ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アニメとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2017.09.19[火] ぎゃるがんの4作目が「ぎゃる☆がん2」という妙

火曜の夜

 帰宅したら、画面がうるさかった…。
 ニコ生とAdemaの同時再生は無理があったわ。

 なんか突然アイマスの新作発表があったけど、PV見た限り様子見でいいな~という印象。
 プラチナスターズは次に踏み出すためのテスト企画ってイメージだったので、こうして次に繋がったのはいい流れだけど、ステージ演出を見る限り10年前から変化がなさすぎて食傷気味。
 だから様子見。


 そんな日に、もうひとつ大きな発表がありました。
 



 ぎゃるがんの新作きた!!

 タイトルはぎゃる☆がん2
 
 やっべ、超楽しみ!
 ゲームショウで新作が来るとは聞いてたので、VRの家庭用版?
 とか思ってたら、正式に「ぎゃる☆がん2」とは。

 けど、ここで「2」という疑問も?

 
ぎゃるがん
 ↓
ぎゃるがんW
 ↓
ぎゃるがんVR
 ↓
ぎゃるがん2


 4作目で「2」とは一体…。

 ダブルピースがすごい好きだったけど、販売元がなくなったから無かったことにされた…とか?
 
ぎゃるがん

 説明文を見る限り、ゲームシステムも随分と変えてきた感じ。
 ヒロインも今のところ一人だし。
 単純にステージをクリアーしていくだけでなく、細かいミッションをこなしていく流れかな?
 ミッションモードは欲しかった要素だからそれは嬉しいけど、ゲームシステムをガラっと変えたから「2」という扱いなのかもね。
 それでも前作のヒロインもワンチャン出てくると信じよう。
 じゃないと、東京ゲームショウのゲストで上間江望さんが呼ばれるハズがないしね。
 って、今確認したら上間江望さん出るのビジネスデーかよ!
 
 まぁ、いいや。

 踏み込んだ情報も出てくるでしょうし、続報を待つとします。
 まだ発売日も決まってませんし。
 今のところやりたいゲームも予定にないので、腰をすえてプレイしたい作品。
 見た目とは裏腹にゲームとしての完成度が高いのが、ぎゃるがんの特徴ですから。
 楽しみです。

 そんな新作発表に心躍った火曜でした。
 アニ雑団とりえぷり見て笑って就寝。
    23:10  Top

2017.08.10[木] 「ぎゃる☆がんVR」がSteamに配信されたのでプレイレポート




 ぇぇぇええええええええええええ!!!!????

 ぎゃる☆がんがVR化だとぉーっ!!!???

 いや、作ってるのは知ってるんですよ。
 
去年の11月

 去年参加したインティ・クリエイツ20周年イベントにて、試作品が展示されてましたから。
 けど、そこから音沙汰なかったし、そんなに早く作れるものじゃないからなー。
 なんて思ってたら、いきなり公式から

「今日発売したよー」

 だもんね。
 不意打ちすぎて二度見しましたよ。

 公式サイトは → こちら

 詳しいゲーム内容は → こちらをどうぞ

ぎゃるがんVR

 ぎゃるがんなーとしては見逃せない!
 というわけで、さっそくダウンロード。

 が!

 僕はVR機器はもってません…。
 PSVRはあるんですけどね。
 けど、とりあえず起動だけしてみるか。
 ブログ更新用にスクショ撮れればいいかー。

 なんて思ってたら、

動くぞ

 あれ!?

動くじゃん

 こいつ…動くぞ!

 VRもってなくても、マウスで動かせるのか!!
 有能!!
 遊べることが解ったので、さっそくプレイレポだ。

日本語

 Steamなので言語は英語なんですが、オプションで日本語に変更できるので平気。

ステージ

 では、ゲームスタート。

ステージスタート

 ステージは、これまでのシリーズを再現。
 なんだけど、360度見回せるのは面白いですね。
 従来のゲームでは見られなかった部分までカバーしてるのは新鮮。
 
昇天

 ゲーム内容は、これまで通り。
 相変わらず頭おかしいです(超絶誉め言葉
 けど、システム面はVR用に改良されてました。
 
 まず、移動がありません。
 
 その場で立って、周りを見渡しながら女の子を昇天させます。
 
チェックポイント

 全員倒すと、こんな感じにポイントが出てくるのでショット。

移動ポイント

 すると、その場所へと移動します。
 これはよく考えてると感じました。
 というと、VRって、

 自分で移動するとめちゃくちゃ酔うんですよ

 これはバイオ7で実感しました。
 ゲーム酔いなんて感じたことない僕が、頭痛と吐き気でヘロヘロになりました。
 そのくらいVRの移動は相性最悪。
 だから、今回のようにショットする場合はその場で止まって、終わったら移動~という流れはVRの特性をよく解っているかと。

移動

 だからといって、この移動ポイントは酷いなww

 VR用にいろんな場所にいけるようになっているのは面白いです。

マンホール下

 マンホールの下とかVRならでは。

女の子

 けど、女の子もマンホールから出てくるとは思わなかったなw
 
 出現パターンも増えてます。

悪魔

 前作にもあった悪魔に取り付かれた子だけど、VRではより凶悪に。
 通常ショットが全然きかないし、悪魔の数も多い。

悪魔解放

 悪魔をショットすれば女の子は正気に戻りますが、悪魔はそのまま。
 最後まで退治する必要があるため、今まで以上にショットが必要ですね。

バキューム

 倒すのが面倒くさい~という人のために、悪魔を吸い込む新機能も搭載。
 とにかく、悪魔をどんどん取り込むのがメイン。
 ドキドキモードが無くなっているので、シューティング重視のゲームになりましたね。
 ただ、女の子を見つめ続ける「目がハート昇天」というシステムもついたので、メリハリも必要。
 このあたりの作りこみは、いつも通り丁寧です。

クリアー

 リザルト画面。

 こんな感じに、悪魔をいくつ倒したかが重要になってます。
 なるほど。
 軽くプレイしましたが、ぎゃるがんVRの方向性が見えてきたぞ。
 ストーリーモードは無いっぽいので、お試し版~といった内容ですけど、よく改良されてると感じました。

いつもの

 本編以外の要素としては、いつもの天使もいました。

すまほ

 あとは女の子をスマホで撮影する要素も。
 撮影中は動きもスローになります。
 これでいろんな表情を撮影するんですね!

 と、思ったでしょ?

 これは、パンツを撮影するために使うんです。
 
 いや、マジで。
 いろんなパンツを撮影して一覧を埋めていくんです。
 さすがだよな。
 マイクロソフトに怒られて、パンツを見えなくされた時代が懐かしいです(苦笑
 
ぎゃるがん

 そんな、ぎゃる☆がんVR
 見た目とは裏腹に、ゲームとしての完成度が高いのが長く続いている証拠。
 VRになっても楽しさは変わらず、安心しました。
 
 さらに!
 発売を記念して、8月16日まで15%オフで購入可能。
 通常価格が約3,000円とそんなに高くないのに、割引いてくれてますのでお得。
 VRが無くても遊べますので、興味のある方は是非!
 あ、ちなみに「ぎゃるがんW」もSteam版が発売されてます。
 ぎゃるがんシリーズはやったことないなーという方も、Steamで気軽に遊べますので是非体験してみてください。
 世界よ、これが日本のゲームだ!

先輩

 以上、ぎゃる☆がんVRプレイレポートでした。
 それでは。

    22:22  Top

2016.11.05[土] インティ・クリエイツ20周年イベントの「ぎゃるがん」トークライブに参加してきました

インティ・クリエイツ

 インティ・クリエイツというゲームメーカーがあるんですけど、今年で創立20周年だそうな。
 それを記念してイベントが開催されましたので、行ってきましたー。

 
千葉県市川市文化会館

 場所は、千葉県市川市文化会館。
 なんで千葉~。
 と思ったら、インティ・クリエイツ本社が千葉にあるからか。


インティ・クリエイツ
 
 それで、どうしてわざわざ千葉まで出向いたかといいますと…。
 インティ・クリエイツの代表作。
 それが、

ぎゃるがん

 ぎゃるがん

 こちらの専用ステージがあるからです。
 ぎゃるがんなーとしては見逃せない!
 昼くらいに起きて出発する程度の体たらくでしたが、がんばって向かいました。
 
 
 さて、入場したけど、ぎゃるがんまでは時間があるっぽい。

ガンバイク

 というわけで、会場内をブラブラ。
 館内を撮影してました。
 
 インティ・クリエイツって、ぎゃるがんが異色すぎてるだけで、他はロックマンみたいな古きよきアクションゲームとかを手掛けてるメーカー。
 1988年にサン電子が発売した「超惑星戦記メタファイト」を3DSでリメイクしたりと、本当にゲームが好きな連中が集まったメーカーなんだと、あらためて感じましたよ。

物販

 物販もあったので、ちょっと課金するかー。
 と思って、ぎゃるがんTシャツを見に行ったら、

 なんでサイズがLからやねん!!

 ぎゃるがんなーはLサイズがお似合いな豚オタばかりなの!?
 こっちとら服着た状態で体重計のったら、49kgと言われた身やぞ。
 3Dゲームに出たら、浮かせ技でめちゃくちゃ浮くよ。
 Mサイズ大事。

チケット
 
 そろそろ時間になってきたのでホールへ。
 当日券のチケットでも、前から13列。
 予想はしてましたが、集客はちょっと寂しい感じ。
 200人くらいかな。
 いや、むしろインティ・クリエイツという知名度から考えれば集まった方か。
 僕もがんばって宣伝せな。

ぎゃるがん

 そして、時間になって、ぎゃるがんイベントスタート!
 出演は、

・内村史子さん
・山本希望さん
・上間江望さん
・橋本ちなみさん
・藤田彩さん


 前作のヒロインを演じた、内村さんと山本さんは制服で登場ー。
 おー、ぎゃるがん制服だ。
 それに対して、続編メンバーは私服。
 どうしてー?

スタッフ「予算が…」
 
 理由がリアルだよ。

 開幕は、各キャラのミニ劇場より。
 ゲームイベントっぽい、と思ったら、開始10秒くらいでセリフを噛む橋本ちなみさん。
 演じる真夜はしゃべり方がたどたどしいので、これは仕様らしい。
 噛んでないよ!
 晶が続編に出てなかったのが不満だー。
 というお話でしたが、けっこうガチな内容だw
 続編ではワンチャンあると信じてますよ。

 ミニ劇場のあとは、ぎゃるがんの歴史を振り返りながらのトーク。
 発売したのは今から5年前か。
 懐かしいなー。


 

 いろいろ話題が出ましたけど、やはりこれは外せない。
 「ときめき☆メリーゴーランド」
 こういったダンスを始めとして、専用番組や水曜どうでしょうをパロった宣伝とか、たくさんやってましたね。
 ぎゃるがんってゲームがやりたい放題なので、プロモもやりたい放題。
 とりあえず、出た案は全部やってみよう。
 というのを形にしてましたねw
 ここで金を使いすぎて、続編ではここまでのプロモはやらなかったらしいけどw
 
 だぶるぴーすメンバーは「ダンスも爆発も川原もいけます!」と意欲十分。
 もはや声優の発言じゃないな。
 けど、キャストもぎゃるがんが大好きな気持ちが伝わってきて嬉しかったですね。
 みんなで育てていきたい作品ですよ。

のぞふぃす

 山本希望さんも、ぎゃるがんが大好き。
 だってデビュー作ですからね。

 この作品で声優界に入ったわけだけど、アレなボイスをたくさん撮ったり、歌ったり、踊ったり、爆発したり、番組やったりと、もはや何の職業かわからんw
 この時の経験があったから、もう何の現場に行っても怖くなかったそうな。
 そらアイマスでもパワフルなステージを見せてくれますよ。

 あ、アイマスといえば、ぎゃるがんってアイマスと密接な関係にありまして…。
 当時、無名だった内田真礼さんもぎゃるがんヒロインのひとり。
 さらに今は声優から身を引いた寺本來可さんは、なんと韓国で制作中の実写アイドルマスターに選ばれました。
 ぎゃるがんから羽ばたいたアイマスガールズたち。
 スタッフさん、先見の目がありすぎだろ。
 ぎゃるがん伝説のひとつかも。

ぎゃるがんVR

 過去話に花を咲かせたあとは、未来の話へ。
 その名も「ぎゃるがんVR」

 そうなんです。
 ちょっと前にPSVRも発売になって話題中のVR。
 ぎゃるがんでも制作するというのです。
 
 今回の会場では体験コーナーもありましたが、ステージ上でもキャストさんが実演。
 ちなみに、機種は未定。
 PSVRというわけではないみたい。
 使ってた機材も開発用で、PSVRではなかったですね。

ぎゃるがんVR

 ゲーム画面を見た限り、ベースはだぶるぴーす。
 なんですけど、机におかれたペットボトルを撃ち落せたり、壁の張り紙が落ちたりと、いままでのぎゃるがんには無かったギミックもありました。
 くろなのフィギュアも置いてあって、「可愛い~」とか声があがってたら、窓から撃ち落してたのは爆笑したけどw
 
 画面内にハートが浮かんでて、撃つとその場所に移動。
 それはいいですけど、何故か床に倒れた姿勢がありました。
 どうしてでしょうねー。
 そんな姿勢になったら、スカートの中がアレでソレなんですけど、どうしてかなー。
 素晴らしい光景でしたが、ここ文化会館ですけど大丈夫ですか?

いつもの

 ゲーム内にもあった、窓枠にはさまったしのぶ。
 VRだと、なんと窓の外側へ移動できてました。
 おー。
 元のゲームだと行けなかったり、見えなかった場所へも行ける~というのはVRならではの遊び方ですね。
 最後は、パンツを見すぎたせいで蹴り飛ばされて終了。
 ぎゃるがんらしい締めだw

 そんな、ぎゃるがんVR。
 ここまでの内容だと、ただの変態ゲーかと思われるかもですけど…。
 待ってほしい。
 確かにぎゃるがんは頭のおかしいゲーム内容だが、それよりもまずゲーム作品としてよくできているんだ。
 これは1作目から、僕が口をすっぱくして言い続けてること。
 まずゲームとして楽しめる。
 だから売れたんですよ。
 閃乱カグラしかり、アルカナハートしかり。
 下品なゲームと侮るなかれ、その辺の手抜きゲームよりも、よっぽど作りこまれてますよ。
 だから、そんなスタッフがVR開発に取り組んでるのは、本当にワクワクします。
 今回は試作段階のものなので、続報を心待ちにしてます!


パンツ

 と、最後はぎゃるがんを高く評価して締めようと思ってたのに、プレゼントがありますー。
 といって、パンツを取り出すスタッフ。

 だから、ここ文化会館だと言っているだろ!!

「いえ!これは画面クリーナーです!」

 うるさいよwww


「欲しい人~」


 はーい!!!!


 今日も日本は平和でした。

花

 そんなこんなで、無事にイベント終了。
 と、最後にこんな発言も。

 実はぎゃるがんの販売元であるアルケミストが倒産したんです。
 それを受けいろいろバタバタしてたけど、今は落ち着いたそうな。
 アルケミストが無くなったことにより、市場にぎゃるがんを置くことができなくなったけど、権利関係はインティ・クリエイツが引き継ぐことに。
 だぶるぴーすについてはベスト版か廉価版になるかは解りませんが、早い段階で再発売をする、と発表がありました。
 これは朗報でしたね。
 今回のVRを見て、ぎゃるがんの開発が引き継がれたんだろうな~とは思ってましたが、ちゃんと公式から明言されて安心しました。
 大好きなシリーズですので、今後も続いていくことを願ってますよ。
 応援していきます!

 
 というわけで、以上、ぎゃるがんトークライブの感想レポでした。
 みなさんお疲れ様でした!
 
ぎゃるがん
    22:02  Top

2016.02.02[火] ぎゃるがん5周年おめでとう

ぎゃるがん5周年

 どうも、時にはプロデューサー、時には咲-Saki-クラスタ、時にはぎゃるがんなーのホッパーです。
 個人的に高く評価してるゲーム「ぎゃるがん」。
 こちらの問題作も、なんと5周年目。
 先日、5周年を記念してニコ生も放送されましたー。
 
3番はあかん

 ゆるい番組だったけど、ちょいちょい怒られるネタを仕込んでくる平常運行でした。
 ぎゃるがんは各所に怒られた作品ですからねw
 マイクロソフトにも怒られて、360版は途中からパンツが見えなくされたんですよ。
 その後、PS3に移植されたら水を得た魚のようにパンツ全開にしてたのもいい思い出です。
 
のぞふぃす

 5周年記念ということで、キャストさんのインタビューもありました。
 そうなんですよね。
 山本希望さんは声優デビュー作が、ぎゃるがんなんですよねー。
 
まーや

 当時は無名だった内田真礼さんも、キャストのひとり。
 今ではシンデレラガールズですもんねー。
 続編でヒロインになった上間さんも、数年後にはアイマスガールズになってたりしてね。
 あながちあり得ない話じゃないのが、今のアイマスですよ。

アニメ化

 記念ニコ生だったので、何か大きな発表でもあるかなー。
 と思ったけど、そんなものは無かった。

「アニメ化してほしい!」
「ないわ」

 スタッフが全否定してくるスタイル。

11月

 11月に何かあるっぽいけど、しばらくはお休みモード。
 まぁ、この手の作品は気負わずにマイペースにやるのが一番ですよ。
 海外での発売が決定したりと、プロジェクト自体は動いてるので、また何か発表があるのをゆっくり待ってますよ。

黒田三姉妹

 あ、海外で思い出した。
 僕、ぎゃるがんに関してはブログで攻略記事を書いてたんですよ。
 で。
 ある日、海外からメッセージが届いて、何だ?と思ってエキサイト翻訳したら、どうやらぎゃるがんの黒田三姉妹を攻略するにあたって、僕のブログがすごく役立ったそうな。
 ぎゃるがんは、すでに海を越えて愛されていたか。
 世界よ、これが日本のゲームだ!
 海外版発売によって、また怒られなきゃいいけど(汗

 そんな、ぎゃるがん。
 見た目はアレですけど、ゲームとしてのデキはとても丁寧でしっかりしてる作品です。
 食わず嫌いせず、機会があったら触れてほしいですね。
 ステマ。
 以上、久しぶりのぎゃるがんトークでした。
 それでは。

    23:59  Top

2016.01.11[月] ぎゃるがんWとミリオンアーサーがコラボ

コラボ

 昨年発売された「ぎゃるがんW」。
 パッチもDLCも落ち着いて、もう新しい動きはしばらく無いかなー。
 なんて思ってたら、いきなりきましたね。

 PSVita版「拡散性ミリオンアーサー」とのコラボが実現!

 
 新規の展開があったのは嬉しいですけど、またえらい角度から攻めてきましたね。

愛眼型ニムエ

 このコラボに合わせて、ぎゃるがん側にも追加衣装が配信。
 「愛眼型ニムエ」が無料ダウンロードできるというので、さっそく落としてきました。

ニムエ

 なるほど、この衣装をぎゃるがんで再現したわけか。
 では、適用させてみましょうー。

教室が大変なことに

 まぁ…。
 予想通りえらい光景になりましたよ(汗

 とにかく帽子が大きくて、後ろのキャラが見えないw
 難易度あがっとるがな。

帽子

 しゃがんでるキャラをすぐに発見できる利点はあるけど、だからどうしたレベル。
 これはもう、ネタ衣装ってことで。

スリット

 スリットがセクシーだから、眼福ではありますけど。
 あと、このコラボのためにオリジナル下着もがんばったそうな。
 まったく、ぎゃるがんスタッフは愛すべきアホだな(誉

 そんなコラボ。
 17日までの限定みたいですので、興味のある方はお忘れなく。
 というわけで、今日は久しぶりにぎゃるがんの話題でした。
 今年は記念すべき5周年。
 公式曰く「ゆるくお祝いする」とのことですので、また更新があったらチェックしていきたいと思います。
 それでは。
    22:58  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-とミンゴスを応援しつつ、アイマスを本業してます。
格ゲー関係ねぇ…。

ツイッター
ミンゴス「rinascita」
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop