ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アニメとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2017.05.21[日] 「ミンゴス バースデーライブ2017」の感想

ミンゴス2017

 毎年恒例となってる、5月のミンゴスバースデーライブ
 今年は山野ホールで開催されました。
 40歳という節目のバースデーライブとなった2017年。
 
 今日はこちらの感想を書きますが…。
 その前に、ひとつご紹介。

リナーシタ

 ミンゴスのコンプリートアルバム『rinascita』

 ポスターには全99曲!と書いてありますが、しれっと100曲収録されてるあたりもミンゴスらしい。
 ゲーマーズ横浜で予約してたので、ライブ当日に回収してきました。

中身

 ディスク8枚という本気っぷり。
 まさに、ミンゴスの音楽活動の集大成。
 これが最後のアルバムです~って言われても、せやなと納得できるレベル。
 けど、これはあくまで節目。
 ここからまたスタート!というのが、一番嬉しいですよね。
 だって、『rinascita』には『復活』という意味があるんですから。

声優まつり

 ただ、仕様が仕様なので値段もそこそこ。
 これ一個だけで、ゲマズの声優まつりでポストカードもらい放題です。
 だからみんな買おう。
 特典商法おいしいです。

Tシャツ

 あと、買ってから気付いたんですが、このアルバムはTシャツがついてたんですね。
 よし、今回はこれを着てライブに挑むか!
 と思ったら、同じような方がチラホラ見られました。
 緑のツアーTシャツと黄色Tシャツが混ざる会場ってのは、今回のライブらしい光景なのかも。

 それにしても、このrinascitaTシャツって、デザインがなんか中二病っぽくないですか。
 声優グッズに見えないから普段も着れるよ~って感じなんでしょうけど、逆に着れないな…。
 試されている。

いっしょ。

 さて、そんなTシャツ装備で挑んだ今回のバースデーライブ。
 懐かしいバンドメンバーも揃って、初代+Aメンバー!という装い。
 最初の曲がCOLOR SANCTUARYなのも懐かしかったですね。
 と、ここで心理戦。
 静かな曲調なので、みなさん座った状態。
 キョロキョロしながら「立った方がいい?」「けど、カラサンだしな…」「前が立たないなら座ってるか」と、無言のアイコンタクトが繰り広げられてましたw
 SSGの番組でも、立つor座る議論があったけど、しょっぱなから始まったか。
 けど、今回はメドレーがメインで、このCOLOR SANCTUARYもアルバム表題曲メドレーもひとつ。
 続いて始まったAroma of happinessではミンゴスの「立って立って!」の煽りもあって全員スタンダップ!
 うん、もうミンゴスが指示してくれていいんじゃないかな(汗
 バラードは座って聞くってのも、ミンゴスのライブらしいな~と感じてる部分。
 この空気感も好きなところです。



 
 それにしても、今回のライブはとにかくメドレー尽くしでしたね。
 
・アルバム表題曲メドレー
・コープスパーティーメドレー
・SSGメドレー

 などなど。
 たくさん歌うとは話してましたが、まさかこんなミンゴス楽曲のオンパレードとは。
 100曲アルバムをひっさげてのライブは半端なかった。
 けど、さすがに前例がなさすぎるのか、ミンゴスもペース配分がつかめなかったみたい。
 メドレーごとに息を整える時間がありましたね。
 しゃべりながら歩き回る時は疲れている証拠らしい。
 そういう部分もばらしていくスタイル好き。
 
 こういうセトリでくるなら、確かに初代+Aバンドメンバーが必要だったのかもね。

フレーム越しの恋

 そんなたくさんの楽曲が歌われたライブでしたが、「フレーム越しの恋」が無かったのは意外。
 なんでや!
 みんな忘れてたっぽいメガネコラボがやっと動き出したのに!
 またチェーンドライブを発動するミンゴスも見たいですね。
 



 そしてそして。
 今回のライブでもサプライズ出演してくださった濱田貴司さん。
 ミンゴスの楽曲も多数手掛けてくださる作曲家さんです。
 そんな濱田さんはarp(アープ)というユニットを組んでたことがありまして、ミンゴス自身も影響をうけたユニットだそうな。
 その流れからか、今回のライブではarpよりRebornという楽曲を披露してくれました。
 
 始めて聞いた曲なんですが、これがミンゴスの楽曲と言われても違和感がない曲調でした。
 なるほど。
 arpの楽曲がミンゴスに影響を与えたとなれば、ミンゴスが歌う曲がこういう雰囲気になるのは自然なことか。
 と、ひとりで納得してました。

たくさん歌う

 そんなバースデーライブ。
 終わってみれば3時間オーバーな濃厚なライブでした。
 すごい熱量でしたね。
 あと、スピーカーの調子もよかった!
 この手のライブだとミンゴスの声量にスピーカーが耐えられず、割れてしまうことが多いんですよ。
 けど、今回はとにかく聞きやすかった。
 いい調整でしたよ。

 そこも含めて満足度の高かったライブでしたが…。
 ここで、ふと思い出したことが。
 1月のアイマスライブで「歌だけのライブがしたい!」と発言した、ミンゴスの姿です。

 765プロASが全員そろったプロデューサーミーティング。
 ドラマパートあり、トークあり、ライブありと、バラエティに富んだ内容でしたが、言い換えればライブをぶっ通しでやるのは厳しいだろうから、トーク部分を増やしてバランスをとった流れにも見えました。
 出演者の年齢も加味すれば、それもひとつの選択肢だと受け止められました。
 けど、ミンゴスはそれを真っ向から否定した。
 まだまだできる、と。
 それが我侭だということは、重々承知したうえでの本音だったと思います。

 今回のライブは、その言葉を裏付けるようなパワーも感じました。
 限界突破。
 「今日は後輩も見にきてるから~」というトークもありましたが、後輩たちにはミンゴスの姿はどう映ったでしょうか。
 濱田貴司さんはミンゴスのことを「これからも同世代の先頭にたってほしい」と評してました。
 ミンゴスにはずっと歌にふれていてほしい。
 それはファンの総意でもあるはずです。

 後輩のみなさんにとっても、いい刺激になったことでしょう。
 ミンゴスの姿は同世代だけでなく若手にも道しるべになってほしいですし、そんなミンゴスを支えるファンになれているのは誇らしいです。
 これからも変わらず応援を続けていきたいですし、これからもたくさんの歌声を聞いていきたいです。
 



 今回、始めてライブに参加された方も見られましたし、ツアーもスタートします。
 もっともっと多くの方にミンゴスを知ってほしいですし、もっともっと多くの方に歌声を聞いてほしいです。
 映像化がないそうなので、2017年のツアーは本当に一期一会。
 行けるチャンスのある方は、是非、足を運んでみてください。
 どうぞよろしくお願いします。

 
 と、ちょっと湿っぽくなってはしまいましたが、バースデーライブ2017の感想はここまで。
 参加されたみなさん、お疲れ様でした。
 そして、ミンゴスお誕生日おめでとうございます!
 
 おれたち+A!
    18:51  Top

2017.04.25[火] ミンゴスのコンプアルバム『rinascita』を予約してミンゴスと握手




 アイマス台湾ライブでも輝いてたミンゴスさん。
 素敵だったでしょ?
 ミンゴスのこと気になるでしょ?
 あ~ら、ちょうどいい。
 ミンゴスのコンプリートアルバムが5月に発売されるんですよー。
 タイトルは「rinascita」。
 よし買おう。
 で、5月からライブツアーも始まるんですよ。
 よし、参加しよう。
 完璧。

今井麻美さんのコンプリートアルバム『rinascita』

 と、流れるようなステマですけど、ひとつ難点があるとすればアルバムの値段が28,000円というところ。
 え?
 高ない?
 と思ったでしょ。
 甘いなー。
 なんと収録楽曲は99曲ですよ。
 99曲。
 99 Nightsですよ。

 で!

 アルバムが28,000円でしょ?
 つまり、

 28000÷99=282円
 
 はい!破格。
 小学生でも買える気がしてくるよね。
 だからいける。

 え?
 無茶言うなって?
 そうかー。
 じゃあ、アレを使うか。
 あぁ、できれば使いたくはなかったけど、アレを出すしかないかー。
 しゃーないなー。



 というわけで、はいこれ↓

握手券

 そうです。
 ゲーマーズさんのリリースイベントです。
 リリイベとかは珍しくないことかもですけど…。
 はい、注目注目注目!
 内容を見てほしい。


「トーク&握手会」


 はい、強い!
 強み。
 だって握手ですよ。
 トーク&ライブじゃなくて、「握手」ですよ。
 アルバムを買えばミンゴスの体温を感じられるとか、実質無料。

 ほーら、いける。
 いやー、この年になると女の子に触れるだけで有料になるから、こういう機会は…。
 あ、この話は闇が深すぎるので、割愛するね。
 生まれてきてごめん。

入金

 ちなみに、このリリイベ。
 アニメイトでも実施してるけど、握手会は静岡だけですので要注意。
 あ、もちろん全通してもいいのよ。
 ミンゴスに遠慮はいらないからな!
 ちなみに、僕はゲマズだけだけどな! 
 実質無料だけど、何故かサイフは軽くなるんだ。
 不思議。


 そんなミンゴスのコンプアルバム「rinascita」。
 いろいろ書いたけど、内容が本当に豪華ですので、ニトリも納得のお値段以上の仕上がりだと思います。
 購入したら、またブログにて紹介したいと思います。
 それでは、今日はここまで。
 おやすみんごすー。
    23:51  Top

2017.04.21[金] ミンゴス ライブツアーのグッズ情報が来たぞ……って、ぇぇえええええええ!?

当選

 5月に開催される、ミンゴスのバースデーライブ。
 無事に当選しました~。
 よかったよかった。

 それと、ちょうど同じタイミングで、

グッズ情報

 ライブグッズも情報が出てきました!


ライブTシャツ

 おー、今回は緑色がイメージカラーなんですね。
 なんだか新鮮です。

 あとは、ライブツアーの詳細待ちか。
 5月のバースデーライブを皮切りに各地でライブをやる予定だけど、いまだ詳細は未発表。
 いったい今年はどこで開催するんだろうなー。




 なんて思ってたら、






んん!?

 んん!?


 
 ライブTシャツに何か書いてあるーっ!!!






 ツアーの開催場所がライブTシャツから判明するって、どんな因果の逆転だよ。
 ゲイボルグもびっくりだわ。

 これはやっちまった案件だけど、むしろそれすらネタにしてくるだろうな。
「みんなー、今年は千葉と大分と岩手、そして、なんと山口にも行くよ!」
「「「おーっ!!」」」
「知ってるのに、ちゃんとリアクションしてくれてありがとう」
 そんな感じにw
 何にせよ楽しみです。

 個人的には岩手がありがたい。
 岩手は咲-Saki-の舞台探訪で何度か足を運んだ大切な場所。
 タイミングがあえば、ライブにかこつけて巡礼したいですね。
 岩手に住んでるフォロワーさんにも挨拶したいし。
 今年はシンデレラのライブも多いので、日程被りが怖いけど…。
 行ける範囲で遠征したいと思います。
 目指せ都道府県制覇!



エタハモ

 そんなミンゴス情報ですが、直近では明日のアイマス台湾ライブですよ。
 個人的には「Eternal Harmony」を歌ってほしいけど、どうかなー。
 オリジナルメンバー5人のうち3人が揃うし、ワンチャンあるよね?
 あの歌こそ、成長した千早を象徴する楽曲だと思っているので、聞けるのを信じてますよ。
 
 では、明日のライブに向けてもう寝ます。
 それでは、おやすみんごすー。
    23:09  Top

2017.04.13[木] +Amembersが仕事をし始めた

+Amembers

 ある日、ポストにこんな封筒が。
 KOFの招待状かな?

会報

 と思ったら、どうも違うらしい。
 
 なるほど、会報誌か。

+Amembers

 てなわけで、ミンゴスのファンクラブ「+Amembers」の会報誌が届きました。 
 今回が第一号。
 全部そろえるとミンゴスが完成。
 ディアゴスティーニ!

 会員限定の特典ですので、どんな内容かは秘密。

 気になる方はご入会ください。
 ステマ。
 
+Amembers

 それにしても、+Amembersさんったら、ここにきて仕事し始めましたね。
 ブロマガやったり、限定グッズを作ったり、ライブの先行申し込みやったり。
 今回の会報誌もそうだけど、ようやくファンクラブとしての体制がとれてきた感じ。
 まぁ、ライブ先行申し込みに落選が多いのはご愛嬌(汗
 
 この手のファンクラブって、とにかく運営がコンスタンスに更新してくれないと一瞬で廃れるので、今後の展開にも期待してます。

ミンゴス

 そんなミンゴスですが、気が付けばバースデーライブまで約一ヶ月後(詳細)。
 コンプリートアルバム「rinascita」も予定されてるし、5月はあわただしくなりそう。 
 シンデレラの5thもありますしね。
 というか毎週ライブだ(汗

 楽しいが多いのはいいよねー。
 そんな5月に思いを馳せつつ4月も残り半分がんばります。
 それでは。
    23:04  Top

2016.12.10[土] ミンゴス「Reunion ~Once Again~」リリイベ inゲマズ

ゲマズ

 今井麻美18thシングル「Reunion ~Once Again~」
 ED発売記念イベントが開催。

 というわけで秋葉原へとやってきました。
 りえしょん以来の二週間ぶり。
 なんか秋葉に行く理由の9割がリリイベになってる気がするな。

ミリオン

 入口の素敵な祭壇を撮影して、イベントフロアへ。

 くじ引きをしてご案内。
 って、前から二列だ。
 こういう時のくじ運をガチャにもっと…。

 三号さんの前説からミンゴス登場。
 ふわっと登場したけど、イベント自体もふわっとしてたな。

「今日の私、ちょっと変だよね」

 いつも通りですw

 そんなノリで始まったリリイベ。
 今日のメインはこちら↓

・Dash! My loveのコールを考えよう

 Reunionのリリイベなのに?
 というと、なんと作曲家の松坂さんが見に来てくれてました。
 そして、ナチュラルに舞台に案内される先生。
 
 って若いな!

 26歳らしい。
 けど、若いけどみんなより先輩とのこと。
 なんで?
 というと、ミンゴス歴は10年!
 16歳でミンゴスにハマったのか。

俺ら「マニアックだ…」
ミンゴス「なんだと!」

 確かにw

「松坂先生はね、僕、今井さんの曲を作るのが夢で、夢が叶っちゃんです。これからどうしましょうってww」

 生きて!!

 その後、いろいろコール案は出たけど、どれもピンとこず。

「私、センスなかった…」
「けど、とりあえずやってみよう」

 どうやって…!?

 そんな感じにいろいろあったけど、とりあえず
 「I love you so!」と「I need you so!」は一緒に歌ってほしいとのこと。
 あと、PPPHも。
 この部分を歌ってもらえると、ミンゴスも息継ぎできるそうな。

 では、さっそく歌ってみましょう。
 そして、始まるDash! My love。
 それを椅子に座って見守る松坂先生。
 なんだこの構図w
 今後もたくさん歌われることもあるでしょうし、このコールは広めていきたいですね。

リリイベ

 突然の舞台にあげられた先生だけど、この先にあったじゃんけん大会でも参加してるし、完全に今回のMVPでしたw
 お疲れ様です。

 あと、今回のリリイベであったトークは…。
 あ、猫と仲良くする話だ。

 ミンゴスの一押しはご飯。

・ウチの子はご飯に異常に執着心がある
・兄が高級肉をあげるから、兄が帰ったあと私に興味がなくなって辛い
・後輩がウチにきた時は警戒してたけど、エサをもたせた瞬間まっしぐら

 ミンゴス曰く、野生ではもう生きられない。
 人が保護するしかないらしい。

 そんなミンゴスの愛情をうけて育った猫。
 名前をふせまくったせいで、なんと名前を呼んでも反応しなくなったとかw
 「猫殿」と呼ぶと「にゃ~」と振り返るそうな。
 もう名前公開させていいんじゃないかw
 また写真をみたいですね。


 時間もせまってきたので、そろそろ歌へ。
 まいてとお客さんから声があがるリリイベですから。
 最後は「Fanfare!」、「Reunion」と続けて歌って終了。
 どんなにトークがグダってもReunionも歌えば綺麗にしまる。
 Reunion万能説。

ミンゴス

 こうしてゲマズのリリイベは無事に閉幕しました。
 今年のミンゴスのイベントは、僕個人ではこれがラストかな。
 前から二列目という位置でしたので、近距離で見られて本当にラッキーでした。
 ミンゴスって歌に感情をのせるのが本当にうまいので、やっぱりライブで見てほしいですね。
 あらためてそう感じましたよ。

 来年もできる範囲で参加していきたいです。


 以上、「Reunion ~Once Again~」リリイベinゲマズでした。
 それでは。


(追伸)

まさかのリプ

 !!!!????
    23:59  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-とミンゴスを応援しつつ、アイマスを本業してます。
格ゲー関係ねぇ…。

ツイッター
ミンゴス「rinascita」
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop