいです。
以上、
郁原ゆう声優10周年記念イベント「ヴァイオレットの我儘」
夜の部レポートでした。

それでは。

    23:23  Top

2023.10.15[日] 郁原ゆう声優10周年記念イベント「ヴァイオレットの我儘」昼の部レポート

20231015155929e37.jpeg

ゆうちゃこと、声優の「郁原ゆう」さん。
彼女の声優活動10周年を記念したイベントが開催。
タイトルは、

「ヴァイオレットの我儘」

意味深なタイトルです。
いったいどんなイベントになるのか気になりますし、何よりゆうちゃの記念イベントをスルーできるはずもない。
参加してきましたので、レポートを書いていきたいと思います。

20231015155451d75.jpeg

会場は、浜離宮朝日ホール・小ホール。
阿部里果さんと山崎エリイさんの「これって推し事」でも来たことある会場。
あの時は新橋駅から歩いたんですけど、めちゃくちゃ迷ったんですよ。
なので、今回は築地市場駅を目指しました。

が!

新宿駅で大江戸線の乗り換えがわからずに、さまよってました。
結局、迷うんかい!
鬼門な会場かもしれません。

20231019214011881.jpeg

会場に到着して、まずは物販から。
・フォトブック
・ブロマイド
・アクリルスタンド
それぞれ購入。

自分自身のグッズが出ることは嫌で、写真集なんてもってのほか!
というゆうちゃが、アクスタにフォトブックですよ。
革命といってもいい。
このイベントがいかに記念なのか分かります。

そんなゆうちゃの記念日サービスに呼応したのか…。
当日までにグッズはほぼ完売!

今回はゆうちゃの個人主催みたいなイベントなので、グッズが余ったらゆうちゃの引き取り。
コミケで売れなくて、部屋が同人誌まみれになる〜みたいな展開がまっています。
なので、数は絞っていたとは思うんですよね。
それでも、当日にはフォトブックとブロマイドしか残っていない盛況っぷり。
ファンの熱意も感じますね。

202310192140144ac.jpeg

そして、時間になり、いよいよ昼の部がスタート!
グッズと同じ衣装でゆうちゃ登場。

「S席の人〜、A席の人〜」

と、まずはたくさん集まったファンに挨拶。
いや、ほんと集まったんですよ。
今はこの手の声優イベントって、人がなかなか集まらない。
なのに、300人は超えてたんですよ。
いかにこの10周年イベントをファンも大切にしてくれているのかが伝わります。

けど…

ブロマイドが売れ残っていることには悪態w

「S席はフォトブックをもらえるから買わないのは分かるよ」
「けど、ブロマイドが残るのはおかしいだろ!」

そんな愛のある毒舌も飛び出す、いつものノリ。
ファンとの距離感も10年の積み重ねを感じます。

20231015162545f11.jpeg

軽い挨拶のあとは、最初のコーナーへ。

「10thメモリアルトーク ソロ」

ゲストと1対1でお話しする流れ。
トップバッターは、平山笑美さん。
元、同じ事務所での先輩と後輩組。
まずは、ふたりの馴れ初めから。

・握手会、サイン会、チェキなど、とにかくいろんなことをやった
・毎週リリイベもやってた
・ゆうちゃはデビュー直後からファンサがうまい
 →ファンの顔も覚えてくると雑になる
・写真を撮ることも多かった
 →事務所の正月に着物で写真も撮った
・割り勘ができないくらい計算が弱い…

・あの頃はイベントに来ていく服も自分で用意した

ぴらみ「有楽町のマルイを足が棒になるくらい回ってた」

まさかの有楽町マルイw

202310151636024e4.jpeg

奇しくも、今は有楽町マルイでミリオンライブのコラボもやってます。
なんか縁を感じますね。

「一番印象に残っていることは?」

という質問には

「ゆうちゃとふたりで何かをすると、嵐になる」

と回答。
ぴらみさんが風、ゆうちゃが雨らしいw
今日もえらい雨が降ってましたしね。
で、昼の部が終わると晴れるし。
嵐を呼ぶ女たちだったか。

他にも、ビルのやたら高いところにファンを押し込めてライブをやった〜など、付き合いが長い分、昔話が尽きなかったですね。
日々を生きるのに精一杯だったけど、思い出も深まったと。

ゆうちゃはデビュー当時から頼りがいがある。
ありがとうを伝えたかったと、感謝で締めました。


20231015164406bb7.jpeg

なるほど。
こんな感じに、ゆうちゃの部屋みたいな流れでいくのですね。

続いては、準レギュこと近藤唯さん。

ふたりの出会いは、ミリオンよりも前。
ゲームの生配信に、ゲストで呼ばれたのが最初らしい。

ゆうちゃ「昔はこうじゃなかった」
ゆうちゃ「もっと息を吐きながら、怖々と話してた」

ゆんこん「あー、前の20代で捨ててきたものか」

言い方よw


その後のミリオンのレッスンの時、このままではマズい!
ということになり、親睦を深めるために一緒に食事。

ゆうちゃ「その時にはもう剥がれてきてた」

初対面で心を許した、ミリアニの未来と静香みたいなエピソードですねw
今や、イベント前日にLINEで「泣く?泣いちゃう?」と煽ってくる仲。
当時は「ゆうちゃさん」と呼んでいたけど、今では「ゆう」呼び。
いつからそうなったか思い出せないくらい、自然とそうなっていったそうな。

「一番印象に残っていることは?」

この質問には、最近ふたりでやったバスツアーをあげていました。
新しいことをやる時、相方がゆんこんであることが多い。
印象的なのは仕事ばっか。
プライベートではまったく写真をとらないから、そうなるらしい。
一緒の旅行も1回だけとか。

ゆんこん「プライベートの旅行は、他の女ばっかり」

ゲームを一緒にやる約束も保留のまま。
ざっくり11月くらいの、だいたい決めよう〜と、わちゃわちゃしてる間にトークは時間切れ。
そんな締め方あるかいw

ゆんこん「見たいもの見れてる?」

最高に笑いましたよw


2023101519510635b.jpeg

続いては、末柄里恵さん。

ゆうちゃも話されてましたが、1対1なのでゲストによって空気が変わるコーナーですね。
ふたりの出会いは、おそらくリリイベ。
嵐の中でやったやつ。
すーじーはその時に恩があるらしい。

「もっと着飾らなくちゃダメ」

と、持ってたイヤリングを貸してくれたそうな。
自分だけでなく、周りも見てる素敵な方だと思ったのが出会い。
さすゆちゃ。

その後、一緒にディズニーに行ったりする関係になったけど、きっかけは覚えてないみたい。
エミリーとすーじーの誕生日が同じだから、その記念では?
けど、それは2回目の時らしい。
ハロウィン?クリスマス?
もはや数が多すぎて記憶にないみたい。

20231015201315897.jpeg

で。

ここからが秘蔵トーク。
お泊まりでディズニーに行った時のこと。
ホテルにあるアメニティ。
ご自由にお持ちください〜って、あれです。
あの中に、お風呂を泡まみれにできるやつがあったそうな。

で。

ふたりとも疲れてて、順番にお風呂に入ってたら片方は寝落ちしてしまう。
だから、一人用のお風呂にふたりで入ることに。
そこで泡まみれにして大はしゃぎ。
最後はバスタブにふたりで入って、彼氏彼女みたいなことをしてたみたい。

なんだその楽園。
この世に存在していいのか?
夢の国すげぇな。

が!

この泡のアメニティ。
ある日を境に無くなってしまったそうな。
だが!
彼女たちの泡に対する執着はすごかった。
なんと、自分で購入して持ち込んだらしい。

シャワシャワタイムという娯楽を決して諦めない。
そんな強い意志を感じましたが…。

10周年記念のトークか、これw

けど、こんな泡トーク。
1対1じゃないとできないので、この日のためにとっておいたそうな。
確かにね。
女性声優同士の裸の付き合いとか、どの番組でどういう流れで話せばいいのか分からないもんね。
僕らも聞けてよかったですよ。

202310152016484d7.jpeg

ソロトークはここまで。
お次は、

「10thメモリアルトーク デュオ」

Nostalgic Orchestraのおふたりが登場。
・藤本 記子さん
・福富 雅之さん

「音の学びを通して音の楽しさを知る」をコンセプトにした音学イベント、『キノコ音学校』を主催。
こちらのゲストにゆうちゃを呼んだこともあります。

当時のゆうちゃは
・歌うのが楽しくない
・笑顔を見せるのもダメ
歌うのが重圧だったみたいです。
そんなゆうちゃが、キノコ音学校を通して歌の良さを知った。
だから、この10周年のイベントで、ふたりを呼びたかったそうな。

202310152025302d3.jpeg

そんなNostalgic Orchestraの演奏で歌われた楽曲。
「僕が一番欲しかったもの」

キノコ音学校でも歌われた曲です。
あの頃からの成長も見せたい。
そんな想いもあったのでしょうか。
歌うのが楽しくないと言っていた女の子は、もういません。
とても伸び伸びと表現されていました。
そんな歌声に、会場も紫色のペンライトと手拍子で応えてました。
とても、心地よい時間を過ごすことができました。

20231015155449d83.jpeg

続いて披露された曲は、スピッツの「紫の夜を越えて」

どうしてこの曲を選んだのか。
ゆうちゃはあえて語りませんでした。

「私は歌は得意ではないけど、歌でしか伝えられないこともある」

その言葉が全てだと思います。
あのステージでの歌声と表情。
そして、この歌詞を読めば伝わります。

どうしてこの歌なのか。
どうしてイベントのタイトルが「ヴァイオレットの我儘」なのか。
受け取った人だけ答えがあるでしょう。
それでいいと思います。

ただ、僕の解釈をあえて書くと…。
「感謝」です。
ゆうちゃからの最大限の、ありがとう。
けど、その5文字だけでは足りない。
だから歌に込めた。
そう感じました。

こちらこそ、ありがとうございました。

202310152040380f0.png

最後はこちらのコーナー。

「10thメモリアル クロストーク」

みなさんからのふつおたに、ゲストも交えて応えていきます。
今回ゲストはあまり出番はない〜と言ってましたが、全体的にわりと出番はあった印象ですね。

最初のふつおたは、

20231015204512d9f.jpeg

「ゆうちゃを凄いと思ったところは?」

まず、今回のゲスト全員に手紙を書いたことをあげていました。
裏でそんなやり取りがあったのか。
ゆうちゃ曰く、出会えた人たちはみんな尊敬できるから、自分が凄いとは思えない〜と語っていましたが…。
ゲストのみなさんは、

・MC力が高い
・人の心を開いてくれる
・初めての現場でも動揺しない
・物作りへの挑戦していく姿勢

など、褒めが止まりません。
全部わかる。
わかりみ。

20231015205047774.jpeg

続いては、
「ゆうちゃに我儘を言われたことは?
または言われたい我儘は?」


ここで物議。

ゆんこんは「ゆうちゃは我儘を我儘だと思わせないのがうまい」と分析。
ぴらみさんも同意してました。
その時は気付かないけど、あとあと思い返すとすごいことをお願いされてたな、と。

すーじー「え?私は我儘は言われたことないですよ」


ゆんこん「もう手のひらで転がされてます!」

ぴらみ「これはやられてますよ!」


すーじーの優しさにつけ込まれていると大激論。
ものすごいヒートアップでしたよ。
さっきの感動のライブはどこに行ったんだw

ゆうちゃの巧みな我儘っぷりが見え隠れしたところで、昼の部はお時間となりました。
最後はわちゃわちゃしてたなー。
けど、そこもゆうちゃのイベントらしいです。

20231015155932d27.jpeg

と、ここで告知。
完売してたグッズの再販が決定!

受注は明後日から。

なので、今日のイベント良かったな〜グッズ欲しいな〜という気持ちを明後日までキープしててほしいそうですw
こちらは続報を待つとしましょう。

と、涙あり笑いありの昼の部はここまで。
続けて夜の部も参加しましたが…。
ちょっとブログが長くなってきましたので、今日はいったんここまで。
明日のブログで、夜の部のレポートを書きたいと思います。

というわけで、以上。
郁原ゆう声優10周年記念イベント「ヴァイオレットの我儘」昼の部の感想レポートでした。
それでは、明日に続く。

「10/16追記」
夜の部のレポート完成しました
    21:01  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
チョクメはいいぞ
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop