FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2019.06.14[金] 「Febri Vol.55」こっこちゃん特集と、ミリオンBNS第12話の感想

2019_0614febri06.jpg

 ミリオンライブのコミック目的で購入している、Febri
 本日、Vol.55が発売になりました。
 
 が!

 今回はミリオンだけではないです!
 なんとぉ!

2019_0614febri01.jpg

 こっこちゃんこと、小岩井ことりさんを大特集!
 6ページに渡って、インタビューと撮り下ろしの写真が掲載されております。
 
 どんな写真かといいますと、ページをめくった瞬間に、

2019_0614febri07.jpg

 こうなったレベル。

 どんな内容かは、キミの目で確かめるんだ!
 アマゾンなら、Kindleで即ダウンロードできるぞ!
 (リンクはこちら
 
 みんなで死にましょう。
 大丈夫。
 すぐに転生するくらいの威力だから。

 そんな、こっこちゃん。
 ん?
 なんかツイッターに投稿されたみたい。


 なになに…







 ………。

 ……。

 …。



2019_0614febri08.jpg
 
 こっこちゃん、そういうとこやぞありがとうございます。

 好き。



2019_0614febri05.jpg

 さて!
 いつまでも死んでいられないので、話題変更。
 冒頭でも書きましたが、僕がFebriを購入しているのはミリオンライブのコミックのためです。
 タイトルは、

「アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ ブランニューソング」

 略して、ミリオンBNSです。
 大きな山場は前回で抜けて、今回からはメインユニットから離れた物語。

2019_0614febri04.jpg

 こういうサブストーリーを描けるということは、BNSも長期連載になる流れ…かな?
 良いことです。

2019_0614febri03.jpg

 ミリオンBCでは「夜想令嬢」、ミリオンBNSでは「Cleasky」の裏話にスポットを当てた話。
 ミリシタとリンクしてて、いい感じ。
 ミリオンBNSの方は、パラレルも入っていますけどね。

 けど、こういう状況ならふたりはどうするか。
 そういう視点で描かれる物語もいいものです。

2019_0614febri02.jpg

 Cleaskyの物語は次回まで続きます。
「あなたがどうしたいか?それだけでいい」
 765プロらしい姿。
 次回も楽しみにしたいと思います。

 と、なんとかこっこちゃんの可愛さに絶命しつつも、BNSの感想は書き終えました。
 ふー手強かった。
 あ、そうそう。
 BNSの作者imaさんが、コミック2巻の発売にあわせてサイン会をやることになったそうです。
 詳細はまだ発表されておりませんが、こちらも楽しみにしたいと思います。

 それでは、今日はこの辺で。
 みりおっつー。


    23:18  Top

2019.06.13[木] シャニマスのLINEスタンプがやってきたけど…

20190613204138b3f.jpeg

シャニマスのLINEスタンプが配信されたぞーっ!
しかもボイス付きです。
さっそくダウンロードしました。

20190613204143527.jpeg

どれも可愛いのですが、なんというか………パンチが弱いといいますか。
どうも無難すぎる気がしますねー。
第一弾だからしょうがないか。

なら第二弾があったら何が欲しいか。

そうですね。
いろいろありますが、僕が欲しいのは、

201906132041559d1.jpeg

「見ない顔ですねぇ…!」

20190613204145d4d.jpeg

「明日から…頑張ろう…」

20190613204148c26.jpeg

アマナァーーーッ!

20190613204146e65.jpeg

筋肉・イズ・パワー!!

20190613204149962.jpeg

「か…かっこいい!」
「もはや演舞たい!」

201906132041546cd.jpeg

ブーーー!!
「ばっ…これ麦茶じゃなくて、めんつゆたい!
誰ね〜!?冷蔵庫にめんつゆ入れたん〜〜〜!!」

201906132041526a7.jpeg

「真乃…めぐる…!」

20190613204157508.jpeg

「み…みんなー。どうだったかなー?」

20190613204151a8f.jpeg

「絶対に乗り切る!」

20190613204142c6c.jpeg

かー!卑しか女ばい!!

※そんなセリフはありません


こんなところかな。
ネタちゃうで。
かなり真面目に欲しいよ。
「見ない顔ですねぇ」とか毎日使えるし。
シャニマスさん、よろしくお願いします。

さて、そんなLINE事情。
そんなに使ってるわけでもないのに、こうしてスタンプだけ増えてく日常です。

あ、最後にオススメのスタンプを紹介しますね。

20190613204141685.jpeg

「農家のあいこ」
この人のスタンプはどれも使いやすくて大好き。
オタクなら共感できるものばかりですよ。

20190613204139254.jpeg

「黒星紅白」
この方のスタンプは、逆に使いどころが無さすぎて好きw
まだ二種類しかないけど、もっと増えて欲しいなー。


てなところで、今日はここまで。
おわりー。
    21:09  Top

2019.06.11[火] ミリシタ2周年目前生配信を見たけど、野村さんとぴらみさんの絡みって実はレアでは?

20190611213600de6.jpeg

今日はミリオンライブの生配信!
ミリシタ二周年に向けて新情報が来るらしいから、今日のブログにまとめるぞ!!


(放送終了後)


なんかいろいろありすぎて何も覚えてないや…。


初老!


20190611212911874.jpeg

しょうがないので、僕の推しである野村香菜子さんと、応援してる平山笑美さん見て。

201906112129155a0.jpeg

はい、可愛い!

20190611212918e39.jpeg

はい、可愛い!

20190611212917403.jpeg

はい、可愛い!

20190611212912729.jpeg

好き。

20190611212906ef4.jpeg

こんなにスクショが捗る番組ある?

千鶴Pと麗花Pの僕はもうバーニングでした。
というか、野村さんとぴらみさんの絡みも実はレアじゃない!?
めっちゃ最高でしたよ。
ぴらみさん、いつか「だれ?らじ」か「のむたむらんど」に遊びに来てね。

201906112129146cf.jpeg

と、ただ推しを並べるだけのブログになってるので、ちゃんとした情報も。
今年もミリシタのアニバーサリーを記念して、秋葉原をジャック。

詳細は特設ページにて↓
https://milishita-2ndanv.idolmaster.jp/

去年のも、とっても楽しかったから今年も期待!
アトレも外壁だけじゃなく、中も全部ミリシタ仕様に変えるみたい。
規模もパワーアップしてるじゃないですか。

去年は「ミリオンライブもこんなに大きくなって…」と、成長する我が子を見つめる心境でしたが…。
今年は、ミリオンライブならこのくらいは当然!と、胸を張って見ていきたいですね。
そのくらい飛躍の一年だったと思いますし。

んで、こちらの秋葉原コラボを記念してステージイベントも開催決定。
去年は運良く当選して観覧できたんですよね。
あんな幸運はもうないなー。
けど行きたいなー。
とか思ってたら、同じ日に「いっちょかめ」のイベントがあるので、どっちにしろ無理でした。
だって!こっこちゃんゲストなんだもん!
僕は別のミリオンに行ってます。

あ!

そうだ!
こっこちゃんといえば、これも書いとかないと!

20190611214746773.jpeg

こっこちゃんも常連になってきた、ポタフェス。
こちらが7月に開催されるんですが、ちょうどミリシタの秋葉原コラボと重なるんですよ。
というわけで、ポタフェスもコラボ決定!

こっこちゃんは今年のイメージアーティストとして活動されており、7月のポタフェスにも登壇が決定しております。
最高のタイミングじゃないですか。
ポタフェスって、すっごい高額のヘッドホンが展示されたりするので、ミリオン楽曲を大手を振って視聴できるのは願ったり叶ったり。
もう、やアじ!とは言わせない。
公式コラボだ!

そんな感じに新情報ザクザクだったわけですよ。
そら記憶も飛ぶわ。
決して年のせいではない。
きっと。


こうしてミリシタ二周年に合わせて、またお祭り騒ぎできると思うと心踊ります。
月末は福岡公演もありますし、気持ちも高めていきたいです。
梅雨も暑さも吹っ飛ばすぞ。
おー!



と、気合いを入れたところで今日はここまで。
みりおっつー。
    21:59  Top

2019.06.09[日] アイマス同人即売会「ISF07」購入品の感想

20190609175850132.jpeg

IDOL STAR FESTIV@L07開催!
略してISF07
いわゆるアイマスの同人即売会です。
アイマスの即売会はいくつもありますが、こちらは765プロがメイン。
なんでも、ミリシタ開始にともない参加者が急増したとか。
そんなISF07に友人と参加してきましたので、今日のブログはレポを書いていきます。

20190609175853f5f.jpeg

会場は、横浜マリネリア。
行ったことがない会場だったので、検索したら…。

ここ!
今年の1月にシンデレラクルーズに乗った桟橋の近くだ!
位置は把握したので、難なく到着。

そして、人!人!人!

めっちゃPたちが集結してるー!
同時開催でシンデレラガールズの即売会もやっているとはいえ、この盛況っぷりはすごい。
ミリオンもこんなに大きくなって…。
なんて感慨深くなってる場合じゃない。
会場前のフロアに収まりきらず、道路まで列が伸びてます。
これだけの人数になってしまうと、もしかして会場側からクレーム来るかもしれないですね。
人気が上がっているのは嬉しいですが、同時に会場問題は増えそうです。

そして、時刻は12時になって入場開始。
んん?
僕らは11時くらいから並んでいたけど、先に入れたよ?
そういや公式サイトに10時前は並ばないで〜と記載があったから、もしかしてペナルティがあったのかもね。

ともかく、これで入場できそう。
さーて、それじゃ張り切ってISF07始めるぞーっ!

201906091902226f9.jpeg

知ってた


まぁ、そうなるよね。
開始1分でキャパオーバー。
島中で列ができちゃってるところは地獄ですよ。
開始1時間後には、なんとか歩ける程度にはなりましたが、初期圧がやばすぎた。
今日が雨じゃなくて本当によかった…。

そんなPたちとおしくらまんじゅうで遊びながら購入してきた作品がこちら。

20190609190718308.jpeg

「SOSO’SKitchen」

友人から依頼されて行ってきました。
描かれたのは、ソンソソさん。
こちらのエレナはフリーのイラストカード。
新作はタペストリーでした。

「このタペストリー写真撮りたいんだけど」
「じゃあ、テレビに掛けますね」

201906091758542b3.jpeg

『ニヒャクマンボク ライフドリーム』

テレビのテロップがパワーワードすぎてタペストリーが視界に入らないよw


20190609191230d64.jpeg

「どすこいルララ組」

友人が購入した一冊。
筆者はじんまさん。
オススメだよ〜と読ませてもらったけど、めっちゃ笑ったw
プリムライベントの裏側で、永吉家のこんなエピソードがあったら微笑ましいですね。

「これ、どう見てもラリアットなのにエルボーと言い張る昴ママ最高」
「それ、ご本人もツイッターで話してましたよw」

2019060917591440b.jpeg

「ぷきぷきなまこ」


甘ぁーーーい!

まつともカップリング好きが死ぬ前に見る走馬灯です。
ありがとう。
いい人生だった。

筆者はえふゅるさん。
これからも、素敵なまつともライフをよろしくお願いします。
なんだこの感想。

2019060917590643f.jpeg

「ヒノトワークス」

筆者は鈴木丁さん。
ツイッターにアップされてる漫画が好きなので、同人誌は欲しかったんですよね。
最初、伺った時はまだ設営前でしたが、あとから訪ねて無事にゲット。
どちらの作品も、美也の涙が印象的でした。
ゲーム内だとなかなか見られない表情ですので、読んでて引き込まれました。
そういえば会場内のBGMでも「初恋バタフライ」が流れてましたね。
仙台公演でも歌われたので、再販された「初恋蝶サウダージ」はとってもタイムリーでした。

20190609175908a81.jpeg

「STUDIO524.」

表紙のこのテンションが全てです。
このノリがフルカラーで飛んできますので、もう最高。
筆者はSAKOさん。
プロゲーマーではないです。
この方もツイッターでフォローしてまして、毎回、情報量の多いイラストに爆笑してますw
今回の新刊は、そのイラストをまとめたもの。
不思議と何度でも読み返したくなる魅力がありますよ。

あと、今回、付録PDFデーターをダウンロードできるメモもいただきました。
作品の解説などが読むことができて、とってもお得!
こういうWEBを利用した付録はなかなか新しかったです。

それにしても、売り子をしてたSAKOさん可愛い方だったなー←人違い

2019060917590575d.jpeg

「Bin1 production」

イラストを手がけたのは、たくさん。
エンドゲームを見たあとなので、表紙からして高まる。
夏コミに向けて新刊を製作中、とのことでした。

20190609175903e0f.jpeg

「getwild」

筆者は、あかねさん。
この方もツイッターでフォローしてまして、アップされる作品もとても気に入ってます。
そんなあかねさんの新刊。
こちら、なんと200ページあります!
コンセプトは「6年後のアイドルたち」
過去、発行された3作品の総集編です。
僕は一冊も持っていなかったので、こうして新刊としてまとめてもらえたのは嬉しかったです。

それで読んでみた感想ですが…。
そうですね。
これぞ二次創作の面白さ!
という内容でした。

みんなが大人になった世界観で描かれるアイドルマスター。
どうして6年後にする必要があったのか?
それは、テーマとして恋愛が絡むから。
大人になった彼女たちだからこそ、ぶつかった壁。
いつも通りの私たちが、いつも通りでなくなった時、どこまで私たちらしくいられるのか。

公式は決して描けない、描くべきではない内容なだけに、これぞ二次創作だと感動しました。

そして!
こちらの作品。
まだ完結していないのです。
あと4作品を経て、完結するシナリオだそうです。
実に楽しみです。
あかねさんが描くアイドルマスター。
最後まで追いかけていきたいです。

20190609210109e16.jpeg

「こわり亭」

今回、ISF07に参加した最大の目的がこちらです。

ミリジャン

なんとこちら。
アイマスの麻雀なのです!
手がけたのは電子レンジさん。
アイマスと咲-Saki-が大好きな僕は大歓喜!
これこれ、こういうのを待ってました!

こちらのミリジャンに関しては、別の日にブログにまとめたいと思います。
対局したら動画とか撮りたいですし。
これ、絶対に楽しいやつ!
プレイレポをお待ちください。


てなわけで、僕のISF07の感想は以上となります。
次回のISF08は11月。
会場は同じかな?
混雑問題は続くと思いますが、久しぶりに即売会に参加して二次創作の熱意にふれることができました。
やっぱ楽しいですね。
こうやってファンの愛が可視化されるのは。
二次創作でも、アイドルマスターを盛り上げていきたいですね。

参加されたみなさん、お疲れ様でしたー!
それでは。
    21:11  Top

2019.06.03[月] シンデレラガールズ「U149」5巻の感想。U149の面白さはプロデューサーにある

201906032007475b4.jpeg

シンデレラガールズの身長149cm以下のアイドルたちにスポットを当てたコミック。
「U149」
こちらのコミック5巻を購入してきました。

む!

表紙は市原仁奈ちゃんか。
なら、「購入してきた」のではなく、「保護してきた」が正しいな!

む!

どうして僕の両手に手錠をかけますか。

201906032007494b2.jpeg

特典CDも仁奈を大プッシュ。
仁奈まつりでごぜーます。

仁奈ちゃんの親権者はお見逃しなく。

201906032007480a9.jpeg

それで、今回の5巻を読んでてあらためて思ったことがあります。

この作品って、プロデューサーのキャラクター造形が上手だったから成功したのだと。
嫌味がないんですよ、プロデューサーに。
このプロデューサー像じゃなければ、U149はここまで面白くならなかったのでは?
と感じます。

20190603200752057.jpeg

確かにメインは子供アイドルたちです。

けど、この作品の見所って、ただ子供たちがわいわいやるだけでしょうか。
それもあるけど、全てじゃない。

頑張る子供たちを見て、大人がどう動くか。

そういう作品だと思ってます。

20190603200754a0a.jpeg

プロデューサーは子供がもつ可能性と、子供から逆に教えられることも理解してます。

だから、この頭を下げるシーンはグッときた。
年齢なんか関係ない。
相手は大切な担当アイドルたち。
真剣に向き合った結果の姿。
だから、大人が子供に頭を下げる行為になんの軽蔑も浮かばない。
むしろ、かっこいい。

子供に頭を下げられる大人がどれだけいるか。
このプロデューサーだから面白いし、応援したくなるし、感情移入もできる。

20190603200750729.jpeg

U149は大人組の描き方がとにかくいい。
子供が主役だからこそ、それに対して大人はどう動いたかが重要。
これがU149の面白さを跳ねあげているんです。

ただ子供がはしゃいでる漫画だったら、きっと5巻まで続いてなかった。

20190603200753bac.jpeg

子供なのに〜とか、子供のくせに〜じゃない。
同じアイドル。
彼女たちの輝きを受けて、周りも動きだす。
その連鎖がU149の物語となっているんです。

本当にオススメできる作品ですので、もっとたくさんの方に読んでほしいですね。
最新話は土曜更新のサイコミで読めますので、お見逃しなく。


20190603200756f86.jpeg

そんな5巻ですが、ひとつだけ気になったところ。
U149はアニメ版ともデレステとも違う、パラレルなシンデレラガールズです。
けど、このニュージェネのデビュー条件が路上ライブって、以前に連載されてた「シンデレラガールズ ニュージェネレーション」と被るんですよね。
もしかして、U149の世界観って、コミック版同士で繋がってる?
あれ?
これもしかして前からでした?
僕が気付いてなかっただけかも。

20190603204301871.jpeg

単行本自体がわりと前なので、今度読み直して確認してみるとします。
あ、こちらのコミックもオススメなので、もし知らなかった方はこっちも是非!
よろしくお願いします。

それでは、今日はここまで。
U149コミック5巻の感想でした。
    20:44  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
ミンゴス20thシングル
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop